0602 仕事に行きたくない理由  ◇人間関係と職場環境◇
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

0602 仕事に行きたくない理由  ◇人間関係と職場環境◇

2019-06-30 06:06

                      はじめに

    どこにいっても耳に入ります。仕事行きたくない、休みたい、辞めたい。自分もそう思います。なぜそのような考えに至るのか考えてみました。

                  ◇嫌な人、苦手な人がいる

    まずこれだと思います。会社では多くの人間と関わらなければなりません。その中ではいろんな人がいます。温厚な人しゃべる人、怒る人優しい人などです。なので誰かしら嫌な人、苦手な人は絶対にでてくるはずです。例えば、いつも怒る人です。昔は怒る人は多かったです。そうやって教育されることが普通だったからです。でも時代は変わり、会社によりますが、怒って教育する方法はあまりしなくなりました。いろんな会社で働いてきてそれは感じます。なのでその環境の中で怒る人がいるとかなり目立ちます。怒られると、自分がみじめになります。周りが的に見えます。そうやってやめたくなるのです。
    そのほかに、生理的に嫌な人や、コミュニュケーション取りづらい人や、仕事しづらい人などがいるでしょう。異常に細かい人なんかもいます。そういうクセのある人物がいることで仕事しづらい環境になっているのです。

                   ◇職場の雰囲気が悪い

    会社によって雰囲気が違います。静かな会社、なごやかな会社それぞれです。いつも怒号が飛んでいる、喧嘩している、殺伐としているなんかがあると思います。その中でよくある会社が、冷たい会社です。冷たい会社とは見て見ぬふりをする会社です。新人が何をやっていいか分からないのに、放置している。間違ったことをやっているのに放置している。放置しているくせに何かあると怒ります。そういうことなのです。毎日新人が入ってきて、かまってられないというのもあるでしょうが、最初からそういう冷たい態度であしらわれると会社に行きたくなくなるのです。

              ◇ロッカー、更衣室、休憩室などが満足でない

    人間関係が大半でしょうが、職場の待遇も辞めたくなる原因の1つではないかと思われます。
    まずはお金のことが第一でしょう。時給が安い、交通費があまりでないもしくは安いなどです。でも結構会社の施設も重要だと思います。例えばロッカーや更衣室です。日雇いバイトをやってきて感じるのですが、ロッカーがあるとこ無いとこあります。更衣室がせまかったり、窮屈だったりします。ロッカーなんかはほんとうに大事です。会社にはいろんな人間が出入りする為、どんな人間がいるのか分かりません。自分の荷物を安心して置けるロッカーは重要なのです。
    それと、休憩室です。広いところとせまいところがあります。せまいところは、知らない人と隣同士で食べないといけないということもあります。特に日本人はそういうところに敏感な人はいるでしょう。一人でゆっくり食べたいと思う人が少なくないはずです。休憩室や食堂は広く、ゆったりとしているところがいいのです。
          
                ◇職場の寒い暑い、臭い、汚いなど

    食品工場などに行くと、寒いところもあります。冷蔵室や冷凍室があるところもあります。逆に空調が満足でなく暑いところもあります。そういう環境が嫌な人も多いはずです。
    あと、臭いがあるところも少なくはないです。
    臭う食品を作っているところや、油の臭いがするところなどです。慣れるかもしれませんが、慣れない人はきついです。
    トイレや施設が汚いところもあります。掃除がなってなかったり、商品や機械、資材などを雑に置いているところも少なくないです。特にトイレです。トイレが汚いとこは会社全体が汚いですね。

                  

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。