◇日雇いが馬鹿にされる理由◇
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

  ◇日雇いが馬鹿にされる理由◇

2019-07-06 02:49
    0605
                     はじめに

    日雇いバイトをやっている方なら誰でも一度は感じること。それは、下に見られている感、馬鹿にされている感です。会社では階級や地位ってものがあるので、しょうがないことかもしれません。会社によりますが、現実に日雇いはバイトやパートより、多少粗悪な扱いを受けます。一日や短期間の契約とはいえ、ありえない扱いを受けることもあります。どうしてそんな扱いを受けるのか、馬鹿にされるのか、理由を検証していきたいと思います。


                 ◇個性的な人が来やすい

    基本日雇いは誰でもOKです。なので様々な人が来ます。学生の人、既婚者の人、年配の人、フリーターの人、就職活動している人、ニートだったもしくはしばらく無職だった人などです。やはり人間です。例えば、ルールを守らない人、おしゃべりな人、独り言を言う人。それから理解力の無い人、おかしな行動をする人、そんな人も少なくありません。そういう個性的な人が1人でもいると、日雇い全体として見られるのです。口に出しては言わないですが、ミスをしたら真っ先に日雇いのせいにされたり、またなんかやってるわとか思われているはずです。そんなことが日常的に起こっている為に日雇いと仲良くしよう、雑談してみようとしてみる人はほとんどいません。一線距離を置いている状態です。
    基本的に誰でもOK。そんな条件で雇っているのだから、いろんな人たちが来ることが当然です。会社側もそれを頭に入れて、どんな人が来ても適切に対処し、快適に仕事できる環境を作ることが必要です。

               ◇ルールや言われたことができない

    会社ではいろんなルールがあります。時間はもちろん、入ったらいけない場所、身に着けたら行けないもの、持ってくるもの等です。それが緩いルールのところもあれば、厳しいルールのところもあります。なので緩い会社で働いていた人間が、そのままの感覚で厳しい会社に行くと痛い目にあいます。注意や叱責を受けやすいです。よくある例が、遅刻や欠勤したり、休憩時間を守らないなどです。会社側からの人間からしたら、なんで時間を守らないの?なんで言われたことができないの?馬鹿じゃないの?というところまでいきつきます。そういったことから日雇いはやっぱダメだと馬鹿にされるのです。でも初めて、慣れない会社だからそういうことは当然起きやすいのです。でもそれは理解されないのが現実です。

       
      ◇日雇いが馬鹿にされていることで、バイトやパートの存在意義が上がっている


    日雇いをやってきて思うのが、私たちが馬鹿にされていることで社員、バイトやパートの人達の存在意義が上がっていることです。どういうことかというと、会社というのは地位があります。例えば社長、部長、課長、社員、バイトやパートという階級です。少なからず上下関係はあります。自分の方が地位が偉いのだから指示をする、従わせる。上の人の命令に社員やバイトやパートが従う。当然のことです。でも最下層のバイトやパートの人達は、自分より下の立場がいない為、その権力をバイトの中の先輩という立場でしか効力を発揮することしかできないのです。でも唯一、十二分に発揮できることがあります。それは日雇いに対してです。日雇いは初めて来る人、慣れてない人などが多いために、通常の固定のバイトより仕事できない人が多いです。なので日頃バイトやパートで地位が低い立場の人でも、指示したり、注意したり、馬鹿にすることができます。そういうことで、バイトやパートの人達のモチベーションにつながっている気はします。

                      最後に

    表現が悪いかもしれませんが、大半の人間は人を見下すことができるから生きていけるのです。景色だってそうでしょう。上から見上げるより、下から見下ろす方が気持ちいいのです。民衆を見下ろす王様みたいなものです。
    特に会社というのは、教える人間、教えられる側の人間関係がしっかりできていて秩序が保たれています。その均衡が崩れると、今まで以上に不満が溜まり辞めて行く人が増えていくでしょう。その犠牲的な役割を新人バイトや日雇いが受けているのです。それが社会の仕組みであります。いわば、先輩面できるから自分の存在意義があるのです。
    こんなことを書くと、働くのが嫌になるかもしれません。でも社会というのはそんなものなのです。弱者がいて強者がいる。従わせるものがいて従うものがいる。こういう仕組みなんだ、当然なんだということを頭に入れ、割り切って、できるだけポジティブな思考で仕事をしたほうがいいです。そこに感情を持ち出すと、憎しみや自己嫌悪に陥り、おかしなことになっていしまいます。
    自分の立場というものを理解し、その立場で何ができるか、何をしちゃいけないか、そいういうものを深く考えいろんなことに取り組むことが必要だと思います。
      

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。