【7/12 中日】三度目の正直で遠藤プロ初勝利
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【7/12 中日】三度目の正直で遠藤プロ初勝利

2020-07-13 09:00
    前の試合の勢いを継続してました。


    前日の試合で初級先頭打者を放ったピレラが、
    この日は初球をライトへヒットを打つと、
    菊池が送ってチャンスを作るとチャンスに強い西川がキッチリタイムリーを放って、
    この日も先制します。

    ランナーを出しながらもプロ初勝利を狙う遠藤は粘りの投球を見せます。
    その投球に打線は応えるために、
    3回表に先頭のピレラが今度はフルカウントからヒットを放つと、
    二死二塁から誠也がタイムリーを放って追加点を取ります。

    しかし一回りすると突如乱調する遠藤。
    先頭の大島と平田に連打を浴びると、福田に四球を与えて無死満塁のピンチを迎えます。
    ここでビシエドにキッチリ犠牲フライを打たれて2-1。

    続く木下の打席でランエンドヒットを試みますが空振り三振。
    二塁ランナー平田が飛び出して挟殺プレーになりましたが、
    堂林がランナーとぶつかってしまい走塁妨害を取られてダブルプレーにはなりませんでした。

    ここで遠藤が動じることなく京田をライトフライに斬って取り、
    最少失点で同点に追い付かれる事無くピンチを切り抜けました。

    その後の遠藤は危なげなく投球を続け、
    6回1失点とようやく結果を残してマウンドを降ります。

    7回表に遠藤に代打が出され安部が打席に立つと、
    初球をヒット、更にピレラはストレートの四球でチャンスを作ります。
    ここで相手先発梅津から祖父江へ継投します。

    菊池はチームバッティングをしようとして、
    ハーフスイングを取られてしまい三振してしましたが、
    西川・誠也の連続ツーベースで3点を追加し、
    その後も攻撃して二死一、二塁で絶好調堂林。
    初球をしっかり叩くとセンター前へタイムリーを放って、
    この回4得点で遠藤の初勝利に一歩近付きます。

    7回裏、8回表にお互い1点ずつ追加して迎えた9回裏。
    ナゴド初戦で1点リードを守り切れなかった菊池保が再び
    ナゴドの最終回マウンドに上がります。

    二日前の投球はどこへやら。
    三振、三振、ショートゴロであっさり三者凡退で調理して、
    苦手ナゴドで連続カード勝ち越しを決める事が出来ました。


    地元で作った借金を返済しきれずに戻る事になりますが、
    お客さんを入れて初のズムスタ6連戦です。
    しかも巨人・ヤクルトと上位陣との対戦になります。
    ここで勝ち越すと浮上のキッカケになりますので頑張ってもらいましょう。

    今回は森下を登録抹消しましたので、
    ここでノムスケが上がってくるんでしょうか?
    床田と遠藤は背信投球で一応結果を残しましたからもう1回投げますかね?


    広島のファンの前でリスタートです。
    頑張れ、カープ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。