• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 6件
  • [運営ニュース]「Windows Build2015」現地リポート放送枠変更のお知らせ

    2015-04-30 20:36  
    いつもありがとうございます、電脳空間カウボーイズのゴトー博士です。本日から5月2日にかけて当チャンネルにて放送予定でしたshi3zによる「Windows Build2015」現地リポートですが、現場の環境の問題により急遽shi3zの個人アカウントによる放送に変更となりました。放送時間など番組の詳細につきましてはツイッターアカウント、@shi3z(https://twitter.com/shi3z)をご確認ください。尚、アーカイブ動画につきましては近日中に当チャンネルにて公開予定ですので、今しばらくお待ち下さい。恐れ入れますが、何卒よろしくお願いいたします。

    記事を読む»

  • 秒速でカメラアプリが作れる! MOONBlock DXはこう進化した! ドットエディタも内蔵!

    2015-04-28 07:55  
     iPhone/iPadだけ持っていれば誰でもカンタンにネイティブ機能を使ったアプリが作れるMOONBlock DX、ようやくβ版が終わりつつあるというところまでやってきた。 リリースまであと一息だ! 今回、MOONBlockのネイティブ化に伴って重要なのは、「なにができるようになるか」と「どうできるようになるか」ということ。 今回サポートされるネイティブ機能は、バイブレータ、フラッシュライト、マイク、カメラ、ローカル通知だ。 そして新たに便利なネットワークキットが追加され、GoogleやTwitterと連動することも可能になってる。 たとえばこんな感じでカメラアプリが作れるこれを「RUN」すると、カメラが起動して 使用する範囲を切り取り、コメントして、Twitterにアップできてしまうのだ。 どうよこの圧倒的解りやすさ! これで解んなかったらもうしょうがないよ。うん。 さらにローカル通知
  • [運営ニュース]緊急企画 サンフランシスコより3日連続生中継!! shi3zによる「Windows Build2015」現地リポート放送のお知らせ

    2015-04-27 20:33  
    [※追記]現場の環境の問題により急遽shi3zの個人アカウントによる放送に変更となりました。放送時間など番組の詳細につきましてはツイッターアカウント、@shi3z(https://twitter.com/shi3z)をご確認ください。
    どうも、電脳空間カウボーイズのゴトー博士です。今週の運営予定をお伝えします。
    次回ニコ生は4月30日(木)14:00〜緊急企画「shi3z、15年ぶりにMicrosoftに招かれる!Build2015で明かされるWindows10の全貌とHoloLens」を放送いたします!!
    米Microsoftが毎年開催する開発者向けカンファレンス「Build 2015」。今年は4月29日〜5月1日の3日間サンフランシスコのモスコーニセンターで開催されます。今年はWindows10やHoloLens関連の注目度の高い発表が続き、25万円もするチケットがなんと1時間で完売し
  • 月と鼈 〜僕の人類補完計画 #2 Macintosh

    2015-04-21 00:08  
    509pt
    ■Macintosh
     初めてMacintoshを見たのは、小学校五年の胎内星祭りだ。毎年、新潟県黒川村で開催されている「天文ガイド」という雑誌のイベントだ。
     そこにMacintosh Plusが展示してあって、スペースシャトルのフライトシミュレータなんかを展示してあった。
     僕は初めて触るマウスに興奮して、結局夜通しMacintoshばかり見て星を見ることはなかった。Macintoshは、当時世界で唯一といっていい、シェルと呼ばれるユーザーインターフェース部分にグラフィカルユーザーインターフェースを内蔵していた。対するマイクロソフトは、白黒画面に文字だけのシェルだった。
     しかし当時は圧倒的にマイクロソフトの天下であり、Macは少数派だった。父親がもしPC-9801ではなくMacを買っていたら、僕の人生はもっと違ったものになっていただろう。
     なぜなら当時のMacintoshのプログラミングは大人でも根音を上げるほど、複雑で難しかったのだ。「使うは天国、作るは地獄」と言われた時代である。
     しかしこのマウスというやつ、ウィンドウというやつは誰が考えたのだろう。そう疑問に思った僕は、学校の隣にあった中央図書館に行って月刊アスキーのバックナンバーを探し漁った。
     それでマウスを発明したのはダグラス・エンゲルバート、ウィンドウやメニューといったグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)を考えたのはアラン・ケイという人物だということが解った。
     この頃、Macintoshはとても高価だった。たぶん100万円以上したのではないだろうか。一ドルが360円の時代である。大金持ちの家にしかない。
     それでもどうしてもマウスを使いたくて、マウスだけはどうしても欲しかった。お年玉と貯金を使って買った。この頃マウスは別売りだったし、それどころかマウスを接続するためのインターフェースボードも別に買わなければならなかった。14800円。いまでは考えられないほど高価だったのだ。
     それから僕は、GUIのアプリケーションをなにかひとつ書いてみようと思った。いきなりマルチウィンドウのシステムを作るのは無謀だ。だからまずとっかかりは、想像できそうなものから作ることにした。
     アイデアのもとになったのはHyperCardというソフトだ。作者はビル・アトキンソン。奇しくもMacOSのプログラマーと同一人物だった。
     
