ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

≪4/5 14:30追記≫【4/2~4 DeNA】〇〇● DeNA爆弾は爆発したが、2カード連続勝ち越し
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

≪4/5 14:30追記≫【4/2~4 DeNA】〇〇● DeNA爆弾は爆発したが、2カード連続勝ち越し

2021-04-05 09:00
    今季初のアウェーは開幕から勝ち星なしのDeNAとの三連戦でした。
    無事に次の中日へ爆弾を渡せるかと思いましたが、
    流石にそう簡単にはいきませんでしたね。

    今回は三連戦の結果を選手に注目して振り返ってみます。


    【大瀬良・九里のドラフト同期組活躍】
    ローテ2周目となり、開幕カードで投げた大瀬良と九里が二度目の登板。

    2013年ドラ1の大瀬良は前回の登板でエラーから調子を崩し、
    勝ち星を挙げる事が出来ませんでしたが安定感は抜群。
    7回を被安打3の無失点投球と文句なしの投球でした。

    翌日は2013年ドラ2の九里。
    去年初の年間通しての先発登板で自信を付け、
    今年こそ初の二桁目指して頑張ってもらいたい一人ですが、
    こちらは6回3失点でしたが、連続でQSは達成し先発の役目は果たします。

    大瀬良・九里・森下・ノムスケの四人で50勝はしてもらいたいですからね。
    今年はこの二人にしっかり先発陣を引っ張って行ってもらいましょう。


    【松山復調の気配】
    開幕6試合で12打数2安打 .167の1打点と中々回復の兆しが見えなかった松山でしたが、
    このハマスタ三連戦では大当たりでした。
    全て単打でしたが、9打数5安打 .556で打点は5打点と三試合連続打点を記録しました。

    菊池が絶好調なだけに、この菊池を返せるかが今のキーとなってきます。
    この勢いならば一度菊池と松山をくっつけるのも
    得点力アップに繋がるんじゃないでしょうか。


    【ノムスケ、デビューから187試合連続先発登板の日本タイ記録】
    今年で9年目のノムスケ。
    積み上げた登板数は遂に187試合となりました。その登板全て先発。

    前回の登板で日本人記録を達成し、
    今回の登板で元広島のミンチーが記録した日本記録へ到達しました。

    残念ながらタイ記録達成登板は4回2失点で負け投手となってしまいましたが、
    順調にいけば来週の日曜日に新記録が樹立されますので、
    来週は是非白星で自身の記録を飾ってもらいたいです。


    【≪追記≫569で止まった菊池の連続無失策記録】
    大事な事を漏らしていたので追記しました。

    4月3日の試合であるプレーが話題に挙がりました。
    そのプレーは八回二死一、二塁で起こりました。

    バッター桑原の打球はピッチャー前で大きく弾んでピッチャーとセカンドの間に落ちます。
    その打球を菊池は猛チャージで取りに行った結果グローブの土手に当てて弾いてしまいます。

    打球の速度的に取って投げていても微妙な所でしたが、判定はエラー。
    ここで二年振りに菊池にエラーが付きました。

    このプレーに色んな方が反応。
    監督も厳しい判定とコメント、翌日のテレビでハリーはあれはヒットで記録員の間違い、
    上原も訂正依頼を出せば変わるんじゃないか、等色んな意見が出ました。
    正直、私も同意見です。

    このプレーに菊池は、「待って内野安打になるくらいなら突っ込んで取りに行った方が、
    ピッチャーの納得してくれる」といつも通りのプレーとコメント。

    既に大記録である事には間違いありません。
    本人が仕方ないと言っている以上この事には多く触れない方がいいのかもしれませんね。

    菊池なら出場してればまた達成出来そう、と思うのは私だけですかね?


    今週は引き続き関東でヤクルトと試合を行った後、
    広島に返って丸など主力選手にコロナ陽性が出てしまった巨人との六連戦です。

    セリーグ一回りは何とか五割以上をキープしてもらいたいので、
    最悪3勝3敗を目指す勢いで頑張ってもらいましょう。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。