【Pioneer DDJ-RB】音声取り込み時のノイズについての備忘録/まとめ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【Pioneer DDJ-RB】音声取り込み時のノイズについての備忘録/まとめ

2016-11-13 19:01

    このブログをご覧になった皆様…グラシアス!つまり、ありがとう!
    私が、アイカツDJおじさん a.k.a.DJ NEONGROW / ぽわぽわプリリン後援会おじさん / あおい姐さんと本気で握手がしたいおじさん / アイカツ!もスターズ!も満遍なく愛していこうの会会長 etc etc...

    今回ブロマガを執筆させて頂いたのはもちろん、アイカツ!に登場するキャラクター達の魅力を皆さんに分かりやすく伝える為…ではなくてですね、

    【Pioneer DDJ-RBからUSB経由で取り込んだ音にノイズが発生する現象についての備忘録とそのまとめ】です。

    1. 接続環境とノイズ発生状態について

    まず、現在のDJ環境を図にまとめました。以下になります。

    図1.DJ環境全体図

    この接続下において、
    MASTER音源を流しているイヤホンにのみノイズが発生します。
    よって、ニコ生/UStream配信用のライン入力から取得している音にはノイズは発生しておりません。
    なので配信時の音質自体には問題はないのですが、プレイ中はイヤホンからMASTER音源を聞いているのでプレイの妨げになって仕方がないんですね!

    して、そのノイズはどのようなノイズなのか。
    上記の通り録音には乗らないので、かといってボイスレコーダーで録音するのも手間なので
    言葉で説明すると、

    プレイ中、MASTER音量の変更に関わらず、大体10分に1回のペースで、
    演奏音量と同じくらいのザザザザ…というノイズが乗り続ける。

    という症状が発生します。

    このノイズ自体の発生源が分からず、現在まで四苦八苦しているわけですが、
    ノイズ発生時にノイズを直ちに発生しなくする方法までは把握しているわけです。
    色々方法はあるので、以下リストアップします。

    ■1. rekordbox dj側で、PC MASTER OUTのON/OFFを切り替える
    ■2. DDJ-RBのUSBを引き抜き、再度挿す(挿し直す際の待機時間は問わず)

    他にもrekordbox dj側でRECを開始したりPCの操作をする事でノイズが治まる事もありましたが、
    いずれも100%では無いので行っていません。上記の2つの方法なら100%治まります。
    しかしデメリットとして、rekordbox djが2秒程フリーズするので、プレイ中の楽曲も同じ時間ストップするという事態になります。

    よって、プレイ中にノイズが発生した場合、

    ●1. ノイズを我慢して何とか曲やBPMの記憶だけでプレイを続ける
    ●2. ノイズが発生したらプレイ中の楽曲音量を自然にミュートにし、上記の方法でノイズを解消した後、音量を元に戻す

    という方法で現在は対処しています。
    が、いずれも煩わしさが残るのは事実で、快適なプレイの妨げとなっているわけです。

    以上が現在の症状であり、以下が考えられる原因と対処法まとめとなります。

    2. 考えられる原因/対処法について

    思ったよりノイズ現状の文章が多くなったので、
    原因/対処法については簡潔にまとめていきたいと思います。

    まず、もちろんですが公式HPのFAQを確認しました。
    当然のようにDDJ-RBにおけるノイズの対処法についても記載がありました。

    DDJ-RB > よくある質問 | Pioneer DJ Suppor [Q1 音とび、音途切れ、音がひずむ、ノイズが出ます。]

    上記ページの内容を簡潔にまとめると、
    ■アンチウィルス/セキュリティソフトはOFFにしてください
    ■無線/bluetooth/Wi-FiなどもOFFにしてください
    ■USBは直接挿してください
    ■他の常駐ソフトウェアは可能な限り終了させて下さい
    という、よくある当たり障りの無い対処法。

    もちろん上記の書かれているような点は全て試しましたが、それでも…治らず!

    そこでネット上を検索していると、PCDJとノイズについての関係性が見えてきました。
    詳しくはDPC LatencyDPC レイテンシで検索をかけてください、
    要は導入しているドライバや起動中のプロセスの負荷が高まりノイズ発生源になる可能性があるという事です。

    こちらについて、私の環境下であるWindows10 64bitでも計測可能なLatencyMonというフリーソフトウェアで、プレイ中にノイズが発生している時のレイテンシを観測した結果が以下です。

    図2.LatencyMonのMain画面とDrivers画面

    まずゲージが4つありますが、レイテンシが高まると3つ目の「Highest reported DPC routine execution time(μs):」が黄色~赤まで高まるのでノイズ発生の原因となりやすい状態と判断出来るとの事。
    ここで上記Highest repoted DPC~のゲージが黄色/赤となっていれば、その際にソフトウェアのDriversタブを開き、[Highest execusion(ms)]の数値が1.0を超えたり一番数値が大きいデバイスやドライバーを無効にする事により、DPCレイテンシが原因となるノイズは解消できます。

    という事ですが…
    何回か計測を続けても、DPCのゲージが黄色/赤を超える事は上記図2のように一度もなく、
    ノイズ発生時にDriversの中でexecusionの値が一番多い物から順次対処していき、
    障害切り分けを実施していきました。

    対処した物と対処法は以下
    ■LANアダプタ(NIC)=ndis.sys…アダプタを無効化にする
    ■USB3.0ポート…ポートの無効化およびBIOS上でのUSB3.0無効化
    ■NVIDIAグラフィックカード(GTX 660)=nvlddmkm.sys
     …現在使用ドライバのアンインストール(Display Driver Uninstall使用)および、
      最新ドライバのクリーンインストール

    結果として、上記それぞれを行い都度プレイを行っても結局ノイズは解消せず。

    Latency Monの2番目のゲージが高かったり、赤文字の警告文が出ていたりとやはり電源かなぁとか不可解な部分もありながら、独自調査では限界を感じ、仕方なくPioneerに直接問い合わせました

    現状や試した事、LatencyMonの画面など可能な限り記述し問い合わせた所、2,3日で回答が来ました。回答文としては、電源負荷の可能性があるので電源オプションの電源管理の項目を確認して下さいとの事でした。

    電源オプションにいて、【プロセッサの電源管理】>【最小のプロセッサ状態】/【最大のプロセッサ管理】をそれぞれ100%にして下さい。との事。

    図3:電源オプション

    2つとも元から100%でした。
    というわけでその点は元から設定済ですと返信した所、またすぐ返事が届き、
    今度はWi-Fiの無効化/Bluetoothの無効化を改めてご確認くださいとの事でした。
    その点は確認済ではありますが、再度改めて調査を続けていこうと思います。

    ここまでが現状と、対策方法の一覧となります。

    3. 最後に

    結局私は解決出来ず仕舞いですが、上記対策内容が他のDDJ-RBおよび他PCDJユーザーの皆さんに少しでも参考になれば幸いです。

    以上、長文になりますがご一読頂きましてありがとうございました。
    また解決しましたら追加記事を書いていきます。私はまた普通のアイカツおじさんに戻ります。グラシアス!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。