総選挙ドラフト生の指名について振り返ること
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

総選挙ドラフト生の指名について振り返ること

2019-04-15 18:27
    というわけで怒涛の週末が終わったわけです
    いや、ホントに今日の昼発表で放送木曜夜とかかな~くらいで思ってたんですよね
    おかげで色々スケジューリングで苦労しました

    というわけで、今年もシンデレラガール総選挙ドラフトの生放送を終えて
    自分の指名や他の人の指名を振り返っていこうと思う次第であります
    (そういえば去年はやらなかったなあこれ)






    最終結果はこんな感じになりました



    えー自分の指名を振り返る前に・・・
    例年のあいうえおさんの指名基準の話をします
    あいうえおさんの指名方法は基本的に
    「大体こういう指名が来るだろうか期待値より上で指名する」という指名です
    順位予想のような絶対的な指標ではなく、他の人がどう考えてるかをこっちが予測する
    相対的な指標を勝手に作って指名するのです
    絶対的だろうが相対的だろうがどのみち勝手に想像したものなので幻想なんですがね!


    それがこんな感じ





    要するにこんな感じです
    こんな感じの順番で指名されるかな?と想像したやつです
    勿論結果を見ると予想と全然違っている部分もありますが、あくまで予想なんで・・・
    あと明らかに間違えたのもある。諸星きらりは6巡目の三船美優にいるはずなんですよ
    多分50のとこの諸星きらりは依田芳乃を置くつもりだったんだと思います
    あとセルに色がついていますが、ざっくり言うとピンクは「俺が指名したいと思うアイドル」
    青は「自分の中で疑問符がついてるアイドル」
    黄色は「この位置だと高いのでは?」というアイドル
    臙脂色は「もしかしたらもっと早いかも」と思ってるアイドル、という感じです
    ちなみにこの票は放送前日くらいにざざっと作ったもので、その時点では票の通り
    1巡入札は北条加蓮にしようかと思っていました


    ではそこら辺も踏まえて指名を振り返って行きましょう

    1巡、入札は高垣楓にしました
    理由は放送中に行った通り、当日朝に色々調べていて
    あまりにもPrettyLiarのボーダーが高すぎたことです
    勿論シンデレラガール二度目の戴冠、とまでは考えていませんが
    前回の8位を下回ることはない、恐らくは5位以内、下手すると3位まである
    と考えたわけです
    もう1つ高垣楓にした理由は、今回は競合したくなかったというのもあります
    はやてさんが実質的に北条加蓮を公表したこと
    昨年一番左で往生したこと
    真ん中もかなり厳しいこと
    これらの理由により、出来れば1つ2つ右に移動したい
    そのためには競合で負けるリスクを極力減らしたい
    (真ん中になる可能性もありますが、3人いれば誰か競合して負けるだろ!の精神で)
    そんな理由もあり、北条加蓮から高垣楓にしました
    卓球さんが高垣楓だったらひっくり返るハメになってたね・・・

    1巡夢見りあむについてですけども、3競合は予想より多かったですが
    リスクを取れるかの度胸試しみたいな形だと思っていたので
    1巡指名自体には驚きはありませんでした
    予想表を見ればおわかりの通り、もしも2巡に残ることがあれば指名するつもりでしたし



    さて2巡です
    夢見りあむがいなくなってしまったのでどうするかです
    砂塚あきらに期待する? それとも佐城雪美? あるいは手堅く輿水幸子? 楓取ったし奏?
    ここであいうえおさんは考えました
    「多分新アイドル、俺の想定よりちょっと早くなる、争奪戦になるんじゃないかなあ」
    「となると、新アイドルを全く取れなくても勝てる立ち回りをしないと」
    結論は、既存アイドルでボーナスの期待を受けられる子。佐城雪美です
    (まだこの辺の話は出来ませんから、指名した時には応援してるからね~とボカしてます)
    なんとか抽選で勝ち。これで軸になるアイドルが出来ました
    余談ですけど、はやてさんが01のクジであれだけ抽選負けてたのを見て
    「こんなん絶対俺が01取ったら勝ってるやつやん」という
    根拠の全く無い、それでいて全く負ける気がしない自信があったことを重ねて申し上げます
    ギャンブルって、こういうのあるんですよね


    3巡です。2巡で消えなかったあきらも3巡でしっかり消えました
    さてここまで的場梨沙が取られずに流れて来た、ならば優勝するには当然的場梨沙です
    2巡ではちょっとリスクかな?と思ってましたが、3巡なら問題ないでしょう・・・


    4巡です。予想に辻野あかりの名前が見えますがノリノリの人が出るだろうという予測です
    結果としてはそのポジションに久川凪が入りました。なるほどね~
    自分で指名する場合は、ここは3巡ならリスク高の安部菜々を25位見当で指名します
    第6回の島村卯月の順位と、第7回の高垣楓の順位を睨んだ結果の指名


    5巡です。迷いました。5巡では森久保乃々が欲しい!と思ってたからです
    でもそう思ってたやつが4人くらいいて、ドラフト生さすがだなってなりました
    白坂小梅と五十嵐響子、それから星輝子
    予想表では白坂小梅が一番上ですが・・・
    五十嵐響子というよりはピンクチェックスクールを買ったというべきですかね
    振れ幅が少ないというのも理由です


