怪文書 文章力
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

怪文書 文章力

2020-06-23 16:26
    こんにちは

    ここは気づいた人だけ見れる日記みたいなものだよ
    自己紹介はしません
    なぜかって言うとこの文章は人に見てもらうのではなく
    自分の文章力をあげるためのものだから

    なのでかなり自分語りとか多いと思う
    くさい自語は見たくねぇという人はブラウザバックしてください

    たぶんこの日記が出来上がった頃には中々ひどい駄文が完成していると思う
    書き始めだからそこは許してほしい

    なんで文章力を上げたいかというとゲーム内で綴る文章をより良いものにしたいから
    イラストは3年前から描き始めて静画やTwitterに乗せてもいいなって
    思うものが増えてきたのでそこは満足している

    ツクール部分の操作もやっていけば自然と身につくであろう
    ただ文章は少し頭を使って考えないといつまで経っても成長しないだろうと

    完成された文章を見るのも重要だ
    でも実際に使ってみないと 書いてみないと駄目だ
    じゃあ何を書くかって思った時めちゃくちゃ迷った

    一応pixivに小説を投稿する機能はある
    TwitterでSSを書くのもいいかもしれないが
    少し恥ずかしいと思っている爺の姿がそこにいた

    もう若くもないのに何いってんだと思う

    でも書く場所は欲しい、何書いてもいい場所を
    加えて誰かが見れるところ

    正直言ってすぐ辞めてしまうかもしれない、飽き性なので
    あとはこんなこと書いてないで早くゲームの文章を完成させろと自分でも思っているが

    手が全然動かない
    一応イラストのほうは、あらかた完成してあとは差分を描いてしまえばいいのだが
    文字が書けない理由がわからないんだ

    恥ずかしいのか
    文章を知らないのか
    書くのに慣れてないのか

    全部だと思うけれども

    小さい頃から本が大嫌いで文字に触れない生活を送ってきた
    持っているのは漫画が大半で遊びはゲームばかり

    そうやって成長した果ては本が読めないじじいの完成

    喋るのも下手だし滑舌も悪い 文字も読めないので大変だ

    そこで最近はアマゾンのKindleで本を読み漁っている
    毎日1時間くらい?自然の音を聞きながら

    最初はすぐ集中力が切れてやめていた読書も日数を重ねていくにつれて
    徐々に読書時間も増えてきたように思える
    やっぱり習慣化は偉大なんだ

    そして僅かばかりかこうやって文字も書くことができる
    意外とスラスラ書けて自分でも驚いている

    この日記では淫夢語録を封印しないといけない
    スタンプ感覚で使える語録は手軽だけど語彙力をすり減らすだろう、元々無いけど

    自分の言葉で話せるように なろう! ←SSRHM語録


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。