【8/1 巨人】思い出す巨人アレルギー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【8/1 巨人】思い出す巨人アレルギー

2020-08-02 09:00
    ここ数年、巨人戦は強くズムスタでも異常な強さを発揮していました。
    10年位前、せっかく中継があるのにあんまり勝ってる試合を観てたイメージがありません。
    そして今年、あの頃みたいに巨人に勝てるイメージが湧きませんね…。


    久々の登板となった田口相手に野手8人中6人を右で並べたカープ。
    初回から長野と誠也の連続ツーベースで幸先よく先制します。

    対して結果が出せず背信登板が続く床田。
    初回は三者凡退に抑えますが、
    2回にこちらも岡本、ウィーラーに連打を浴びてあっさり同点に追い付かれてしまいます。

    そして3回裏、
    亀井・坂本に連打を浴びた後、
    丸の意表を突くセーフティバントに松山が焦って悪送球。
    更にウィーラーの犠牲フライ、中島のタイムリーでこの回4失点。

    我慢の限界が来た監督。
    5回の打席で床田を交代し、二軍行きを命じました。
    来週からは大瀬良が戻ってくるのでローテは問題ないでしょうか?
    …遠藤次第ですが。

    そして5回裏から中継ぎでいいピッチングを続けていたケムナが登板しますが、
    いきなり中島にタイムリーを浴びてしまい点差は4点差に。

    6回裏、これ以上点を取られるとしんどくなる点差になりますが、
    丸に痛恨の押し出し死球で5点差。
    もう一踏ん張りしたかったですが、
    ホームラン数トップの四番岡本にトドメのグラスラ被弾します。

    ピレラ・誠也に一発が出ますがいずれもソロ。
    3-11で大敗してしまいました。


    投手陣が安定しないので、
    巨人打線相手に抑える事が出来ず打ち勝つ野球さえさせてもらえません。

    前回炎上した遠藤に頑張ってもらって、
    何とか2カード連続3連敗は阻止してもらいましょう。
    頑張れ遠藤、負けるなカープ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。