東京~瀬戸内海チャリ配信 リスナーさんの総括及び感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

東京~瀬戸内海チャリ配信 リスナーさんの総括及び感想

2019-01-05 12:02
  • 1
東京~瀬戸内海チャリ配信について、リスナーさんからメールにて感想を頂きましたので、こちらに転載させて頂きました。

以下




一茂さん、ゆるるさん、しじみさんお疲れさまでした。

大体が作業中の視聴だったため大体が音を聞いているだけでしたがなかなかのトラブルもあり楽しめました

タイムシフトが見れない人もいると思いますので簡単に総括しておきました。

1日目!

東京日本橋を出発!
品川を過ぎたところで音を上げ始め、目的地を羽田!飛行機で飛ぶと言い出し、うわぁこれマジで初日アウトかーと思いつつも蒲田ではリスナーの助言で買い物をし、少し漕がない時間ができたからか再スタートして進んでいき横浜では帰りたい、でも来た道を帰るのも嫌と駄々こね期に突入

湘南では初のリスナー(184?)に遭遇するも、神奈川県民はケチで気取っちゃってるし冷たいと放送中に話してしまったせいで氷枕的なものを差し入れられる

小田原を目前にしてまたもお世話になったヨークマートではケーキが食べたかったらしいが見当たらず、店員に聞いたところすごく気まずそうにおいてなければないと回答され断念
結局代わりと思われるいちご大福1つだけを気まずそうに購入し涙する(いちご泣き?)


2日目!

小田原のネットカフェに泊まり朝早くのスタート!
隣の客のせいでほとんど寝れず、最悪のスタートとなる。

ルートを決めていなかったがまさかの箱根越え 自転車不可の箱根新道に入りかけ、牛になりきって道路を急に横断したり謎の行動をとるが地元民の助言でなんとか進む

旧道か国道1号かという重大な決定をたまたま近かった旧道にノリで決めてしまったため、つづら折りの上りで音をあげる

徒歩のおばあちゃん78歳などに抜かれつつ、なんとか峠を越え下り坂で調子に乗ったところトラックにあおられたため意気消沈。
急に無言になり坂を下っていく

なんとか箱根越えを果たし、たどり着いた銭湯では女性専用コーナーで爆睡。
沼津のミニストップでは1人クリスマスパーティ。いちごケーキとサラダチキンを用意し、ジングルベルを唄い盛り上がる


3日目!

富士の快活を出発、牧之原をスルーして金谷から峠越えのルートを選択

静岡ではそば屋でうどんを食べ、うどんについてしょーもない能書きをたれそばとかわさびが名産の場所って貧しいなんて言い出したばっかりに、わさびが名産でもある静岡での凸はアンチに1時間近く足止めさせられた上、
氷は売ってなくて回避したもののお茶3リットルをもらい金谷の峠越えでバチ当たりましたね

峠越えで自転車がふらつき、心霊現象も発生したのかおびえる肝っ玉の小ささも知ってましたが改めて見せつけられました

ちなみにこの峠道は小夜の中山といい、遠州七不思議にも登場する赤ん坊の泣き声を発する石があるそうでそのせいですかね。まあいいんですが。
どこまで行くのかと思ったら日付をまたいで浜松まで行くところだけはまあこんなもんかと感じました


4日目!

日付をまたいで快活に入ったはずが、疲労もとれないままパック時間を残し早朝に出発。

理由は今日中に伊良湖フェリーに乗るため。
約75キロあるが受付終了まで10時間20分。
時速7キロの男アフラン間に合うか!

