ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

マジック・オリジンの注目カード
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マジック・オリジンの注目カード

2015-07-10 00:06
    今週末はオリジンのプレリという事で、今回も気になったカードの感想を書いていこうと思う。


    徴税の大天使

    スタンダード的には4点火力で死なない飛行という点でポイント高い。能力も相まって、赤緑ドラゴンアグロのテンポを崩す姿を見ることが出来そう。色高速がきついのがネックか。

    祝福された霊魂

    オリジンでやたらとエンチャントが強化されたので、構築でも活躍の余地がある一枚。リミテだとオーラ一枚付けるだけでかなりのサイズになるので主力級の活躍が期待できる。

    天界のほとばしり

    オーラデッキなんかの単体で殴りに来るデッキに対して大きな抑止力となるカード。現環境だと白単色で嵐息吹のドラゴンを対処するためにメイン投入もありえそう。

    アクロスの英雄、キテオン
    歴戦の戦士、ギデオン

    3ターン目に変身する目もあるし、ウィにーデッキに4枚投入もあるんじゃないかな。現環境だとウィニーがそんなに強くないので、トークンデッキ辺りに居場所を見つけそう。

    神聖なる月光

    封じ込める僧侶が居るレガシーはともかく、モダン以上の環境に影響を及ぼしそうなカード。御霊の復讐、召還の調べ、裂け目の突破、集合した中隊、頑強生物と刺さるカードは多い。スタンでもエレボスの鞭や血霧の猛禽へのけん制になる(ただし猛禽は「戻らない」のを選べちゃうから効果は薄い)。これからよく見るサイドボードになりそう。

    牢獄の管理人、ヒクサス

    リミテだと爆弾級の働きをしてくれる性能。構築だと、敢えて一発ライフで受ける事によって、ダメージレースをすれ違いって制する、みたいな使い方が出来るかも。一番効くのはトークンへのサイドかなあ。まあそこまでパッとしないけど、どうなるか。


    白蘭の騎士

    何故か後手の方がマナ加速できるようになるカード。アラーラ当時にはお世話になりました。当時とは違って境界石が無いので若干の使いづらさは感じるけど、それでも良いカードのなので使われるだろうなあ。

    秘宝の探求者

    劣化石鍛冶。正直今はそんな強い装備品無いし使われないと思うけど、今後出るカードによってはスタンでこれ使ったデッキが出てくるかも。忘れた頃に活躍しそう。

    空位の玉座の印章

    まさかの再録。さすがにこれ帰ってきたらエンチャントデッキ成り立ちそうな予感。ただ今の環境にはプロパガンダ系エンチャント無いので、そこを徴税の大天使が埋める事ができるかが焦点か。まあただのアドバンテージエンジンとしても活躍は期待できる。

    ニクスの星原

    これまたエンチャントデッキの核になりそうなカード。前述の空位の玉座の印章と合わせたエンチャントデッキはスタンダードに登場することになるだろうなあ。モダンにもこれのオパール色の輝き機能を使ったデッキが誕生しそうだ。

    悲劇的な傲慢

    バランスみたいに、これ打ってもきちんとアド取れるような構成のデッキであればかなりのアドバンテージを得られるので、専用デッキが生まれそうな予感はある。

    戦乱の神託者

    リミテではかなり強い。ダメージレースブレイカー。殴り始めたらゲーム終わるだろうなあ。

    一日のやり直し

    強いとは思えない。値段的には時間の熟達やPWナーセットと同じ末路を辿りそう。一部の好事家が使うだけでそれまでじゃないかなあ。

    輪の信奉者

    強い。とはいえ今のスタンダードじゃまだ出番は無さそうだけど。コントロールの蓋として1~2枚くらいは積まれるようになるんじゃないかな。

    潮流の先駆け

    モダンのマーフォークに出番がありそうだけど、実はそれよりも待望の青信心の実用的2マナ域クリーチャーとしての影響が大きいと思っている。

    ミジウムの干渉者

    呪文すべりを思い出す性能。こういうカードはいろいろ使い道があるので早めに集めておくとよさげ。スタンダードに於けるナイスサイドボード候補。

    眠りへの誘い

    魔巧達成してると殆どインスタントの睡眠。リミテッドで中速以降の青いデッキを組むなら是非欲しい。

    スフィンクスの後見

    弱い丸砥石だけど、十分ライブラリアウトは狙える性能。能力が自己完結しているのも○。思った以上に活躍しそうなカード。

    つむじ風のならず者

    単体でアドバンテージ取れる良いカード。フィニッシャーを兼ねる事も出来るしリミテッドに留まらず使われそう。

    闇の誓願

    魔巧で事実上2マナスペルに。これを使ったコンボデッキの登場を予感させる。

    悪魔の契約

    ついつい悪い使い方を考えちゃうカード。ゲームに敗北する効果を残した状態で相手に押し付けられればなあ。一応スタンでも可能だけど、あんまり現実的ではない。割る手段持ってるだけで莫大なアドバンテージ取れるし、これ使ったスーサイドが生まれるか?

