◇日雇いバイトで苦痛なく気楽に働くには◇
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

◇日雇いバイトで苦痛なく気楽に働くには◇

2019-07-16 02:24
  • 6

                はじめに

日雇いバイトの最大のメリットと言えば、一日だけの契約だから今日だけだと割り切ってやれることです。これでもいいのですが、今日だけじゃなく次も働きたいと思えるようなところでやりたいですよね。次も働きたいと思える会社に目星をつけておくことで、時間があいたときや仕事したいと思った時にスムーズに決めることができます。
日雇いバイトをやる上で、一番不安なのが行ったことのない会社に行くことです。結構、最初は分からないことだらけで苦痛だけど2回目行ったらなんでもないということも多いです。逆もありますが…。日雇いにいいところなんて少ないですが、何かしら自分にあった会社があるはずです。そういう、いつでも行ける日雇いの会社を決めておきましょう。

          ◇人間関係はあまり考えないようにする

日雇いバイトを通い続けて特に感じるのが、みんなが敵に見えることです。初めてくるところなんかはこのアウェー感がぱないです。そこから逃げ出したいと感じます。しかし、私たちはおしゃべりや癒しを求めに来ているのではないのです。働いて時間までにいて、給料を貰える条件をクリアしにやってきているのです。それが前提です
よく、ここは雰囲気が悪い、誰もしゃべらない、人間が冷たい、とかそういうことを感じやすいですが、ほとんどの会社はそう感じます。一日だけ行ってみても会社は分かりません。学校じゃないんですから、別に友達や話し相手を作る必要もさほどないです。いろんな人がいるわけですから、妙な人に関わるかもしれません。なので、先ほどの前提を最優先にして会社にいればいいのです。むしろ、誰もしゃべらない、みんな孤独なんだと思ってかえってやりすいのかもしれません。

           ◇いかに苦痛なく時間が早く立つかが勝負

仕事なんて好きでやっている人はほとんどいません。ということは、いかに時間が早く過ぎるかが勝負なのです。なのでこれは仕事内容が深く関係してきます。時間が早く立つ仕事というのは、つっかえつっかえで仕事をしないところだと思っています。つっかえつっかえとは、ある仕事をやって終わる。そして待機。仕事ができたらやる。終わる。待機。これを繰り返すみたいな感じです。結構日雇いバイトにはこれがあります。こんなことをやっていると先が見えないし、時間がすごく遅く感じます。特に食品工場なんかがこういうのが多い気がします。
これは割り当てられた仕事次第で決まります。運次第かもしれません。なのでいろんな会社に行き、これは自分にあってて時間が立つ仕事というのを探すことをしたほうがいいかもしれません。

           ◇体に負担がかかる仕事は極力しない

日雇いでよくあるのが、力仕事です。引っ越し、事務所移転、移動作業、荷揚げなど日雇いには多くの力仕事の求人があります。でも、軽作業と書いてても結構な力仕事をさせられることもよくあります。まあそういうのは比較的男性がやる傾向にあります。ですから、軽作業でもそういうのをさせられるわけですから、仕事内容によると思いますが、引っ越しなどの力仕事はかなりハードのものが多いと思われます。力が無い、腰が悪い人は避けたほうがいいでしょう。
体を壊してはもともこうもないです。ちょっと年を取ると、肉体労働をした次の日以降に腰に来たり、体が痛むこともしばしばです。自身は力もなく、腰もあまりよくありません。なので体の負担がかかる仕事は避けるようにしています。

        ◇軽作業と書いていても力仕事の確率が高いキーワード

自身の経験上、軽作業と書いていても力仕事をさせられる可能性が高い仕事はだいたい分かるようになりました。そのキーワードを解説していきます。

飲料

求人には飲料のピッキング、仕分け、検品みたいなことを書かれています。これを見てどう思いますか?こういうので働いたことが無い人は簡単そうだな、楽そうだなと思うかもしれません。しかし、この飲料というのが曲者です。飲料というのはほぼケースと思っていてください。24個入りのペットボトルのケースや、2リットルの6本入りのケースなどです。これをひたすらピッキングしたり、仕分けしたりします。8キロぐらいはあるのではないでしょうか。これをずっとやるとなると結構きついです。腰にも負担がかかります。まあでもこういう仕事でも平気な顔でやってる人もいます。人によるとは思いますが、自身は一日だけならいいですが、いつもは勘弁ですね。