    ■HyperCardもどき
     附属中学校に上がって、月刊アスキーの記事でHyperCardというものを知った。HyperCardはワクワクするようなアプリケーションだ。全ての画面を「カード」に見立てて、最初はシンプルなカード型データベースとして機能する。今で言う、Accessみたいなソフトだ。
     しかし、HyperCardはただのデータベースではない。カードを複数つくり、ボタンを配置すると、ボタンを押すことで別のカードにジャンプすることができる。ボタンはひとつのカードにいくつでも置くことが出来て、簡単なクイズや迷路のようなゲームを作ることさえできるのだ。
     ちょうど、今のWebが、ハイパーテキストコンテンツの代表例であるが、当時はマウスでさえ珍しい時代だ。Webはまだ発明すらされていなかった。
     
  • 月と鼈 〜僕の人類補完計画 #1 最初のマイ・コンピュータ

    2015-04-20 23:56  
    509pt
    ■白い紙と黒い画面
     子どもの頃、夢中になったものは、白い紙だった。みんながゲームウォッチやガンプラに夢中になってる頃、僕にとって最高の玩具は、白い紙だった。ブルーのロゴがプリントされた包み紙で包まれた大量のA4用紙を父親が持ち帰る度に、僕は宝物をもらったような気持ちでそれを受け取った。
     白い紙に絵を描くのが大好きだった。白い紙に向かうと、頭がすっと整理されて、白い紙の上にぼんやりとした線が浮かび上がって来る。それを無我夢中でトレースして、形にした。僕はロボットや飛行機の絵を描くのが大好きで、いつも宇宙戦艦の絵を描いていた。
     ロボットは人型なので、描くのがとても難しかったそのうち、白い紙で遊ぶ方法を考えるようになった。鉛筆飛ばしや棒消し、陣取りゲーム、いろいろ遊んだ。ときには紙を幼稚園に持ち込んで、みんなで遊んだりもした。
     そんなとき、父親に連れていかれた長岡技術科学大学のオープンキ
  • 今話題のウェアラブル時計デバイスを使っていて思った、MOONBlockの次の解 /shi3z

    2015-04-10 11:47  
    102pt
     Apple Watchが予約受付開始らしくてザワザワしてますが、空気を読まない僕はLG Watch Rを購入した。 時計は丸くなければならない、とは思わないが、丸い液晶デバイスなんか珍しいから一台くらいは欲しい! そんなくだらない理由ではあったが、いざこれをつけてみると、思わぬ盲点に気がついた。  電池が持たない! 「いや、全然思わぬ盲点じゃないじゃん」と言われそうだけど、この「電池持たない」感は絶望的なのだ。 しかし腕時計はけっこう便利だ。 なぜなら・・・ 腕時計なら時間がわかる! ごめん、石投げないで・・・・ けど、これってけっこう重要な機能だということに、あらためて腕時計をしてみるようになってから思った。 というのも、携帯電話黎明期に僕は腕時計をしないというライフスタイルを試してみた。 結果的に、時間を確認したいことはあんまり頻繁にはなかったので、時間を確認する機能そのものは携帯で