【フジ】『戦う!書店ガール』初回6.2%
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【フジ】『戦う!書店ガール』初回6.2%

2015-04-15 15:40

    人気アイドルグループ・AKB48の渡辺麻友と女優の稲森いずみがW主演する関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『戦う!書店ガール』(毎週火曜 後10:00)の初回が14日に15分拡大版で放送され、平均視聴率が6.2%だったことが15日、わかった。NHK、TBS系でも同時間帯に連続ドラマを放送する激戦区。NHKの『美女と男子』は6.8%、TBSの『マザー・ゲーム カノジョたちの階級』は9.8%だった。視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区。

     『戦う!書店ガール』は、碧野圭氏の小説シリーズが原作。舞台は老舗書店「ペガサス書房」。ネット書店の台頭などから、書店が経営的にも厳しさを増している中、本に救われた経験をもつ、書店員の北村亜紀(渡辺)と副店長の西岡理子(稲森)を主人公とする職業エンターテインメント。

     「結婚より、仕事や夢!」と気が強くて自由奔放な亜紀と、仕事にプライドを持って働くうちに婚期を逃してしまった理子。ふたりの間にあるのは、23歳と40歳という世代間ギャップや「コネ入社のお嬢様」と「たたき上げの苦労人」という境遇の違い。そして異なる性格や経験から生まれる、仕事や恋へのアプローチの違い。何かと異なる“水と油”の2人が、仕事、恋愛、人生と果敢に戦う姿を描く。

     渡辺は、ゴールデン・プライム帯(後7:00~11:00)の連続ドラマ初主演。メガネをかけた書店男子・三田孝彦役に千葉雄大、亜紀に一目ぼれをするコミック編集者に大東駿介、女子2人の奮闘を見つめる謎の男に田辺誠一、ペガサス書房の書店員役で鈴木ちなみ、伊野尾慧、濱田マリらが出演す

    AKB48渡辺麻友「戦う!書店ガール」は大成功だ


    AKB48の渡辺麻友(まゆゆ)が稲森いずみと共演で

    主役を張る「戦う!書店ガール」を見た。

    書店というから地味な話かと思ったが、なんという面白さ!

    「本」への愛情が炸裂した、そして感動的なエピソードも
    盛り込んだ素晴らしいドラマじゃないか!

    わしが無類のまゆゆファンであることを抜きにしても、
    見たら確実に元気になれる今季一番のドラマかもしれない。

    それにしても期待以上のまゆゆの演技の上手さ!
    存在感!美しさ!

    あの圧倒的に輝くまゆゆ特有の笑顔を
    たっぷり見られた。

    怖いものなしの突進力を発揮するお嬢様キャラの
    爽快さが、まさにまゆゆの純粋さにぴったりだ!

    これほどまゆゆの魅力を全面的に
    見せてくれるとは驚いた。

    まゆゆの初主演作としても大成功のドラマだ。

    しかもまゆゆ本人が歌う主題歌「出逢いの続き」も、
    今までで一番の名曲だ!

    もっとしっかり聴きたい。早くCDが欲しい。

    渡辺麻友はこれでアイドルを一歩超えた。

    わしが大好きだった田中好子(キャンディーズのスーちゃん)
    のような、清潔感のある女優に育っていけばいい。

    最近AKBグループに興奮させられることがあまりないが、
    このまゆゆの劇的な進化には久々に興奮した。

    今季のドラマを一応チェックしているが、今のところ、
    「戦う!書店ガール」が一番だな。


    小林よしのりオフィシャルwebサイト」・・・http://yoshinori-kobayashi.com/7429/
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。