ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

黄色い看板が目印の伝説の牛丼を味わってきました! 東京都千代田区外神田「牛丼専門サンボ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

黄色い看板が目印の伝説の牛丼を味わってきました! 東京都千代田区外神田「牛丼専門サンボ」

2018-01-29 20:45



    どうも、あかわです。
    今回は東京秋葉原にある「牛丼専門サンボ」へ行ってきました。

    こちらは数々の伝説的なエピソードを持つお店で、
    私もずっと行きたかったのですが、運が悪いのか毎回のようにお店が閉まっていて
    今回ようやくはじめて訪れることが出来ました!ヾ(*´∀`*)ノ

    最初に断りをいれておきますが、今回は店内での携帯電話・スマートフォンの使用が最小限とされている関係上、あまり写真のバリエーションはありません(食べている最中に撮影していないので)






    牛丼・並(480円)

    注文は券売機による食券制で、今回は初めてなので牛丼の並を注文。

    メニューは今回いただく牛丼・並の他に牛丼・大盛り(580円)
    お皿(530円)牛皿(730円)、それに卵・みそ汁(各60円)となっています。

    食券を購入し、カウンター席を促されたのでそのまま席に着き、しばらくして着丼。






    さて、サンボの牛丼・並ですが他店の並盛りとは比べ物にならないほどの肉の量です。
    というか丼自体もなかなかの大きさだと思います。(写真は真上から見た図)






    そんな大きな丼いっぱいにこれでもか!と言わんばかりにギッシリと詰め込まれた白飯。
    このボリューム、これが、伝説とまで謳われた牛丼専門サンボの牛丼。
    期待に胸を膨らませて……

    (゚д゚)うめえええええ!!!!!

    少しかために炊かれたご飯と厚みのある牛肉が絡まってまさにベストマッチ!
    タレがしっかり染み込んだ柔らかい玉ねぎもいい感じ。
    とにかく肉が多いので、肉だけ先に無くなるとかそういうことは一切ないです。
    ご飯も本当に美味しくて、やっぱり丼物ですからご飯そのものの美味しさも大事ですよね。






    最近は牛丼チェーン店の牛丼の味も確実にレベルアップしていて私は特に松屋を利用することが多いのですが、サンボの牛丼はそれらを軽く凌駕していると思います。
    丼いっぱいに盛られたご飯と、その上を覆うようにたっぷりと載せられた牛肉。
    少し玉ねぎが少なめですが、牛丼は牛肉を食べるために注文しているのですから問題なし。

    秋葉原は訪れるたびに飲食店が増えていて、そのレベル自体も年々上がっているために
    あえて牛丼だけを求めて訪れる理由は皆無だとおもうのですが、
    それでもこのサンボの牛丼は、一度は味わってみる価値は大いにありますヾ(*´∀`*)ノ

    美味しい牛丼、ごちそうさまでした!



    【牛丼専門サンボ】
    住所:東京都千代田区外神田3-14-4
    営業時間
    月~金曜日:11:30~19:00
    土日・祝日:11:30~17:00
    定休日:不定休
    最寄り駅:JR秋葉原駅・銀座線末広町駅

    ケルベロスブレイドやってます。
    http://tw5.jp/main/

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。