【8/29 阪神】守乱でスルリと抜けた勝ち星
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【8/29 阪神】守乱でスルリと抜けた勝ち星

2020-08-30 09:00
    前日に上本のサヨナラタイムリーで勢いに乗りたいカープでしたが、
    ちょっとしたほころびから一気に崩れてしまいました。


    先発は前回阪神戦で5回5失点してしまった大瀬良と、
    前回登板で2年ぶりの勝利を飾った藤浪の対決でした。

    2回表、一死二、三塁で打席にはズムスタで打率の高い梅野。
    打球は一二塁間に飛んでいき松山が飛びついて止めました。
    そこでタイミングは微妙でしたが松山はホームへ送球しました。
    判定はセーフでフィルダースチョイスとなりました。

    一死一、三塁で2年目の小幡。
    一塁線に上手く転がしたスクイズは切れずに松山が懸命にキャッチして、
    今度は一塁に送球しましたがそれが大きくそれて
    ライトのファールグラウンドを転々としました。
    ライト誠也のホームへの送球も高く逸れ、タイムリーエラーも絡んで
    更に2点失ってしまいました。

    続けて3回表には木浪・糸井・サンズの3連打で1点、
    二死満塁で今度は小幡にタイムリー内野安打を打たれて更に1点で、
    3回で5失点とKOされてしまいました。

    対するカープは4回に松山のタイムリーで1点返し、
    大瀬良の後を受けたケムナが2イニング5奪三振と流れを呼び込むと、
    5回に藤浪を攻め立てます。

    大盛四球・曽根ヒット・羽月の内野ゴロの間で1点と若手で点をもぎ取ると、
    二死一、三塁から松山の2打席連続タイムリー、
    甲子園で藤浪から逆転グラスラを打ったピレラもタイムリーを放って1点差にします。

    勝利投手の権利まであとワンアウトでしたが、
    會澤の肩付近に当ててしまうデッドボールで満塁としてしまった所で交代を命じられました。
    結局両投手5回を投げ切る事が出来ず降板していきました。

    左の岩貞に交代し、広輔をショートゴロに打ち取られ、
    このチャンスを活かす事が出来ませんでした。

    その後両中継ぎ陣が締まった投球を続けて0が並び続きましたが、
    8回表、薮田がツーアウト取ってから近本に自身半月ぶりとなる一発を浴びてしまい、
    手痛い失点をしてしまいました。

    最終回にスアレスから堂林がツーベースで出塁してチャンスを作りましたが、
    誠也の内野ゴロの間の1点でしか反撃が出来ず連勝とはいきませんでした。


    サヨナラ勝ち・エース大瀬良という好条件で連勝・カード勝ち越しを狙いましたが、
    守備の乱れから一気に失点してしまい大瀬良のリズムを作る事が出来ませんでした。

    カード勝ち越しを狙う3戦目はここ最近評価が上がってきた遠藤が先発です。
    8月最終戦、勝てば月間勝ち越しも決める事が出来るので、
    いい折り返しが出来るんじゃないでしょうか。

    後半に向けて勢いを付ける為に頑張れ、カープ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。