ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

今年も潤った契約更改。丸の恩恵を受けたのは?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

今年も潤った契約更改。丸の恩恵を受けたのは?

2018-12-26 18:00
    V3の契約更改が終わりました。
    今年も全体的にアップ傾向でしたね。

    トータル年俸ですが、
    今季は推定27億4,930万円だったのに対し、
    来季は推定27億7,870万円と微増しています。

    まずは契約更改前のカープ日本人年俸ベスト10はこちら。

    1位 丸 2.1億
    2位 菊池 1.9億
    3位 田中 1.4億
    4位 野村 1.2億
    5位 中崎 1.15億
    6位 新井 1.1億
    7位 今村 9,500万
    8位 石原 9,000万
    8位 鈴木 9,000万
    10位 松山 6,500万
    トップ10平均年俸 1.225億

    この中から丸・新井がいなくなった
    2019年カープ年俸はどのように変動したでしょうか。

    1位 菊池 1.9億→2.4億 1UP
    2位 田中 1.4億→1.8億 1UP
    3位 中崎 1.15億→1.6億 2UP
    3位 鈴木 9,000万→1.6億 5UP
    5位 大瀬良 6,300万→1.45億 6UP
    6位 野村 1.2億→1.2億 2DOWN
    7位 松山 6,500万→1億 3UP
    8位 曾澤 5,000万→9,200万 5UP
    9位 今村 9,500万→8,700万 2DOWN
    10位 一岡 5,300万→7,700万 2UP
    日本人トップ10平均年俸 1.361億

    丸と新井が億プレイヤーから外れたにも関わらず、
    記録を付け始めた2008年オフ以降で最多の7人が億プレイヤーになりました。
    これは歴代最多タイ人数です。

    優勝前年が億プレイヤー2人。
    そこから5人→6人→7人と増え続けています。

    大瀬良・曾澤・一岡は圏外からのランクアップです。


    ちなみに日本人アップ額・率のトップ5は、
    アップ額
    1位 大瀬良 8,200万
    2位 鈴木 7,000万
    3位 菊池 5,000万
    4位 中崎 4,500万
    5位 曾澤 4,200万

    アップ率
    1位 アドゥワ 358%(480万→2,200万)
    2位 大瀬良 130%
    3位 野間 113%(1,600万→3,400万)
    4位 曾澤 84%
    5位 鈴木 78%
    となっています。
    この数字を見れば今年の貢献度がよく分かりますね。


    あと、いい感じに年俸調整がされてると思います。
    菊池はポスティングでのメジャー行きを表明しましたが、
    来季順調にいけばFAを取得する選手は今村・野村・曾澤の3名。
    再来年は田中が取得します。
    その選手たちはBランクまでのトップ10に入っています。
    流石本部長、やりくり上手。

    でもどっかの球団とは違ってガツンと額が上がったり下がったりしませんが、
    選手への評価は広島が一番妥当な数字を出してると思っています。

    丸や誠也にもう少し出せばいいとか色々言われてますが、
    FAだからってやり方を変えて差別されるくらいなら、
    徹底して今のやり方を突き通してほしいです。
    それで選手が出ていくなら仕方ないと思います。
    どこで働くかは本人の自由なんですから。


    あとオフのイベントといえば人的補償くらいですかね。
    次の更新はそのテーマで書きたいと思います。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。