ポケモンカードGB RTA Any% セーブリセあり 記録狙い用チャート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ポケモンカードGB RTA Any% セーブリセあり 記録狙い用チャート

2019-10-22 19:19

    みなさんお久しぶりです赤坂です。

     最近はポケモンカードGBのRTAが大規模なイベントやリレー企画で採用されたりと、様々な場所で見かける機会が増えてきましたね。

     すでにこのゲームのRTAチャートは様々なものが投稿されていますが、このゲームは人によってチャートが全然違い、私のチャートもおそらくほかの人とは異なっている部分が多いので今回ここに記します。



    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    はじめに(チャートを作るにあたって)

     前述したとおりこのゲームには様々なチャートがあり、ニコ生で上位の走者のチャートを見ても、ほぼ全員が異なったチャートで走っています。 
     というのもこのゲームは他のポケモン作品のように攻略順が決まっているわけではないため、勝つことさえできればわりと自由がききます。
     ではどうやってその攻略順を決めているかというと、それは走者の好みによるところが大きいのですが、その中で共通しているのは一番最初に強敵と戦ってリセゲーをするということではないでしょうか。
     自分がある程度強い状態で戦っても安定しないのであれば、最初に戦って負けたら再走すればいいという考えですね。



     せっかくなので今回は最初にリセゲーで倒すことの多い主な強敵の特徴について紹介していきましょう。






     アヤコちゃん
    ・種ポケモンが多く試合が長引きやすい
    ・5色デッキを使ってくるため弱点を突きにくい
    ・たまに事故る
    ・可愛い






     メグミちゃん
    ・プクリン+プテラという強力なデッキを使ってくる
    ・無色+闘抵抗という組み合わせのためバランスがいい
    ・急に進化してきたり急に化石で遅延してきたりとリセ判断が難しい
    ・可愛い







     ユカちゃん
    ・電気クラブのくせに飛行ポケモンを使ってくる
    ・空を飛ぶピカチュウさえ来なければ楽
    ・僕は空を飛ぶピカチュウは嫌いです
    ・でも可愛い





     まずは3人の強敵について紹介しましたが、この3人について共通しているのは「強いときはとことん強いけどかみ合えば速く倒せる」、「可愛い女の子である」ということではないでしょうか。
     何度も何度も再走するには当然モチベーションが大事になってくるので、当然好きなトレーナーと戦うことの方が大事なのかもしれませんね。



     ただ他の走者が走っているところを見るとこの3人ではなく他のトレーナーと最初に戦っている人が多いみたいです。











     マサヒロちゃん
    ・エビワラーやエレブーなど強力な種ポケモンがデッキに多い
    ・マンキーだけだと弱い
    ・有用なカードが多く入っている第一弾をくれる
    ・可愛い?





     可愛いの価値観は人それぞれですが、マサヒロちゃんも強いけどかみ合えば速く倒せるという条件を満たしていますね。








     これらのことを踏まえて(?)僕はこのトレーナーと最初に戦うことに決めました。





     ナツキちゃん
    ・ワンリキーなど軽くて強力な種ポケモンがデッキに多い
    ・プラスパワーを多く使ってくるのでケアが大変
    ・耐久の低いポケモンが多いので、勝つときはあっさり勝てる
    ・可愛い



    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    走るにあたって

    チュートリアルを終え設定を変更した後に日記を書き、つづきをあそぶを選択したタイミングで計測開始

    以下デッキ編集と書いてあるところでは入手したトレーナーカードのうち下のリストに含まれているものは全部入れる。
     
    使うトレーナーカード
    第1弾
    オーキド博士
    マサキ
    ポケモンいれかえ※(あまり抜きたくはない)
    モンスターボール※(あまり抜きたくはない)
    パソコン通信
    プラスパワー
    ディフェンダー※(あまり抜きたくはない)
    ダウジングマシーン
    傷薬
    なんでもなおし

    第2弾
    いい傷薬
    ポケモン交換おじさん
    ピッピ人形※
    突風
    エネルギー転送

    第3弾
    何かの化石※
    エネルギーリムーブ

    第4弾
    超エネルギーリムーブ※
    ギャンブラー※

    ここに書いていないものは入手してもデッキに入れる必要はない。
    最後のデッキ編集でエネルギーカードが少なくなってしまった場合(18枚くらいあれば大丈夫)は※がついているものの枚数を減らす

