【9/16 広4-6ヤ】連日の粘り及ばず投手陣乱れて4連覇崖っぷち
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【9/16 広4-6ヤ】連日の粘り及ばず投手陣乱れて4連覇崖っぷち

2019-09-17 12:00
    マツダスタジアム 31,541人 広島13勝 ヤクルト12勝
    ヤ011 102 010=6
    広100 000 201=4
    勝:高橋4勝6敗 負:大瀬良11勝9敗 S:マクガフ6勝3敗11S 本:メヒア7号、廣岡9号、村上34, 35号、中山5号
    今日の三番:誠也 89打数29安打 4本 13打点 .326


    数字上、カープが残り4戦全勝・巨人が残り9戦全敗しなければ、
    優勝出来ない状況になりました。

    エルのセレモニーの日も、この日も終盤打線は粘りました。
    しかも前半不調だった松山や、意地を見せ続ける堂林、磯村・坂倉の控えが
    打点を挙げるなどCSへ向けて層の厚みが出て来た様に思えますが、
    一方で投手陣に目を向けると中5日や中継ぎの疲労が出て来たのか、
    ヤクルト若手野手陣の積極性に圧倒されてズムスタ2戦で7発被弾してしまいました。

    残り3勝1敗ならば阪神・中日の結果を気にする事無くCSが決定します。
    まぁ残ってる試合がDeNA1試合・阪神1試合・中日2試合なので、
    勝てば自動的に決められるような感じなんですけどね。

    7連戦が終わったので、もう無理に中5日する必要は無いでしょう。
    9/18 DeNA(マツダ) 床田:中6日
    9/21 阪神(甲子園) ジョンソン:中6日
    9/22 中日(マツダ) 九里:中8日
    9/23 中日(マツダ) 大瀬良:中6日
    これでいいんじゃないでしょうか。

    CSは10/5からです。
    頭によぎるのは最終戦から試合までの空白期間。

    2年前は1ヶ月弱実戦から空いてしまい、
    勝ち上がってきたDeNAに勢いで押されて敗れてしまいました。

    もしこのままいけば、1stステージはDeNAとの対戦になります。
    DeNAの最終戦は9/28なので、間は1週間。対するカープは12日。
    2年前程ではないですがちょっと嫌な空きだと感じました。
    今年は中止がほとんど無かったですからね。

    ちなみにDeNAとの2位争いはこんな状況になります。

    2位浮上の為にも、結果負けられない試合は変わらないんですね…。


    エルが最後スピーチで言ってくれた全力を出す姿を見せてくれれば、
    きっと順位が上がってくれると信じています。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。