ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

”紫の発言ゲーム”紫文字一覧
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

”紫の発言ゲーム”紫文字一覧

2013-02-25 22:07

    ★"紫の発言ゲーム"予告★
    ★"紫の発言ゲーム"本文★

     
     キャラごとの紫の発言のまとめです。

     順序は序列順、となっております。




    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    金蔵


    【第一の晩】

    「蔵臼も留弗夫も馬鹿なやつよ。●鍵の類はすべて、奪うことも譲渡することも出来ないというのに。そしてさらに、●礼拝堂を除く全ての扉の施錠、開錠は、マスターキーでしか行えない。●もちろん、部屋の内側からはマスターキーがなくとも、施錠、開錠が可能である。●マスターキーの本数は5本。●5人の使用人が1本ずつ持っている。さらに赤を重ねるぞ。●全ての窓には鉄格子が入っており、窓からの出入りは不可能である。●これは屋敷、ゲストハウス、礼拝堂全てに共通する。


    【第二の晩】

    ●使用人室にあった鍵は礼拝堂の鍵1本のみである。●礼拝堂の鍵は誰であっても使用することができる。嘉音は行方不明となったが、●これ以降、嘉音を死亡扱いとする。●嘉音のマスターキーも破壊されたものとして扱う。


    【第八の晩】

    「おっと。まだ閉幕には早いわ。わしを放っておくなよ。最後の最後で赤き真実をくれてやる。●男は男にしか殺せない。女は女にしか殺せない。くくっくくく、最後でのこの赤き宝刀は心地よいわ…。はっはっはははっはっはははっはっはっは!!」



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    蔵臼


    【第一の晩】

    昨夜はお父さんがいらっしゃらないと話にならないということで、親族会議は早めに終了していた。絵羽と秀吉さんはゲストハウスへ戻っていたはずなのだが…。」

    私は源次さんと郷田のマスターキーを破壊した。


    【第二の晩】

    「ああ。今回はマスターキーではなく、使用人室においてあった礼拝堂の鍵だ。しかも先ほどまで皆が散らばっていた。アリバイは証明できない。」

    「ならば私と夏妃も行動を共にしていた。アリバイを証明できるということになる。」


    【第四の晩】

    どうみても死んでいる…。



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    留弗夫


    【第一の晩】

    「検死の知識はねえが、死んでるかどうかぐらいは脈をはかれば誰だってわかる。俺は姉貴が死んでいることを確認した。だが、そこで兄貴に止められちまった。現場は荒らさないほうがいいってな。」

    俺が熊沢のバアサンのマスターキーを破壊した。


    【第二の晩】

    礼拝堂は施錠されていた。食堂んときと同じでな。」

    「なら俺たちもだ。俺と霧江もずっと一緒にいたぜ。


    【第四の晩】

    俺たちは戸締りの確認や、見回りとかであちこちに行ってたからな。アリバイはねえ。



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    楼座


    【第一の晩】

    今私たちは全員ここにいるじゃない。誰も隠れてないことなんて目に見えてるわ。


    【第二の晩】

    中には紗音ちゃんが倒れていたわ…。

    私は……、1人で探してたわ………。


    【第五・六の晩】

    私たちは戸締り確認とか見回りとか、色々していたから…。今回もまた、私たちには全員アリバイがないわ。

    私たちは…、常に一緒にいたわけではないわ……。


    【第七の晩】

    死んでる…、殺されてるわ…。


    【第八の晩】

    これで生きてるわけがないわね…。」



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    朱志香


    【第二の晩】

    「いや、私たち4人はずっと一緒にいたぜ。私、戦人、譲治兄さん、真里亞の4人はそれぞれのアリバイを証明できる。


    【第四の晩】

    「私たちは譲治兄さんをかばって色々してたよ。私たち3人はずっと一緒にいた。1番つらいのは譲治兄さんだからな…。」


    【第五・六の晩】

    「それはありえねえぜ。私たちはすでに5本のマスターキーを破壊してるぜ。」


    私、戦人、譲治兄さんは、ずっと一緒にいたぜ。犯行を行えるような時間はなかった。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    譲治


    【第一の晩】

    「それで大騒ぎになり、僕ら全員が集まったんだ。うう……、父さん……母さん……。」

    「悔しいけど僕も父さんの死を確認することができたよ…。


    【第二の晩】

    「僕はすぐに紗音のもとへ駆け寄った。生きててくれと願ったさ。でも、僕は彼女が死んでいることを認めなければならなかった。うう…紗代…。僕は紗音のマスターキーを破壊したよ…。

    これですべての鍵は使えなくなったんだね。」


    【第四の晩】

    この部屋だけ鍵がかかってるよ!!