    魂の略奪者

    黒信心復活に向けて期待の2マナ生物。能力はおまけみたいなもんだけど、単体だとさすがにちょっと弱いんだよな。狩猟者でガッツリ止まる上にブロックできない・・・。

    エレボスのタイタン

    もし黒信心が復権するなら4マナ圏は間違いなくコイツ。弱いことが何も書いていないし、コントロールキラーになれる能力持っているので、こいつを中心にしたデッキは出てくるはず。

    節くれ根の罠師

    序盤にもそれ以降にも満遍なく活躍してくれる良生物。ただし緑の生物が多いであろうエルフデッキで序盤の1~2ターン目に黒を出せる構成のデッキにしなければならないが、その辺がどうなるかは気になる。

    墓刃の匪賊

    墓地をひたすら肥やしてコイツを通すデッキが・・・出来そう出来ない予感。残虐の達人デッキは大成しなかったしなあ。

    無限の抹消

    トカゲ死すべし、モダンでもキッチンや総督死すべしなカード。記憶殺しのような4マナ除外カードじゃ重いって場合もあるだろうし、サイドボードによく見ることになるかもしれない。まあモダンだとさすがに殺戮遊戯の安定性には勝てないかなあ。

    異端の癒し手、リリアナ
    反抗する屍術師、リリアナ

    今回のPWの中でもかなり注目しているカード。変身条件もそんなに難しくないし、インスタントタイミングで達成するのが容易なのも○。変身後は継続的妨害で相手の反撃の目を積む蓋として活躍してくれそう。問題は釣るべき生物が墓地に居るかだが、4マナが一番効率よいので、サイとか巧いこと釣りたい。

    血の儀式の司祭

    それなりのデメリットはあるものの、5マナで2/2と5/5飛行が出せるというのは破格。デメリット持ってるのが2/2の方というのも地味に偉い。黒系のストンピィが成り立つのであれば使われるのは間違いないんじゃないだろうか。

    業火の侍祭

    生半可なブロックは許さないし、タフネス5までは相打ちに持っていくというその姿、評価する!非常に赤っぽい能力だし、リミテでアグロするなら是非欲しい生物。

    満月の呼び声

    こういうカードは思った以上に良い働きをする。是非回避能力付きに付けたいエンチャント。

    カラデシュの火、チャンドラ
    燃え盛る炎、チャンドラ

    なんか変身しないほうが実は強かったのでは・・・。

    チャンドラの灯の目覚め

    個人的には結構注目しているレア。雑に6/6辺りにこれ打って更地にしたうえに殴りに行きたいよね。(そういうの大好き

    燃えさし口のヘリオン

    5マナには嵐息吹居るし・・・と思うこと無かれ、能力含めると実質5/5だし、能力自体もかなり強い。刈り痕と違ってデメリットも無いし。また、分割された火力それぞれに修正が行くので、コイツからアタルカ叩きつける動きはかなり脅威。

    極上の炎技

    かき立てる炎が落ちた後にも4点火力は残るというのがこのカードの大きな存在意義。3マナでプレイヤーorクリーチャーをターゲットに出来る4点火力の中ではかなり軽量だし、かき立てる炎が異常なだけで、これも普通に使われるだろう。

    焦熱の衝動

    魔巧で稲妻に。バーンには詰まれそうなカード。もしかすると、溶岩の撃ち込みの代わりとしてモダンのバーンに入るようになるかも。

    ゴブリンの栄光追い

    スタンでは貴重な1マナゴブリン。アグロに寄っている能力で、もしゴブリンデッキが成り立つなら使われることは間違いないなさそう。

    ゴブリンの群衆追い

    まさか戻ってくるとは思わなかったカード。スタンでは熟練先導者とのコンビで激しい打点を叩き出す姿が良く見られる事になるだろう。また、モダンのゴブリンもこれをきっかけに第一線に踊りだしてくるかもしれない。