             ◇特に雰囲気が悪く感じやすい仕事とは

雰囲気。
雰囲気なんて考えるなと言ってきましたが、多少は雰囲気のよいところでやらないと続かないです。きつい仕事でもこの雰囲気が良ければこなせたりもします。雰囲気が良いところは分かりませんが、悪く思える仕事はだいたい分かってきました。

食品工場

食品工場ではだいたい、白衣を着て、帽子をして、マスクをします。なので目だけというところが多いのです。名前が無ければ誰が誰だか区別がつきにくいです。そういうのが、話しかけづらく、怒っていなくても怒っているように感じます。私生活でもそうですよね。マスクしている人と、していない人じゃどっちが話しかけやすいですか?当然後者ですよね。そういうことなのです。なので慣れない人や初めて来る人は全員が冷たく感じます。それに、こういう食品工場関係には年配の女性が多い傾向にあります。なのでと言ったら変ですが、すぐ怒ったり、若い人には冷たくあしらう人も中にはいます。
基本人手不足のところが多いので、段取りが悪いところが多いです。つっかえつっかえで作業したり、待機させられたりということも少なくははないです。
それに、出入りがめんどくさいです。いちいち決まったところを通らなければいけなかったり、場所が分かりにくいし、ルールも細かで、いちち手を洗って入出したり、トイレも容易に行けません。
まあ慣れですが、こういうのが食品工場に人が集まらない原因かと思われます。

                まとめ

簡単に言いたいことをまとめれば、
日雇いバイトに人間関係を追及するな、時間が早く立つ仕事を見つけよう。体力の無い人や、体を痛めやすい人は力仕事は避けるべき、軽作業でも飲料と書いてあるところは警戒しよう、食品工場は基本的に雰囲気が悪く感じやすいってことです。まあ自身の独断と偏見です。でも何度も行っているので間違ってはないと思います。日雇いバイトの多くのところは名前で呼ばれることはありません。ただの使い捨ての駒なのです。期待もさほどされません。なので他の人以上に一生懸命頑張ってもさほど意味はありません。そのへんは意識の違いや自己満足です。仕事はやるけどやりすぎない、かといってやらなさすぎない。そういうスタンスが日雇いバイトで苦痛なく気楽に働くコツだと思います。

                                      0608
広告
×
今もあるのか知らんけど、引っ越しのアルバイトもやめた方がいい。
体力・精神力が常人の倍以上あると言い切れるなら良いけど、そうでないなら待っているのは本物の生き地獄だから。
3ヶ月前
×
コンサートやイベント系の設営と撤収
基本楽で軽いもの持つ作業は企画元社員がやるし仕切りの段取り悪い会社なら重たいもん持ってウロウロ・・
出入りの業種が多いと怒鳴り合いは茶飯事w
場合によっちゃ音響機材とか高価なモンも多いから怖いし
開催中限定なら多少マシでも仕切ってるバイトリーダーw次第で人間関係激悪だったり・・
甥っ子に聞いたら20年前から業界の状況ほぼ変わらずで草
3ヶ月前
×
日払いで募集かければいくらでも人は集まると、たかをくくっているこの業界もあと数年で淘汰されるでしょう。
物流は派遣OKなのに人が来ません。警備は派遣禁止なので更にきびいしい。団塊もあと数年でいなくなるしね。
建設はもう終わる。
日雇い=奴隷、としてしか見なかったツケがくるよ。
後は日本語ができない人の溜まり場になるだけさ。
3ヶ月前
×
もう時代は日雇いよりも障害手当+された生活保護になってる。
働いても全然報われない時代
3ヶ月前
×
レンコンw
3ヶ月前
×
※3 氷河期が肉体労働できなくなるあと15年位はまだ無理だろ。死んだ目をしたオジサンはそこら中に居る。
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。