ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

朝起きてまずTV視聴やネットをする習慣をやめよう
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

朝起きてまずTV視聴やネットをする習慣をやめよう

2021-07-30 09:47

                     はじめに

     東京五輪が始まって、普段スポーツあまり見ない人でも見るようになったと思います。一生にあるかないかの自国開催ですからね。五輪を楽しむのはいいのですが、どうしても長時間あるスポーツが多いので最初見てしまうと最後まで見てしまいます。サッカーなどとなるとおよそ前後含めて2時間にもなります。しかも、それが連日開催されています。五輪で寝不足や、生活リズムが狂ったという人は多いと思います。これは将来的にもあまりよくありません。
     今回は、この時期崩れやすい生活リズムについて独断と偏見で解説していきます。


          ◇ 朝何をするかで今日が決まる 起きてTVをつけるのはよくない ◇

     午前中も五輪の競技をやっているので、朝起きてすぐTVをつけちゃう人も多いと思います。五輪じゃなくてもそういう習慣になっている人も多いでしょう。前の記事にも書いたとおり、朝は脳のゴールデンタイムです。感情的にもなりにくく、作業が捗る時間です。これを失うことはもったいないです。なので、朝起きての娯楽は後にとっておきましょう。まずは脳を働かせることです。私は朝起きて、軽い食事を取り、掃除や洗濯、勉強などを優先させます。時々運動などもします。昼間や夜やるより、断然捗ります。午前中にやることをやって、午後好きなことをするやり方でもいいでしょう。
     習慣で朝起きたらついTVやネットをずっと見てしまう。といったことを続けると生活リズムは狂うし、だらけた生活になりやすいです。なんでも言えることですが、先にやるということが大事です。やることをやって、後で存分に遊びましょう。

             ◇ 無理してでも環境を変えて気持ちを明るくする ◇
     
     なんか分からないけど気分が沈むことはあると思います。日々の体調、ストレスや人間関係なども当然影響してきますが、周りの環境のせいもあるのではないでしょうか。
     私は雨の日など天気悪い日は気分が落ち込みやすいです。やはり晴れている方がスカッとします。運動も晴れている方が気持ちがいいですしね。なので、太陽の光は重要なんだと思います。今の時代は、人目を気にするのか、カーテンを閉め切って閉鎖的な空間で生活している人が多いと思います。できるだけカーテンなどを開けて、日光の入る空間にしましょう。それだけ部屋の雰囲気がだいぶ違います。あと、掃除も大事です。汚い部屋にいたら心も汚くなります。めんどくさいかもしれませんが、定期的に掃除をすることは必要です。模様替えや部屋の配置も変えるのもいいでしょう。気分転換になります。何かうまくいかないとき、気分を変えたいときというのは、自分より周りの環境を変えることでやりやすくなります。

                 ◇ 今日何を残すかを意識する ◇

     毎日同じような生活を送っていると、自分は何の為に生きているんだとか考えがちになります。そこから無気力になったりもします。私的な考えですが、生きている以上自分の生きた証を残すことです。例えば、こういう自分の意見をブログに書いたり、生放送をしてみたり、作詞や作曲してみたり、何か動画を作ってみたり、作品を作ることです。それをネットにアップしたりして意見を聞くことも大事です。そうやって自分の記録や作品を残すことで、案外生きる希望が湧いたりします。後で振り返るのも楽しいものです。
     今日何をやるか、何を残すか、何を作るかなどを意識して生活しましょう。


           ◇ 何をするか決めて時間になったらやめる習慣をつける ◇
     
     世の中いろんなものが溢れています。やりたいことがたくさんある人も多いと思います。勉強したい、ゲームしたい、映画みたい、動画みたい、遊びたい、いろいろあります。でもやる時間がありません。人生経験も大事です。そこで、計画というものが必須になってきます。しかし、計画しても守れなかったり、流れで時間オーバーとかよくあると思います。作業1時間だけのつもりが、2時間してしまったりよく私はあります。なので、アラームなどで時間をセットして、何時にやめるということを遵守しましょう。できなかった分はまたできるときに回せばいいのです。そうすることで、たくさんのやりたいことできるようになります。人間の集中力には限りがあります。長時間しても効率が悪いだけです。小刻みでもいいので、分割してたくさんのことをやることです。

                  ◇ 声を出す習慣をつける 

     今の時代は、電話よりもラインなどを使っての連絡の方が多いようです。コロナで直接話すことをしにくくなった今余計そうかもしれません。なので、声を出すということが減っています。ですが、思ったことは文章にするより口で言った方がスッキリしますし、会話力も身につきます。
     人前でしゃべったり、人と会話することはみんなが思っている以上に重要です。そういうコミュニュケーション能力がないと将来、会社や学校などでうまくいかないからです。
     あと、表情も重要です。結構無表情で淡々としゃべる人って多いですよね。多分人に言われたりしないので自覚していないんだと思います。前の記事にも書きましたが、自分のしゃべっている動画を撮って、人前ではどう映っているかを確認することも必要です。一度撮ってみてください。最初は変な人に映ってもう見たくないと思うでしょう。でもそれが自分が変わるチャンスなのです。人は気づきが大事です。自分の落ち度に気づけるか気づけないかで人生が決まると言っても過言ではありません。
                
                     〇 最後に 

     習慣というのはやっかいなものです。特に何も考えずにやってしまうので、ずっと続けてしまいます。そこに好きとか嫌いとかいう感情もさほどもないです。惰性でやっているだけのことが多いです。TVやネット、間食などがあげられるでしょう。いまいちど毎日やっているこの行為が本当に必要かどうか考えてください。
     多くの人は人がやっているから正しいと思いがちです。例えば、ラーメン屋などで並んでいてもそこがうまいとは限らないし、パチンコ屋で行列が出ていても出るとは限らないし、ホームで人が待っていても、次の車両がそこに来るとは限りません。人がいるから正しい、人がしているから正しいという判断はやめましょう。そういう判断ばかり続けていると、将来一人じゃ何もできない人間になり、なんの判断もできず、周りの助けがないと生きていけない人間になります。独創性も生まれません。今の時代は特にオリジナリティがないと注目されない時代です。傍観者ではなく、事の当事者になることが悔いの無い本当の自分の人生なんだと思います。
    でわ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。