【8/4 ヤクルト】やっぱり打ち勝つ野球が今年のカープ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【8/4 ヤクルト】やっぱり打ち勝つ野球が今年のカープ

2020-08-05 09:00
    前回の神宮カードではスットコ事件があったりで1勝も出来ませんでした。
    その連敗を止める為に先発のマウンドに上がったのは九里でした。

    ここまで6失点したりしましたが、
    最低でも5回を投げてホントに先発の最低限の仕事はして降りる九里でしたが、
    2回裏に一死一、二塁で暴投をしてしまい二、三塁になった時に、
    西田に2点タイムリーを打たれ、
    3回裏は点は取られませんでしたが一死満塁にしてしまったり、
    4回裏には一死三塁で坂口にタイムリーを浴びるなどで、
    4回80球3失点で先発の仕事が果たせずマウンドを降りてしまいました。

    打線は高梨の前に7回までチャンスをチョコチョコ作りましたが、
    これといった一本が出ず点が入りませんでした。

    高梨の球数が100球を超えた7回表、
    育成から上がってきた大盛がプロ2安打目も内野安打で出塁すると、
    西川も続いて一死一、二塁とします。
    ここで佐々岡監督動きます。
    得点圏打率が二割台の菊池に代えて、三割を超えているピレラを代打起用しました。

    しかしピレラはキャッチャーファールフライに倒れてしまいます。
    ここで高梨が降板してマクガフがリリーフとして出てきて打席には長野。
    夏男が本領発揮します。
    外角の球を速球を逆らわずにライト方向へ打つと、
    グングン打球が伸びてライトスタンドへ同点の3ラン。
    ありがとう、チョーさん。

    直後の7回裏、
    薮田が代打の吉田、坂口をトントンと打ち取りますが、
    塩見ヒット、そして盗塁されたのち青木は四球を出してしまいます。

    ここで薮田から塹江にスイッチ。
    いきなりワイルドピッチで二、三塁とピンチを招き、
    更に村上相手にノースリー。もちろんここで申告敬遠を選択します。
    そしてこの日2安打の山崎。
    二死満塁、フルカウント。痺れる場面で最後は内角ストレートで三振に斬って取り、
    坂倉からガッツポーズが生まれました。

    相手に行きかけた流れを手繰り寄せた塹江。
    松山の内野安打、坂倉の猛打賞となるセンター前ヒットでチャンスを作ります。
    期待の堂林は三振に倒れてしまいます。
    次打者は調子が上がらず8番固定が続く広輔。

    3-1からの低めの球を捕らえると、
    神宮だから入ったバックスクリーンギリギリの勝ち越し3ラン。
    今度は広輔にガッツポーズが生まれます。

    そして最終回のマウンドにはここ最近無失点投球が続くフランスア。
    この日もセンターフライ、三振二つで三凡に抑えて、
    久々の連勝&火曜日今季初勝利を飾りました。


    疲れの見えた先発を打ち込み、代わったピッチャーからチャンスをものにする。
    やっぱり今年のカープは近鉄野球ですね。
    3点取られたんなら3ラン2発で追い抜いちゃれ!という感じでした。

    12球団トップ打線が噛み合えばちゃんと点が取れるんです。
    完封負けがまだ1試合も無いんですから。
    そう考えるとやっぱり投手って大事ですね…。

    次は2試合連続好投中のノムスケ。
    7回2失点までに抑えてくれれば打線が何とかしてくれるでしょう。
    2戦目も打ち勝つ野球を観れると信じて。
    頑張れ、カープ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。