序盤は順調で、あー間に合っちゃうかーと思ったが、わかりやすい42号線のルートをたどるはずが強風と坂でギブアップ

別ルートにしてなんとか進んでいき最終より1本前の時間にフェリー乗り場へ
名産を食べたいとなんとか大あさりを食べたが、単なるあさりがでかいだけで2個900円というアホみたいな高さの上 フェリーに乗る直前に食べたのもあってか900円が船内でリバースされた

睡眠不足、運動による疲労、魚介類の摂取、船上でのおおはしゃぎ、初老の年齢とこれは吐くわという理由のオンパレードでしたね
自分の事もう少し理解しましょう

フェリーで三重の鳥羽に渡ったもののネカフェのある伊勢までもうひと頑張りする必要があり
またも夜道でおびえつつ、そこでしか食えないものがいいなどといいつつ、入ったのは北海道っぽいラーメン屋 おばあちゃん制作の三重どころか北海道でもなんでもないラーメンを食べなんとかネカフェに滑り込む


5日目!

伊勢を参拝するも、まさかのバス移動。
そしてコインロッカーに荷物を入れ、かずしげを放置してバス乗り場へ
リスナーのいらないコメントのせいでかずしげの存在に気づいてしまい、なんとか自転車置き場において改めて伊勢神宮へ

バスも周りが降りてるから降りるべきなのかとあわてだし、自分の目的地も知らないってすごいなって思いました。

そして終点の内宮前で下車しましたが、内宮ではなくおかげ横丁に先に行きたいと言い出し、
神様を前にして食い意地張ってるなーとリスナーにもたたかれてましたね

その場のものを食べる言っていたのでうどんは食べるのだろうと思いましたが、レジ横の張り紙につられ謎の松坂牛うどんを食べたのは笑いました。
松坂牛なのか今でも疑問です

腹も満たされさあ内宮へと思いましたが、別にぜんざい好きじゃないけどと言いながらも赤福ぜんざいまで頬張るのはお前何様なんだと感じざるを得ませんでした

さらに食うと言い出しましたがさすがにやめて内宮だけ参拝

伊勢市駅に戻りコインロッカーから荷物を出そうとしたがまさかの開けられないトラップ
問い合わせ先に電話するだのさんざん騒いだ挙句、パスモをタッチすると「開く!すごい」というAHODAとかいう病気の人って生きづらいんだとリアルに感じ
100円ショップのレジで財布を無くすのもお家芸と化していた

この日はアフランらしさが存分に出た日で、
好きな女生主にぬいぐるみプレゼントしようとしたけど、恥ずかしくて渡せず今でも彼女だと思って持っているだのハム太郎がAVデビューしたことにショックで、泣きながら4545しただの謎の黒歴史暴露までしだし、

恒例のコインランドリー不法占拠、レジで財布がないことに気付く(0日ぶり2度目)、深夜のコンビニで店員に笑われるだのこれがアフランなんだなとリアルに感じました。

そういえば何か似た人間を知っているなあと思ったらヘイポーに似てるなぁと。本当に似てる。

夜の加太越えは永久保存ともいえる神回で、通行止めになっているようで車が1台も通らないガチな明かりもろくにない一般道を進んでいき、
何か出ただの地元民が監視に来ただのいろいろコメントも盛り上がる内容でした


6日目!

伊賀のネカフェを出発。

ここでいきなり爆弾発言。
小豆島では自転車ではなくレンタカーで移動すると言い出し、さらにレンタカーも年末年始は借りられないということが発覚。
自転車からレンタカーにするだけでもタイトル詐欺で叩かれるのに、レンタカーすら予約してなかったことにあきれて叩くことすら忘れてしまうリスナー

小豆島はキャンセルですなどと言い出し、あ、これリタイアなんだー終わったーと思いましたが、一応進むと言い出し大阪方面へ自転車を進めていく

時間制限がなくなったので寄り道が激しくなり、いきなりマネーロンダリングはこういうところに金を隠すと言い出して変な草の生えた場所に寄り道。

コンクリどころかダートとも言えない草ボーボーの獣道みたいなところを通り出し、怖くなったのかごめんよごめんよと苦し紛れのセリフにはああ、これがアフランなんだなぁと

沈下橋に寄り道をした際は見てはいけない人を見てしまい、対岸へは渡らず、この坂登らなくていいのにと寄り道を後悔。

京都府に突入し、道の駅では大根とつぶした米を丸めたきりたんぽ状のお団子が入った何かをおいしそうに食べ、伊賀ってすばらしいとここは京都府なのに伊賀をべた褒め。地理がわからない人って幸せですね。