    デッキ編集時記載されているタイプのカードは下の物のみ使う

    各色で使うカード

    炎タイプ
    ヒトカゲLV10
    リザードLV32
    ブーバーLV24

    闘タイプ
    ディグダLV8
    ダグトリオLV36
    ワンリキーLV20(グランドマスター戦のみ使用)

    草タイプ
    ストライクLV25
    カイロスLV24(ストライクがない場合のみ使用)

    雷タイプ
    ピカチュウLV12
    エレブーLV35

    水タイプ
    パウワウLV12
    ジュゴンLV42
    コイキングLV8(ジュゴンの枚数が少なく、ギャラドスが多い場合のみ)
    ギャラドスLV41(ジュゴンの枚数が少なく、ギャラドスが多い場合のみ)
    フリーザーLV35(ジュゴンの枚数が少なく、フリーザーが多い場合のみ)




    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    以下チャート

    〇がついているのは戦闘

    チュートリアル終了後ヒトカゲと友達デッキを選択
    設定変更後日記を書き、つづきをあそぶを選択した瞬間からタイマースタート

    研究所
    デッキ編集
    草エネルギー×4in
    無色ポケモン4枚out

    右の研究員に話しかける(エネルギーをくれる)

    バトルクラブへ

    バトルクラブ
    ヤマグチに話しかける

    ファイアクラブへ

    ファイアクラブ
    デッキ編集
    in
    炎エネルギー×10
    闘エネルギー×10
    out
    雷エネルギー×8
    ガーディ×2
    ウィンディ×1
    ポニータ×2
    雷ポケモン全部

    〇ナツキ

    エレキクラブへ

    エレキクラブ
    〇ソウスケ

    〇トシヒコ

    デッキ編集(炎と闘)

    〇ユカ

    グリーンクラブへ

    グリーンクラブ
    〇ミサオ

    〇ハルナ

    アクアクラブへ

    アクアクラブ
    〇メグミ

    デッキ編集(雷)

    〇マリ

    〇シンタロー

    〇ウッチー

    ストーンクラブへ

    ストーンクラブ
    パソコンでパック開封(メール1,4)

    デッキ編集(草)

    〇タツロー

    〇ゲンゾウ

    デッキ編集(闘)

    〇ランド(わざと負ける)

    エレキクラブへ

    エレキクラブ
    〇タカハシ

    ファイアクラブへ

    ファイアクラブ
    〇アカバネ

    エスパークラブ

    デッキ編集
    コラッタ2枚in

    〇ミウラ

    〇ランド(わざと負ける)※弱いから注意

    左の部屋でミュウツーLV60を貰う

    サイエンスクラブへ

    サイエンスクラブ
    デッキ編集(ミュウツー単騎)

    〇ソウタ

    〇クルシマ

    グリーンクラブへ

    グリーンクラブ
    〇マサヒロ

    〇アヤコ

    イシハラの家へ

    イシハラの家
    クニミに話しかける

    バトルクラブへ

    バトルクラブ
    〇ヤマグチ

    グリーンクラブへ

    グリーンクラブ
    デッキ編集(炎)

    〇クニミ

    ポケモンドームへ

    ポケモンドーム
    デッキ編集(水)

    〇ヒロコ

    デッキ編集(闘)※ワンリキーLV20を1枚入れる

    〇スティーブ

    〇カネコウジ

    〇リュウドー

    〇ランド

    伝説のカード入手後の白画面で計測終了


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     
     以上がこのゲームのチャートとなります。

     私はこのチャートを使って45分39秒という記録を出しましたが、現在では状況再現を使用したチャートが走られたりとこの記録よりも速いタイムが存在します。
     このゲームはカードゲームであるという性質から、走るたびに戦闘内容や手に入るカードが変わったりと毎回毎回違った走りができるため、RTAを走っていて非常に面白い作品であると感じます。
     また慣れれば1時間程度で終わることから、気軽に走ることもできるためこのチャートを読んで少しでも興味がわいた方はぜひ走ってみてはいかがでしょうか。おすすめです。






















    「みんなもRTA走ろう!」




                                          おしまい
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~











     





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。