【8/7 阪神】ピースナイターで跳ねる若鯉達
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【8/7 阪神】ピースナイターで跳ねる若鯉達

2020-08-08 09:00
    前日の8月6日では追い付きながらも中継ぎが打たれ同一3連勝は出来ませんでした。

    そして8月7日のズムスタ阪神戦。
    この日はピースナイターとして開催されました。

    この日のスタメンは大幅に変えてきました。
    2番に一軍に上げたばかりの羽月、
    9連戦という事で主力を休ませるため4番に松山、
    8番に野間を起用してきました。
    そして先発はルーキー森下。

    フレッシュ打線は初回から機能します。
    西川が四球で出塁すると羽月がプロ初犠打を決めて、
    4番松山が先制タイムリー。
    5番坂倉がツーベースで続くとピレラの叩きつけた打球でタイムリー内野安打で、
    初回から2点先制します。

    続く2回、野間と西川のヒットで一死一、三塁で打席には羽月。
    先程の打席に続きバントが上手く転がり、
    更に俊足を活かしてタイムリー内野安打となって、
    プロ初打点を記録しました。
    そして4番に座っている松山が本人も驚く3ランで6-0と大量リード。

    とそのまま行きたかったですが5回に森下が捕まります。
    代打中谷、近本のタイムリーと福留の内野ゴロで6-4と追い付かれてきます。

    直後のその裏、二死一、二塁でまた羽月が打席に。
    打球は前進していた福留の頭の頭上へ飛んでいき、
    ギリギリ取られずに俊足飛ばしてタイムリースリーベースを放ち、
    プロ初長打を記録しました。

    そして続く6回、二死満塁で代打長野。
    巨人から頂いた取説には長野は夏によく打つと書いてありましたが、
    まさに神宮では夏男ぶりを発揮してくれました。
    そしてこの日も綺麗なセンター返しで2点を追加すると、
    前の回からセンターに入っていた大盛が、
    3安打目にして初の外野へのヒットで、
    それが初タイムリーとなってこちらもプロ初打点を記録しました。


    この日も打線は元気で15安打11打点。
    森下も大瀬良に並ぶ3勝目。
    そしてその大瀬良が2戦目に復帰します。

    対戦相手は西と開幕投手対決です。
    2カード連続勝ち越しを狙って頑張ってもらいたいです。
    復帰戦、頑張れ大瀬良。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。