    【第五・六の晩】

    何者かの侵入を疑って調べたけど、ゲストハウスの戸締りは完璧だったよ。


    【第八の晩】

    「ああ……、戦人くん、……かわいそうに…。おそらく即死だっただろうね。



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    戦人


    【第二の晩】

    「こんだけ広いんだ。俺は何かの手掛かりがないか礼拝堂のなかを細かく探し回ったぜ。その結果、窓も扉も完全に施錠されていて密室だったことが分かった。

    「俺たちは礼拝堂を施錠し、礼拝堂の鍵を破壊した。


    【第四の晩】

    この部屋だけ鍵がかかっているのを発見した俺たちは、やむを得ず、扉を破壊して中へ入った。


    【第五・六の晩】

    親父は死んじまった・・・、もっとしなければならないことがあったはずなのに・・・ッ!クソッタレェ・・・ッ!!

    「マスターキーが使えず、ゲストハウスの戸締りが完璧だったとすると、このゲストハウス自体がでけえ密室になっているってことだ。」


    【第七の晩】

    「この血の量はやばいぜ…。俺でさえ即死だったとわかるぜ。」

    「認めるも何も、それ以外ありえねえじゃねえか!マスターキーはなくてゲストハウスは密室!誰にも侵入することなんかできない!」



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    真里亞


    【第一の晩】

    「食堂内を探し回ったけど、誰かが隠れてるなんてことはなかったよ!


    【第二の晩】

    「大丈夫だよママ。ママは犯人なんかじゃないよ。



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    夏妃


    【第一の晩】

    食堂は鍵が閉まっていました。普段は施錠しないのですが…。」

    「すると中は恐ろしいことになっていました。

    犠牲者はみんな、即死だったでしょう……。」


    【第二の晩】

    礼拝堂は礼拝堂の鍵1本でしか開きません。使用人室からとってきて、私が開錠しました。


    【第四の晩】

    南條先生が亡くなっている以上、検死しても曖昧ではありますが、私も真里亞ちゃんが亡くなっているのを確認しました。」


    【第五・六の晩】

    「やはり、犯人は殺された郷田や源次などのマスターキーを持っているのでは?そう考えなければ、これらの犯罪は無理です!」


    【第七の晩】

    「朱志香…、あなた…。戸締りは完璧でしたッ!なのに、どうして!!」



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    霧江


    【第一の晩】

    食堂内を調べた結果、扉も窓も全て施錠されていて密室だったことがわかったわ。そして、食堂内からは不審な物は見当たらなかった。


    【第二の晩】

    また密室ね。でも今回はちょっと違う形だわ。」


    【第四の晩】

    「マスターキーがない上、施錠されてちゃ中に人がいるのが妥当な考え。そう思って隅々まで探したけど、何もなかったし、誰も隠れてなかったわ。


    【第五・六の晩】

    「この様子だと、留弗夫さんも蔵臼さんも即死ね。」


    【第八の晩】

    「私たちはずっと一緒だった。私、譲治くん、楼座さん、夏妃さんには殺せないわ…。



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    紗音


    【第一の晩】

    こんなに血が出てるのに生きてるはずもありません…。

    「そ、そんなッ…。私は昨晩からマスターキーを1度も使っていません!本当です!



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    嘉音


    【第一の晩】

    そこで僕がマスターキーで扉を開けました。

    絵羽様、秀吉様、源次様、郷田、熊沢さん、南條先生の計6人が血塗れになって倒れていました…。

    「なら僕も言っておく必要があるね。僕は先ほど食堂を開けるのに使用しただけです。昨日から今日にかけてその1回しか使っていません。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。