奈良市内に突入し、鹿を見ようと散策、「鹿寝てる!…木の根っこだわ」という発言には、伊達メガネなんていいから老眼鏡買うべきではと思いました。

その後も柿の葉寿司が食べたいと言い出し、お土産屋さんなどを探すも見つからずふてくされた発言には 最初の柿の葉寿司セットのお店で食べればいいのにそんなことも覚えていないんだと、老いというのは怖いなと。

ちなみにここでも複数回財布がないだの自転車の鍵がないだの貴重品という概念も吹き飛ばされる1日でした。


7日目!

奈良のネカフェを出発。
まさかの暗峠経由でしたが自分はコミケ行ってたので知りませんあとでタイムシフト見ますね


8日目!

ここでは小豆島に渡るフェリーに乗って明石海峡大橋をくぐったところでおしまい。
単なるフェリー配信


9日目!

初日の出放送!
まあ初日の出はきれいでしたね。あとはレンタカーで観光する普通の旅放送でした。

初詣は5か所に行くのが小豆島のしきたりらしいですが、映画の舞台が身に行きたいから4か所カットには笑いました。

まあ個人的には学び舎の中も見れたのでいいんですがね。
せっかく小豆島来たのにそれ昨日行けばいいのにとは思いました。

おまけのホスト配信はホストなのに電話ボックスでビビる謎ホストでしたね。やるとは思っていましたが電話ボックス占拠はやめてください。


10日目!

最終日!
高松から徳島のフェリー乗り場まで夜通し配信!

なんでこの時間に出発なのかは意味が分かりませんでしたが、まあ時速7キロの男なので何があるかわかりませんからね。

とはいえ、疲れが中途半端に残っているのか、
途中の引田駅では深夜の駅に不法侵入し仮眠するという警察まったなしの展開には40なのにここまでモラルないんだと。
さすがにここまでくるとアフランの悪行には慣れっこで叩く気すら起きませんでした。

マイナス22度のアイスを安価で食わされていたりしたのは笑いましたが
その後も盛り上がるであろう大坂峠を拒否し、海沿いの遠回りルートで楽しようとしたところ
電柱の横にあった鳥居にガチでビビり、やっぱりヘイポーだなぁ、峠拒否したバチがあたったのかなと個人的には盛り上がりました。

なんとか徳島に到着し、時間があったので徳島ラーメンを食べ、デザートに大判焼きと思ったところ、ゆるるからのとんでもない伝言
「フェリー満員、キャンセル待ち受付」
まさかの予約してないという1日1便しかなく帰省便にもなっているのにお気楽アフランには笑っちゃいました。まあ乗れない展開のほうがおもしろいんですけどね。

結局5番目ということでキャンセルも出たようなので乗っておしまいでしたが、台本でいいので乗れない展開だったらなぁとリスナーは期待していたに違いありません。

旅配信について続けるようなことを言っていますが、モラルだけは守ってほしいです。
財布ないとかは笑えますがコインランドリー占拠などは笑えません。
あと楽するルートよりリスナー喜ぶルートにしてください。

広告
×
申し訳ないけど今回はほぼ見る事なかったわ
前回の方が色々切羽詰まってた感(達成できなかったら引退だかコミュ爆破)
今回はそういったのもないし、前回と行く方角が同じで前回見た景色見せられても~って感じだったので
近い所で新宿から江ノ島や東京都を横に横断(高尾山口駅から千葉の方まで)など
短くてもいいから内容が濃い配信を望む
チャリ配信はダラダラ長時間やっても正直飽きる
それとドンキー探検隊みたいな意味不明な動画また作れよ
まったく理解しがたい配信や動画を作ったり配信するのがお前の色だっただろうに
一般大衆と同じ色に染まってんじゃないよ
10ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。