【9/18 阪神】3-2○ 二年連続二位チーム本拠地で胴上げ!37年振り連覇でV8!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【9/18 阪神】3-2○ 二年連続二位チーム本拠地で胴上げ!37年振り連覇でV8!

2017-09-19 09:00
    歓喜の瞬間がやっとやって来ました。


    いつもは黄色一色の甲子園が赤と黄色で二分されました。
    これは初めてCSに進出した時以来じゃないでしょうか。

    打線は初回から繋がります。
    先頭の広輔が四球、菊池が送って、丸が進塁打を打ち、
    この日誕生日の松山がバースデータイムリーを放って先制します。

    更に四回、一死一三塁で打席には野村。
    前の打席も一死一三塁で打順が回ってきて、
    一塁ランナーを進める送りバントを行いました。
    この打席では三塁ランナー安部がスタートを切り、
    野村がキッチリボールを転がしたので、見事にスクイズが決まりました。
    前の打席の伏線が上手くハマった采配じゃないでしょうか。

    野村は六回で中谷に打たれた1点のみの失点でした。
    ピンチも三回に二死から連打を浴びましたが、
    カープキラー福留を一球で仕留めて乗り切りました。
    得点圏にランナーを置いたのはこの時だけでした。

    七回からは一岡がマウンドを継ぎましたが、
    代打陽川に今季1号の同点弾を浴びてしまいます。
    一岡は今季初被弾、昨年は一発も浴びていないので、二年振りの被弾となりました。

    同点に追いつかれた事で、一昨日の試合を思い出してしまいますが、
    そんな雰囲気を払拭したのは、シーズン途中で支配下登録されたバティスタでした。
    M2で迎えた木曜の試合でも、二度の勝ち越し打(ホームラン・犠飛)を放ち、
    勝利に貢献しました。

    一死一二塁でピッチャーが桑原に代わった初球を叩いて、
    痛烈なゴロがレフト前へ抜けていきました。
    俊足菊池が一気にホームへ還ってきて勝ち越しに成功します。

    八回、久々にジャクソンスマイルを見る事が出来ました。
    先頭の上本にレフト前ヒット浴びると、
    次の福留の打球はライトへの大飛球。
    浜風のおかげでその打球はフェンス手前で失速しました。
    更に広島のお家芸、牽制で上本を刺してツーアウト。
    大山をズバッと見逃し三振に切って取り、
    勝ち越し直後のイニングを0に抑えました。

    最終回は昨年同様中崎がマウンドに上がります。
    中谷・鳥谷を切って取ると、
    最後の伊藤隼太の打球はショートへフライが上がります。
    昨年もショートゴロで優勝、今年も打球がショートへ飛びました。

    広輔が打球を捕った瞬間、
    二年連続セリーグ連覇・1979-1980以来の37年振り連覇・
    そして二回目の連覇はセリーグでは巨人に次いで二球団目となります。


    そしてビールかけ。
    4000本のビールは20分でなくなりました。
    この時間帯だけは無礼講で選手から監督、後輩から先輩へのビールかけで、
    ホントにチームの人たちが楽しそうで見ていて笑顔になります。

    誠也の監督へビールをかけながら、
    「足ケガしてすいません」というのは誠也らしいなと思いました。
    来年最強の体で帰ってくるのをファンは待ってるから。


    さぁカープは火水は休みです。
    しっかり一年間の疲れを癒してからCSに向けて準備してください!
    感動をありがとう!カープ!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。