    6巡です。ここが勝敗の行方を握っていると言っても過言ではないですね
    悩んだのは2つ。浅利七海と今井加奈
    正直に言うと、選択を間違えたかもしれないと未だに思ってます
    選んだのは今井加奈です
    直前に八神マキノを戯念に指名されたことで気が動転してたのもあるのですが
    浅利七海は本当に前回入った理由がよくわかっていないのではないか?と思ったのです
    もしかして、7回だから浅利七海!というムーブメントなのだとするならば
    今回ぱったりいなくなってる可能性もあるのでは?
    勿論一度顔を出したのだからここからぐんぐん伸びる可能性もある
    しかし、その時あいうえおさんは安定がほしいと思ってしまったのです
    4巡までは理想的に来て、5巡も無難に取った。しかし6巡八神マキノを見据えていたところ
    直前で取られてしまった。そうなったときに人間が考えるのは
    勝負するより、安定を選んだほうがいいのでは?? ということなんですね
    今思えば今井加奈も言うほど安定するか?という疑問もあるわけですが
    勝ちを意識するがあまりこういうリスクについて頭が縛られてしまう
    これがドラフト生の怖いトコロなんですよ。マジでマジで
    通常の状態じゃいられないんですよ。ドラフトズハイとかはよく言われますけど
    案の定次の大作さんに浅利七海を取られて「だよなあ・・・」ってなってました


    7巡です。手前の大作さんが池袋晶葉を指名したのであとやることは2つです
    三船美優指名です、その後の藤原肇のほうが上だけど指名しないの?
    と思われるかもしれませんが、右の2人は藤原肇より三船美優を指名しそうだと
    勝手に脳内で判断されました。実際どうだったかは知らないけども


    8巡です。無事に残ったので藤原肇を指名します
    三船美優と藤原肇は前回明らかに低すぎた。ここからもう一度戻すアイドルは
    この2人(あるいは、関裕美もそうかもしれない)と、踏みました

    ここに来て不安がよぎってきているのも確かです
    「前回佐藤心や依田芳乃のようなV字回復は、デレステ人気が異常にあっただけで
     落ちた反動というものは実は存在しないのでは・・・?
     フレデリカもそういうことなのでは・・・?
     高垣楓が前回8位キープしたのもデレステのおかげでは・・・?
     第6回までのことは全て忘れて基準点は第7回にだけ取ればよかったのでは?」
    という疑問がぐるぐるしているのです
    これが杞憂に終わることを祈っております


    9巡です。関裕美と岡崎泰葉、辻野あかりが消え、
    アンチョコに残っているのは早坂美玲と、相葉夕美の2人
    早坂美玲はドラフトルール的にはイマイチ美味しくない
    相葉夕美で様子見をしてもいいが、正直その次の弾がない
    ATPも書いているが、正直ドヤ指名の種がない
    今思えば、実は小早川紗枝って言う手はあったなって思うんですが
    また指名するとさあ、ほら、愛人枠とか言われるのもう面倒じゃない?
    ということで、予定通りなら215点取れるなと判断したのでここで終了



    さて今一度新アイドルの話をしましょう
    誤解されるのはアレなんですが、ぼくは割と新アイドルは上に来るかなと思ってますし
    指名検討は余裕で入っていました
    ボイスなし3人はりあむとあきら(あかりは指名しないが圏内の可能性はある)
    ボイスありでも凪と千夜はチャンスアリアリと見てます
    ただ、ドラフト1巡りあむはリスク高いと踏んだし
    2巡は上記の理由で雪美となった。3巡ではあきらはもういなかった
    凪は6~7巡、千夜は7~8巡くらいなら指名したかったが凪は4巡で戯念が
    千夜指名よりも三船美優と藤原肇を優先したので7巡後に戯念で消えました
    結果としてはあいうえおさんは新アイドルを重視しないドラフトになりましたが・・・
    ほんのちょっとずつだけ、指名したい頃より先に取られているだけなんですね
    もっともりあむを高く買った人が出たからこそ
    新アイドルで喧嘩しないで既存アイドルのボイスチャンスを2枚取りに行く手に出たわけで
    あくまで戦略上の都合というところではあります

    一応不安要素もアリアリですが
    うまく行けば大体215点くらいで優勝出来ると思います





    個人的メモ
    あいうえおさんの指名予想よりあきらかに早く指名されたアイドル一覧
    佐藤心、久川凪、久川颯、依田芳乃(諸星きらりは置き場所間違い)
    あいうえおさんの指名予想より相当遅く指名されたアイドル一覧
    辻野あかり、ナターリア


    ・・・まあまあいい線行ってない?




    さて今日ブロマガ書いてる途中でデレステにりあむが来たわけですが

    なんていうか、あっ、シンデレラガールズ運営は
    まかり間違ってりあむが(というかPたちが)暴発してシンデレラガールになったとしても
    別に全然気にしませんよ? って言う一種の・・・覚悟というか、下手すると挑発というか
    そういう攻め方をしてきたなって思いました
    万が一そういうことになったとして、賛否両論というか否の声は当然出るであろうけれども
    でもそんなの関係ねえ!でもそんなの関係ねえ!
    って感じなんだな~って、いいぞ~ってなりました(色々途中を省いた結論


    最後に別の宣伝をば・・・

    大作・卓球・あいうえおの3人による
    お題に沿って自分の好きな音楽、エピソードのある音楽を紹介していく音楽生
    「愛球大名曲」という生放送を大体隔週でお送りしています
    音楽に興味のある方であれば楽しく見られると思いますので是非よろしく
    #愛球大名曲で放送後に自分たちが選んだ曲をツイートしたりする
    視聴者参加要素もあります

    次回の放送は29日の月曜日夜22時くらいに大作生で放送します
    よろしくおねがいします









    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。