【8/5 ヤクルト】帰って来た新人王ピッチングでやっと今季初の3連勝
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【8/5 ヤクルト】帰って来た新人王ピッチングでやっと今季初の3連勝

2020-08-06 09:00
    戻って来てから好投が続くノムスケ。
    今季初の3連勝目指して登板します。

    そして佐々岡監督、打線を大幅に組み替えます。
    長野は規定に達していませんが、
    菊池を2番から外して1~5番までを三割バッターで固めてきました。

    初回からその打線が機能しました。
    2番堂林と4番誠也のヒットで二死一、三塁として5番松山。
    得点圏に強い松山がキッチリ先制タイムリーを放ってくれました。

    ここ2試合で一発を打たれていなかったノムスケですが、
    狭い神宮では逃れる事が出来ず、
    宮本に同点弾を打たれてしまいました。

    ですが流石大瀬良のいない間のエース。
    この一発以降降板する7回まで得点圏にランナーを背負うことなく、
    7回1失点という先発としての役割をしっかり果たしてくれました。

    打線は5回に新打順が機能します。
    先頭の西川が内野安打で出塁して、堂林の内野ゴロの間に二塁に到達すると、
    夏男の3番長野が初球を叩いて勝ち越しタイムリーツーベースを打ってくれます。
    更に7回には堂林が6年前に並ぶ第8号アーチで中押しして3-1とします。

    そして佐々岡采配が光ったのがもう一つ。8回裏でした。
    7回まで好投したノムスケでしたが、球数120球でしたから8回からは一岡が登板します。
    その一岡、6球で連打を浴びてピンチを作ると、
    早めの継投。いいピッチングが続いて評価がうなぎ上り中の塹江がピンチを引き継ぎます。
    3番青木をサードファールフライ、
    4番村上には四球を与えて満塁としますが、
    5番山崎、6番西浦を連続三振に斬って取りピンチを脱します。
    3試合連続無安打投球を続けて首脳陣とファンの評価がまた上がりました。

    最終回、頭部死球を受けてから安静にしていた會澤が代打で今月初出場します。
    その代打でダメ押しホームランを放ち一発回答してくれました。

    9回裏、セーブが付く場面で前日に引き続きフランスアが登板します。
    こちらは5試合連続無失点中です。
    サードファールフライ、ファーストファールフライ、四球、サードゴロで、
    今季初の2試合連続セーブを記録して3連勝と少しずつエンジンがかかってきました。


    このままKジョンソンに今季初の同一カード3連勝を決めてもらいましょう。
    石原じゃないけど明日は雨じゃないからやってくれる…ハズ。
    未だ白星のないKジョンソンにも今季開幕出来る様に打線も奮起してもらいたいです。
    勝て勝てジョンソン、負けるなカープ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。