【8/2 巨人】意地見せた遠藤、プロ初完投&打点で巨人戦連敗STOP
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【8/2 巨人】意地見せた遠藤、プロ初完投&打点で巨人戦連敗STOP

2020-08-03 09:00
    今広島で安定している先発は、
    エース大瀬良
    ルーキー森下
    公務員ノムスケ
    の三人しかおらず、ローテの半分が防御率4点を超える状態となっています。

    この日の先発はプロ初勝利を挙げながらも、
    前回登板では2回5失点でKOされるなど、
    前日登板の床田同様背水登板となっている遠藤。

    初回から二死一塁で誠也に打席が回ります。
    前日に意地の一発を見せた誠也。
    最近打った後に悔しさを見せる事が多くなり、
    チーム状況もあって色々と溜まってるんじゃないでしょうか。
    その力をバットに乗せて2試合連続アーチで先制します。

    更に次の回には満塁から西川がインコース低めを技ありヒット。
    無死満塁だったのでもう少し点数が欲しかったですが、
    菊池・長野・誠也が凡退してしまい、
    この1点のみで終わってしまいました。

    遠藤もガッカリしたのかその裏、
    大城に一発を浴びてしまい3-1となります。

    取られた点は自分で取り返すのがカープ式。
    二死二、三塁で打席には遠藤。
    野球の基本センター返しの打球はマウンドで大きく跳ね上がり、
    二遊間を抜けていきプロ初タイムリーを記録しました。

    この日の遠藤は今までの登板と違って変化球もコントロールも良く、
    四球を出すことなくバッタバッタと強力巨人打線を抑えていきます。

    その投球に野手陣は「遠藤の為に」を合言葉にこの2戦のうっ憤を晴らします。
    6回に長野が古巣からのタイムリーヒット、
    7回に西川が打った打球は左中間方向に伸びていきそのままスタンドインの3ランで、
    この日は9得点を記録しました。

    そして遠藤は8回投げ終えて99球。
    9回に行けば100球は超えてしまいますが、
    点差はあり、2戦で中継ぎをつぎ込んでいるので完投してほしいという状況でしたが、
    監督は9回に遠藤を打席に立たせ、完投を選択しました。

    先頭は2000本安打を目指している坂本。
    甘く入った球をレフトスタンドに持って行かれ、1915安打目を打たれてしまいました。

    続く丸のフラフラっと上がった打球を野間がファールグラウンドまで追い、
    エキサイティングシートに飛び込みながらキャッチするファインプレーを魅せます。
    その守備に遠藤が最後の力を振り絞り、
    岡本・ウィーラーを打ち取ってプロ初完投で巨人戦の連敗を5で止めました。


    この勝ち方が見たかったんです。
    打線が頑張って、投手が安定して投げる試合が見たかったんです。

    さぁ今季初の9連戦のスタートです。
    日程は神宮・ズムスタ阪神・ズムスタ中日になります。
    大瀬良も帰って来ますが、ズムスタ中日初戦は誰を持ってくるんでしょうか?
    神宮初戦に大瀬良を持って来ていきなり中5日させるのか、
    二軍から上げてきたピッチャーを投げさせるのか、
    はたまた薮田先発のブルペンデーにするのか。
    佐々岡采配に期待しましょう。

    何回も言ってますが、
    もう一回仕切直してもらって一つずつ借金返してもらいましょう。
    頑張れ、カープ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。