    マグマの洞察力

    てっきり追加コストは「山を捨てる」なのかと思っていたが、土地なら何でも良かった。アドこそ取れないものの、手札が良くなっていくためコンボやアグロ向きの性能。スタンの赤単とかで見られる事になるか。

    ピア・ナラーとキラン・ナラー

    通称ナラー夫妻。なんか海外だと$1.7くらいで売られてて、いまいち評価されてない感じするけどコイツ絶対強いと思っている。単体でアド取れるし、出てくるトークン飛行だし、マナ掛かるけどアーティファクトなら何でも投げ飛ばせるしで全部強い。モダンでもリリアナの返しとしては最優秀レベルだしワンチャンある。

    残虐無道の猛火

    リミテじゃ爆弾。魔巧でアド取られる姿を良く見る事になりそう。

    精霊信者の覚醒

    魔巧達成した状態で信心やトロンなんかの土地から大量にマナを出せるデッキで打ちたい。ただやはりXが少ない状態で打つと微妙なのもあって使いづらいかな。

    光り葉の将帥、ドゥイネン

    現在のところスタン環境唯一のエルフロードクリーチャー。能力はおまけみたいなもんだけど、ロードという一点において使われるかもしれない。

    ドゥイネンの精鋭

    スタンダードでは単純に強いクリーチャーとして、下の環境では遺産のドルイドとの相性が良すぎるコンボクリーチャーとして活躍が期待できそう。

    進化の飛躍

    こういうカードは好きなんだけど、ちょっとランダム性高すぎてサーチとしては不十分。でもこれ張ってるだけで除去打つのがアホらしくなるのは評価。でも腐りやすいしデッキに何枚も入らないんだよな。

    ガイアの復讐者

    これから毎日コントロールを殴ろうぜ!!

    万神殿の伝令

    これから成り立つであろう、エンチャントデッキを支えることになるであろう一枚。2ターン目のコイツからの3ターン目開花の幻霊は、4ターン目にニクスの星原or空位の玉座の印章というのはとても強そうな動き。

    巨森の予見者、ニッサ
    精霊信者の賢人、ニッサ

    今回のPWの中で最注目の一枚じゃないだろうか。変身前でも護民官の道探し相当で普通に構築デッキに入る性能だし、変身後は継続的アド源になれるという心強い性能。土地7枚という条件もコントロールデッキにしてみれば、満たすのはそんなに難しくは無い。今後スタンではよく見ることになりそう。

    辺境地の巨人

    ティムールの激闘で殴ると一挙18点。どうにか除去を掻い潜る必要はあるが、夢がある。チャンドラの火の目覚めも打ち込みたい。

    森林の怒声吠え

    これ使った変なコンボ生まれそう。その一点のみ気になる。

    ゼンディカーの乱動

    これ使ったリミテのアーキタイプがひとつ出来そうな予感がする。アンコなのでたまに目にすることになるんだろうけど、張られたら嫌だなあ。

    血に呪われた騎士

    リミテ的にはとても嫌なクリーチャー。早い段階でオーラつけて殴れるとイージーウィンしそう。

    群れのシャーマン

    エルフがずらっと並んでるところにこれ出される姿が容易に思い浮かぶ。エルフデッキのフィニッシュが簡単になるなあ。さらにレガシーだと共生虫で戻されて出しなおされる姿が・・。環境に影響を及ぼしそうなカード。

    搭載歩行機械

    なんとも使い勝手の良いカード。どのタイミングで出してもそれなりに仕事をする。ランプ系デッキのブロッカー&フィニッシャーとしての運用が良さそう。

    神々の兜

    これまた思った以上に活躍しそうな一枚。装備コストが非常に軽いのが良いが、単体では仕事しない。でもこの環境エンチャントを大量に破壊する呪文はサイドからだろうし、知らず知らずメインからこれで殴り殺されるなんてことも多いかも。ファリカとの相性○。

    精霊信者の剣

    殴るたびランパンは結構な脅威だけど、ちと装備まで4マナは重いか。回りだすとパーマネント差が圧倒的になるので、注意が必要なカード。リミテだとかなり強い。

    ならず者の道

    何気に帰って来たアウブロッカブル付与土地。前回スタンにあったときはたまに構築でも使われていたが今回はどうか。リミテだとミッドレンジ以降のデッキのお供。


    以上。
    最後の基本セットというだけあって、面白そうなカードが多いエキスパンションとなっているため、発売が楽しみ。さーて、これ踏まえたデッキはどうするかな。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。