ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【4/17~4/22 燕竜】ヤクルト三連勝から中日三連敗。更に縮まるセ界圧縮
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【4/17~4/22 燕竜】ヤクルト三連勝から中日三連敗。更に縮まるセ界圧縮

2018-04-23 02:00
    去年ほどの先発陣の安定感は無く、
    去年ほどの打線の怖さは無い。

    それでもここ二年で勝ち方の分かった選手たちのお陰で、
    貯金はここまで3個。順位は0.5差の二位。
    この時期ですから首位について行けていれば及第点じゃないでしょうか。


    波乱万丈の一週間ハイライトはこちら。
    【4/17 広7-4ヤ】
    荒れそうな試合を見事に締めた薮田を含む中継ぎ陣
    まず一人帰ってきたヤベェ奴バティスタ
    セ10勝一番乗りで単独首位返り咲き
    ヒロイン:なし

    【4/18 広3-2ヤ】
    谷間で大活躍!打って投げて中村裕が大仕事
    相手ミスで貰った1点、結果決勝点
    一軍復帰の誠也、この日は出場せず
    ヒロイン:中村裕

    【4/19 広5x-4ヤ】
    ベンチ入り全員で勝ち取った延長12回サヨナラ勝ち
    9, 12回共に二死から同点、サヨナラ打
    ヒロイン:下水流

    【4/20 広7-11中】
    2点ビハインド→3点リード→4点ビハインド、天国と地獄の7回攻防
    被安打20、11失点の今季一投壊試合

    【4/21 広3-4中】
    三度のリード守り切れず8回に痛恨の一発被弾
    ようやく出たヤベェ奴のヤベェ一発

    【4/22 広2-3中】
    バティスタの自作自演があるも一本が出ず同一カード三連敗
    敗戦の中で光るアドゥワの好投


    ヤクルト戦では勝負所で繋がりを見せた打線に、
    投手陣が応えてカード三連勝を決めることが出来ました。

    しかし、中日戦では初戦の中継ぎ陣崩壊で歯車が狂ったか、
    または好調丸の大ブレーキが響いたか、
    何かハマれば三戦勝てたような試合を全て落としました。
    表ローテで全部落としたのは痛い…。

    ここまで21試合消化しましたが、
    先発陣がもう少しイニングイーターになってほしいですね。

    ジョンソン:7回/試合
    野村:6.25回/試合
    大瀬良:5.75回/試合
    岡田:5.33回/試合
    薮田:5.17回/試合
    谷間:4.67回/試合
    -------------------------
    先発:5.76回/試合

    1試合当たり3イニングは中継ぎが投げなければいけない計算になります。

    10試合:中崎・ジョンソン
    9試合:アドゥワ
    8試合:一岡・今村・中田
    (九里:5試合、薮田:4試合)

    アドゥワを酷使してるように見えたけど、
    皆均等に使ってるんですね。試合数で見ると。
    でも19歳ルーキーをここまで頻繁に使わざるを得ないってのもなぁ…

    丸も一時期四割あった打率は一気に.328まで急下降。
    更に三割を超えてるバッターはその丸のみの打線。
    まぁセリーグ全体で7人しか三割バッターがいないので、
    特別打線が悪いわけじゃないんですけどね。


    来週はDeNAと四月最後の天王山対決。
    このカードの結末次第ではセリーグ全体がまた圧縮されるかもしれませんね。
    四月をいい感じに終える球団はどこか?
    取り残されないように頑張れ、カープ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。