【7/15 巨人】ジョンソン炎上ジョンソン
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【7/15 巨人】ジョンソン炎上ジョンソン

2020-07-16 09:00
    なぜか今年はジョンソン登板日は雨が多い気がします。
    そしてジョンソンは雨がめっぽう弱い…。


    前日には九里が岡本に一発浴びて5回4失点と先発としてピリッとしませんでしたが、
    その流れを切る為に今季初勝利を狙ってKジョンソンが先発しましたが、
    初回から岡本にタイムリーを浴びるなど立ち上がりを攻められます。

    雨でマウンドがぬかるんでいてイライラが隠せないKジョンソン。
    カウントも3ボールまでいくなどコントロールが定まりません。
    3回にはヒットと2四球で無死満塁としてしまい、
    岡本併殺間と中島のタイムリーで2点失ってしまいます。

    対する巨人の先発は若手の星、戸郷。
    カープ・DeNA戦を連勝して3勝目をかけた登板でしたが、
    カープは新しい苦手ピッチャーを作ってしまったようです…。

    Kジョンソンは3失点ですが、
    戸郷は3回をパーフェクトピッチング。
    更に4回は連続四球で二死一、二塁、
    5回は広輔の三塁打で二死三塁のチャンスを作りましたが点が入らず、
    6回は先頭のピレラにヒットを打たれますが菊池をゲッツーに取るなど、
    6回を無失点でマウンドを降ります。

    そして広島投手陣は、
    Kジョンソンが5回に楽天から移籍してきたウィーラーに2ランを浴び、
    6回は島内が3四球で満塁のピンチを作るとヒット&西川の後逸、
    7回に丸の内野ゴロの間に1点で2回6失点、
    9回は高橋樹が陽に犠牲フライを浴びるなど被安打11・8四球で12失点と、
    散々にやられました。

    打線は最終回に誠也がホームラン数1位に並ぶ一発を放って1点返すだけで精一杯。
    観客を入れて開幕した地元巨人戦は連敗で借金はまた3に戻ってしまいました。

    3タテを避ける為に任された3戦目の先発は薮田。
    中継ぎで好投を続けた薮田に今季7人目の先発白羽の矢が立ちました。
    2017年に15勝3敗 最高勝率を獲得した投球を思い出してもらいましょう。
    頑張れ薮田、頑張れカープ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。