【7/4 阪神】無観客で魔境ズムスタ発揮せず
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【7/4 阪神】無観客で魔境ズムスタ発揮せず

2020-07-05 09:00
    雨の為一日ずれ込んだ地元開幕戦。
    結果地元開幕戦の先発も大瀬良となりました。

    2試合連続完投、そして3安打放って開幕から全力の大瀬良でしたが、
    その疲れからなのか初回にいきなり近本にヒットを打たれると、
    四番マルテに構えよりも内に入ったボールを左中間に叩き込まれてしまいます。

    続く2回には木浪の二塁打、送りバントのフィルダースチョイスでピンチを作ると、
    近本に犠牲フライを打たれて更に1点失います。

    4回にはサンズ、梅野に連打を喰らいます。
    木浪・岩貞を三振に切ってツーアウトまでこぎつけますが、
    この日タイミングの合っている近本に2点タイムリーを打たれ、
    結果4回5失点という内容でKOされてしまいました。

    反撃したい打線は6回にこの日兄弟揃って初スタメンとなった上本弟がヒットで出塁、
    更に打線の軸西川の二塁打で無死二、三塁のチャンスを作ります。
    ここで頼れる四番誠也がセカンドの頭を超えて
    ゴロでフェンスまで届く二塁打で2点を返すと、
    練習試合では好調だったメヒアがタイムリーを打って3-5とムードを作ります。

    ですが不安の中継ぎ陣がこのムードに水を差します。
    7回は今村が糸井タイムリー、ボーアの犠牲フライで2失点、
    8回は昇格したての中村恭が上本兄に犠牲フライを打たれて1失点、
    そして9回の中崎は大山に一発を喰らって1失点で
    最後3イニングで4失点と打ち込まれてしまいました。


    五割で地元に帰って来ましたが負けてしまい、
    遂に借金生活に突入しました。

    初戦が中止になった為、
    この日から9連戦ですがその初戦を落としてしまいました。
    そして2戦目は遠藤対エース西の投げ合いになります。

    中9日で今季2回目の登板になりますが、
    相手エースとの投げ合いに負けず今季初勝利を掴んでもらいたいです。
    打線は早めに援護してほしいですね。


    借金生活は一日で終えれるように頑張れ、カープ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。