【9/10 中日】4-3○ 向かう所敵無し!いつもの逆転勝利で3カード連続スイープ!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【9/10 中日】4-3○ 向かう所敵無し!いつもの逆転勝利で3カード連続スイープ!

2017-09-11 09:00
    離脱した誠也がリハビリに専念出来る位、
    新四番は頑張ってくれています。


    敵地で連勝して迎えた三戦目。先発は大瀬良対小笠原。
    大瀬良は6回3失点と先発としての仕事は最低限果たしていますが、
    大瀬良にはもう一皮剥けて上のレベルで投球してもらいたいです。

    まず初回からいきなり先制打を浴びてしまいます。
    四回には安部のタイムリーで追いつきますが、その裏すぐに勝ち越されると、
    打線が追いつく前に六回に追加点を取られるなど、
    将来のエース候補として、もうひと踏ん張りしてもらいたいです。

    しかし、今年の大瀬良の勝ち運には非常に助けれました。
    1-3で迎えた七回。マウンドには小笠原の後を受けた岩瀬が投げます。

    先頭の丸に四球を与えると、打席には四番になって
    バットが打ち出の小槌状態になっている松山。
    初球を叩くと、バットも綺麗な放物線を描くバット投げを披露して、
    堂々とした確信歩きも見せてくれました。

    岩瀬からバトンを受けた又吉から二死一三塁のチャンスを作ると、
    大瀬良の代打に西川が指名されます。
    西川への6球目。叩きつけた打球はセカンドが取りましたが、
    一塁にも二塁にも間に合わず、三塁ランナーが勝ち越しのホームを踏みました。

    そしてそのまま逃げ切り、現勝ち星の約半分となる39度目の逆転勝利を決めました。
    八月末頃、消滅する前にあったマジックは18でしたが、
    九月負け無しで勝ち続けた結果、今は5まで減らしました。
    最短優勝は9月14日(木)のDeNA三戦目。
    これがズレれば9月16日(土)のチケットを持っているヤクルト戦になります。

    昨年の9月10日。25年振りの優勝を決めました。
    昨年より早くマジックが点きましたが、二位阪神が中々負けなかったため、
    昨年より遅く優勝が決まりそうです。

    ゴールは目の前だ。頑張れ、カープ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。