◇ダメなやつがやるべきこと◇
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

  ◇ダメなやつがやるべきこと◇

2019-08-19 22:49

                    はじめに

    あいつダメだなあ…。
    そう思ったことはあるでしょう。しかし、それはあなたも思われているかもしれないのです。人生はそうやって周りを見下して、自分は周りより特化した人間だと思えることで生きている節もあります。そうやって競争し人間は成長できるのです。でもダメなやつはいつまでたってもダメなやつも多いです。しかし、今は平和で豊かで周りが優しいのでダメな人間でも幸福を得ることもできます。そういう人生でもいいかもしれませんが、私は否定します。それはなぜかというと、自分がダメなやつで数多くの屈辱的な思いをしてきたからです。今でもダメなやつかもしれません。しかし、若い頃に比べて今はダメなやつだと思われなくなっと感じます。それは仕事などで特に感じます。ダメなやつでも成長できるのです。今回もお得意の主の独断と偏見で、ダメなやつから抜け出す方法を解説していきたいと思います。


                 ◇ダメなやつの特徴

    私の思うダメなやつの特徴です。

    事あるごとに落ち込み、怒り、妬み、その感情に無駄な時間を費やす

    欲に溺れる、調子に乗りやすい、周りに流されやすい
    先見性がなく、行動力がない

    まあこれは誰でもあると思います。①が主ですね。こういうのが顕著に表れているのが所謂、世間一般に言われてるダメなやつだと思います。人間は感情があるからある程度は仕方ないです。でも感情的であることは自分の成長や可能性を妨げることも多いです。それは、日頃の行いや訓練で抑制できるとは思います。次で解説していきます。

                ◇ダメなやつは知識や技術を磨く

    ダメなやつは所詮ダメなやつです。何をやっても馬鹿にされ見下されます。そんな人間が他の人より勝れるには、人の知らないことを知ることと、人のできない技術を得ることです。所謂知識と技術を得るという感じです。そうすれば周りも認めてくれます。自分の好きな分野、好きなスポーツや趣味は何かしらあるでしょう。そういった知識と技術を磨いていかなければならないのです。そして、次はその知識や技術を得るための環境を整えましょう。

             ◇ダメなやつは意志が弱いので、家で勉強はするな

    誰にでもあると思います。勉強するぞ、資格取るぞ、そうやって勉強しても続かないこと。なんで続かないのか?そう言われたら私は、勉強をやる環境ではないからと答えます。
    なぜ学校という施設があると思いますか?勉強だけなら家でもできます。ネット環境があればどこでもできます。なぜ学校で勉強する必要があるのか?ズバリそれは、家や個人の環境で勉強をすると甘えが出てしまうからです。仕事でもそうです。仕事を自宅でやったらサボりますよね?学校や会社という、その勉強や仕事をする専用の場があるから人はやるんですよ。映画館でもそうです。みんなが見てるから見ようとします。テーマパークやゲームセンターでもそうです。遊ぶ場があるから遊ぼうとします。では家だったらどうでしょう?専用の場とは言い切れないですよね。いろんな誘惑があります。TVもあり、PCもあり、ゲームもあります。家族もいたりして集中できないでしょう。そんな環境で満足に勉強なんてできますか?できる人もいるでしょうが、私みたいなダメなやつはできませんよそんな環境では。なので、専用の場で勉強することが必要です。今は図書館などに学習室なるところも充実しています。大型のショッピングセンターとかでも自由に使っていい席もあります。そういうところで勉強や読書をしましょう。それに外で勉強することは緊張感がでます。周りに見られていると感じることも重要です。家では周りが見ていないから緊張感がなく、ついサボってしまうのです。

                 
                    最後に

    偉そうに語ってきましたが、私はダメなやつです。何をやっても長続きしなく、大雑把で適当な感じです。今もあまり変わってはいません。そんな私が昔より成長したなと感じることは、あまり感情的にならなくなったことです。昔は、前述に書いたような、事あるごとに落ち込み、怒り、妬み、その感情に無駄な時間を費やしてきました。それが、年のせいなのか、日頃の戒めとなのか分かりませんが、あまり感情的にならなくなってきました。動揺しなくなったとも言えます。あまり良くないことに聞こえるかもしれませんが、これは勉強や技術を磨く上では人より一歩上を行くスキルだと思います。なぜかというと、人間というのは感情で動きます。落ち込んでいるとやる気にならなくなったり、いいことがあるとやる気になります。そういう感情的になると、失敗や破滅に向かいやすいのです。今報道されている事件だってそうでしょう。たいていは感情的になって起こった事件です。
    私が考えるに感情というのは、人によって出やすい時間、出やすいきっかけがあると思います。それを避けていけば感情的になりにくくなるのです。私の場合は、仕事終わりの疲れているとき、夕方から夜にかけて、じっとしているときに感情が出やすいです。あと、孤独になっていると感じるときですね。なので疲れているときは基本何もしません。食べて寝るだけです。夜というのは考える時間じゃないと思っています。午前中が一番心身ともに安定している時間です。早く寝て朝起きればすっきりして、前向きになっています。
    私みたいなダメなやつは、自分の感情を知ることから始めなければなりません。自分は何で喜び、何で怒り、何で悲しむのか。当たり前すぎて意外にこういうことは考えません。でもこういうのを客観的に見ることが大切なのです。自分を分かっていないから、火に油を注ぐようなことをするのです。自分を知りましょう。まずそれが自分を変える一歩なのです。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。