【10/20~25】先発は頑張ったのに3試合完封負けの貧打線
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【10/20~25】先発は頑張ったのに3試合完封負けの貧打線

2020-10-26 09:00
    打線が活発なら投手が打たれ、
    投手が頑張れば打線が打たないという噛み合わないのが今年のカープ。
    先週は先発が頑張りました。


    10月20日
    火曜日は9月末からエース級の投球が続いている九里の登板日です。
    この日の九里は神がかっていました。

    阪神打線を5回までノーヒットに抑えるピッチングを見せてくれます。
    6回に近本にツーベースを打たれてしまって記録は途絶えてしまいますが、
    8回終了時点でその近本の1本のみに抑えて試合は9回を迎えました。

    打線はプロ初四番に入った西川の先制打などで5点を挙げていました。
    そのまま準ノーノーを決めてほしかったですが、
    球数も100球を超えて疲れが出て来たのか3連打で1点取られてしまい、
    途中降板してしまいました。
    それでも試合をちゃんと作ってくれた九里。7勝目をマークしました。
    もしあと3試合登板する機会がギリギリあれば初の二桁も見えてくるので、
    最後まで頑張ってもらいたいです。


    10月21日
    水曜日は先発として最低限の仕事はしていく遠藤が先発でした。
    初回にマルテに2ランを打たれてしまいますが、
    その後は点を取られる事無く6回2失点でQSと仕事をしてマウンドを降ります。

    しかし打線が阪神投手陣を打ち崩す事が出来ず、
    クリーンアップも12打数無安打7三振と全く機能せず、
    あっさり完封負けを喰らってしまいました。

    この日の敗戦で正式にV逸が確定しました。
    まぁ新人監督ですから。来年に期待しましょう。


    10月22日
    怪我したノムスケの代わりとして先発したのは薮田でした。
    3年前に最優秀勝率を獲ってから先発薮田が行方不明になっていましたが、
    この日は打線が早いうちに点を取ってくれたので気が楽になったのか、
    5回までピンチを迎える事無く危なげなく投げ切り、
    6回2失点とQSを達成してくれて、2年振り白星を挙げる事が出来ました。

    そして堂林も規定打席に続いて8年振り100安打を達成しました。
    来年もこのままサードで固定出来るくらい来年も頑張ってもらいたいですね。


    10月23日
    戻って来てからQSは達成するも中々勝ち星が付かない床田が先発です。
    4回まで0行進で試合が進みますが、
    5回に無死満塁のピンチを作ってしまい、
    梶谷タイムリー・神里犠牲フライで2点失ってしまいました。

    2点ならばまだ逆転可能だと思いましたが、
    DeNA投手陣の前に散発3安打でチャンスを作る事が出来ず、
    この週2試合目の完封負けとなってしまいました。


    10月24日
    今年2試合目の現地観戦。
    森下のピッチングを観たかったので土曜日のチケットを買いました。

    立ち上がりにロペスの日米通算2000安打とオースティンの四球でピンチを作りますが、
    持ち前のギアチェンジでピンチを脱します。

    3回、梶谷の地を這う打球をサード堂林が悪送球でランナーを二塁に進めると、
    乙坂のライトへの打球を誠也が滑り込んでキャッチ出来ずランナーが生還してしまいます。

    エラーを取り返したい堂林は5回、
    二死から広輔ヒットの後に堂林が四球で繋ぐと、
    キャッチできなかった誠也が同点となるタイムリーを放ちます。

    新人王の為に何とか勝ち越したい所でしたが、そのまま0が続きます。
    8回二死から菊池がヒットで塁に出ると、
    打席には110球を超えた森下が向かいます。
    菊池が盗塁を決めて二塁とすると、
    森下の打球は一二塁間をしぶとく破っていき、
    俊足菊池が一気にホームへ還ってきて自らの手で勝ち越し点をもぎ取ります。

    情けないかな、今森下よりも頼れる中継ぎピッチャーはブルペンにはいません。
    前回塹江・フランスアのリレーで勝ちを消しているので、
    9回のマウンドにも森下が上がります。

    130球を超えましたが、
    最後オースティンのフェンス際のヒットを連係プレーでセカンドで刺してゲームセット。
    戸郷を超えて9勝目をマークしました。
    防御率も西と菅野を抜いてセリーグ2位まで良くなりました。
    二桁&大炎上が無ければ新人王は成績的に森下に決まりそうですが、
    どうでしょうか?記者投票なので最後まで分かりません。


    10月24日
    立ち上がりに難のある中村祐が先発でしたが、
    この日も初回からピンチを作ると宮崎にタイムリーを打たれてあっさり先制されます。

    ですが打順の関係で代打を出されましたが、
    6回まではそれ以外失点せずにこちらもQSを達成し、
    今週は先発投手全員がQSを達成するという試合展開としては、
    申し分ない投球を見せてくれました。

    ですが、ランナーを出すものの最後までホームには帰ってくる事無く、
    1週間で3度の完封負け。
    結果的に負け試合が全部完封負けという何とも情けない1週間でした。


    完全に優勝も無くなり、あとはタイトル争いのみ。
    岡本が一発を放って大山と26号で並んでいますが、
    誠也が1週間一発を放っていない間に丸と村上が24号で追いついてきました。
    試合数的にはこの5人に絞られた感じでしょうか?

    森下の防御率ですが、2位にはなりましたが1位の大野の壁が高すぎて厳しそうです。
    こちらは新人王頼みになりそうです。

    あと個人的には堂林に2本ホームラン打ってもらって、
    こちらも自己最多を記録してほしいと思っています。


    あと残り12試合。頑張って走り抜いてもらいましょう。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。