怪文書 初エロゲ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

怪文書 初エロゲ

2020-06-24 15:35
    こんにちは

    この前初エロゲを完走した
    リナ -Il dolore della Salvezza-というゲーム

    ゲーム自体は6年くらい前から買ってあったのですがなかなかやる気が無く
    ずっと放置していたんだけど
    前の日記に書いた通り文章力を鍛える上で何かノベル作品も見たいなと思い
    ちまちまやっていた

    この作品は本当に古く2006年のものらしい
    銀の星亭という同人サークルが出した物だ
    リアルタイムであれば自分は未成年だった
    それくらい古い

    物語はまず主人公の女の子とその彼氏が放課後の学校でいちゃこらするのだけど
    突如現れた怪物に両方殺されてしまう

    そのあと現れた救世主により怪物は倒され瀕死になり
    主人公も不思議な薬で生き返るのだけど
    生き返る代償が救世主と共に怪物共と戦い続けるというもの
    不思議な薬により強靭な体となり怪物と戦えるようになるらしい

    彼氏のほうはというと瀕死となった怪物と融合し
    凶悪な魔族として生き返ってしまう

    これにより主人公と彼氏は殺し合いのバトルを繰り広げてしまうというストーリーだ
    プレイしてみて思ったのはめちゃくちゃ長い
    文章の洪水だった

    リサイクルショップで300円で購入して
    すぐにプレイはしたのだが
    昔からの文字嫌いのせいで脳が受け付けなくなり
    6年間放置されていた

    終わった感想は語彙力が凄まじいなと思った(小学生並)
    使ったことのないような言葉がいくつもありちょくちょく調べながらプレイしていた
    今、自分が制作しているゲームがまるで幼児の遊びに見えるくらい

    のべプレイ時間は7時間くらいだろうか
    DLsiteの小さいゲームのプレイ時間が20分くらいと思うと
    膨大なボリューム
    企業が作るようなゲームでもメインストーリーをクリアするには十分な時間

    基本CGが32枚うちエロCGが19枚
    当時の値段が1600円だっただろうか
    自分が買った値段が300円

    これだけ見ても破格の値段だ
    ストーリーも良かった
    絵柄は古い・・・さすがに仕方がない

    今同じような物を出してDLsiteで売れば売上数1000くらいはいったであろう
    昔、ネットで売る媒体がないなかでこういうものを作れていた人はすごい

    ネットでこの作品を調べたところ1件だけレビューがあった
    ちゃんと良いところと悪いところが書いてあり

    悪いところは文章、読みづらく、くどいと
    自分は全然思わなかったけれども 文章力がないせいなのか

    シチュエーションはめちゃくちゃ褒められていた
    特に内部を触手で犯されながら授業をする教師のシーン
    あれは自分もよかったと思う

    さほど知名度はないが
    こういう昔の同人エロゲはネットでDLもできないし
    レビューすらも数少ない、動画もない

    自分だけがプレイしてお話を楽しめるというお得感

    以上
    リナ -Il dolore della Salvezza-でした


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。