【7/5 阪神】眠れる虎起こす連敗
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【7/5 阪神】眠れる虎起こす連敗

2020-07-06 09:00
    誰ですか、阪神打線は湿ってる、ボーアは安牌とか言った人は?


    先発は遠藤対西という今季初勝利を狙う両者。
    先制はカープでした。

    2回裏の先頭誠也がセンター近本が回り込んで取った打球を、
    俊足と躊躇ない判断で二塁打にしてチャンスを作ると、
    松山がポテンヒットでチャンスを広げ、
    この日キャッチャーでスタメンの坂倉がセカンドゴロを打ち、
    その間に誠也が帰ってきて1点先制しました。

    しかし直後の3回表、
    内野安打と四球2個で二死満塁のピンチを作ると、
    四番大山に押出し死球を与えてしまい同点にされてしまいます。

    ここで踏ん張りたかった遠藤でしたが、
    続く五番ボーアに甘く入った球をライトスタンドに運ばれてしまい、
    一挙5失点で逆転を許してしまいます。

    諦めたくないカープは4回裏に主砲誠也がリーグ単独トップとなる
    第6号アーチで2-5と詰め寄りますが、
    また直後の5回表に今度は大山に2ラン、サンズにソロと2発3失点。

    結局この日の遠藤は5回被安打6、3被弾、7四死球と乱れに乱れてしまいました。
    ほぼ自滅のような形で失点してしまった遠藤。
    次回登板次第では下からノムスケやアドゥワ、岡田が上がってくるんでしょうか。

    3戦目先発予定の床田も2試合ともピリッとしない内容だったので、
    場合によっては床田の方が先にローテから外れてしまうかも…。

    ロードを五割で乗り切ったのに、地元で3連敗は避けてほしい所。
    借金がズルズル増えないうちに少しずつ返済してほしいです。
    頑張ってくれ、カープ!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。