• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 9件
  • 月と鼈 〜僕の人類補完計画 #5 家出

    2015-05-29 12:48  
    500pt
    ■家出
     そんな僕にも進路相談の季節がやってきた。
     その頃の僕は、マルチウィンドウシステムに強い憧れを持っていた。図書館でX-Windowの分厚い技術解説書を見つけて、それを頭からお尻まで読むのだった。
     X-Windowとは、MITことマサチューセッツ工科大学で開発されたマルチウィンドウシステムで、高価なUNIXマシンでしか動かないものだった。しかしマルチウィンドウは非常に魅力的で、カッコよく見えた。僕のような子どもは、想像だけでもマルチウィンドウを楽しむために、こうした技術解説書を読むしかなかった。
     これがなかなか面白く、特に驚いたのは最初の章が哲学から始まっている点だった。曰く、コンピュータにとって哲学はとても大事である、とりわけ多くの人々が使うであろうコンピュータ・ソフトウェアはしっかりした哲学的裏付けがないと散逸した汎用性に乏しいものになってしまう。哲学こそがコンピュータ・ソ
  • MOON女子yunyaのゲーム作り体験記

    2015-05-27 18:08  
    みなさんこんにちは、yunyaです。
    私は前回、初めてenchantMOONを使って「ハイパー絵本」を作りました。うさぎんとかーめの対決物語 (記事はこちら)
    絵本作りで使い方はだいぶ慣れましたが、まだまだenchantMOONを活用してやっていないことがあるみたいです。

    ゴトー博士(以下:ゴ博)「前回は絵本で次のページにリンクするっていうのをやってもらったけれど、最終的にはもっと複雑な、ゲームをクリアしないと絵本の次のページにいけないというようなものを作ってほしい。今日はまず簡単なゲームの作り方をやっていくというかんじで。」
    yunya(以下:yu)「はい!よろしくお願いします!」
    というわけで今回は、あのゴトー博士にenchantMOONを使ったゲームの作り方を教わってきたいと思います!

    ゴ博「yunyaさんはHackは知っている?」
    yu「Hack?あぁ、円を書いたときにLink
  • 月と鼈 〜僕の人類補完計画 #4 初めての投稿

    2015-05-22 12:46  
    500pt
    ■初めての投稿
     その頃から僕は、夜眠れなくなった。それは恐怖心だった。自分が一生、何者にもなれないのではないかという、恐怖だった。
    「あなたは100万人に一人の特別な才能を持った人間。でもそれは決してあなたが偉いんじゃない。それは神様があなたにくれた大切な贈り物なの。」「これから先の人生はあなたは自分自身のためではなく、あなた以外の大勢の人を幸せにして、みんなの未来をつくるのよ」
     忘れることにしていた子どもの頃の呪いの言葉がありありと蘇ってきた。僕は天才なのか?しかし天才のようなことは何もできてない。唯一、やっていることは、プログラミングだけだ。
     しかし、一体自分のプログラミングスキルがどの程度のものなのか、まったくわからない。とりあえず中学にも高校にも、いまのところ僕よりプログラミングできる人は先生を含めていなかった。じゃあ新潟県全体では?日本では?
     それで何か自分の実力を試さな
  • ご家庭で簡単に体験できるディープラーニングされた人工知能が超面白い!爆笑のその結果とは!? /shi3z

    2015-05-16 22:17  
    100pt
    さて、やはりディープラーニングがアツい!! ということで自分でもやってみたくなり、大阪に行くついでに機内でディープラーニングをやってみることにした。 なにやら難しそうな感じがしますが、一番難しかったのは「インストール」だったという、毎度毎度のトホホなオチ。だから簡単じゃなかった。大変です。大変だけど乗り越えるといいことがある。 ディープラーニング用のオープンソースとしてはいろいろあるらしいが、今はC++で書かれていてCUDA(GPUコンピューティング)にも対応しているCaffeというのが一番いいらしいので、それをインストールしようとするが、もうぜんぜんダメ。苦行。 最近は羽田空港のターミナルやJALの国内線でWiFiが使えるので、あれこれ試したけどとにかくMac OSX、特にYosemiteとかにインストールするのはけっこう面倒くさいということがわかった(あとで知ったけどCUDA7.0ならもうちょっと簡単ぽい?)。 もうこうなりゃヤケクソだってんで、ホテルの比較的高速なWiFiを使ってVMWareとUbuntuのイメージをダウンロード。これでようやく動くかと思ったら、もう難関に継ぐ難関。 基本的には公式の案内と阪大の方が書いたメモが役だったが、メモにも書かれてないへんなエラーにぶち当たってはネットでエラーメッセージを検索して対策するという泥縄な対応を繰り返した。21世紀に俺たちはなにをやっているのか。機械に学習させる前にまず自分が学習しなければならないという苦行。俺達は既に機械に働かされているのではないか。バイナリー配ってくれないかなあ、いっそのこと。 そんなこんなで無駄としか思えない苦労の末、ようやくインストールできた頃にはドタバタしてて夜になってしまった。まあ大阪に来たんだから新世界とか行かざるを得ないし そしてこちらのページ(OSX10.10でCaffeをインストール、リファレンスモデルで画像を分類)を参考にしながら実際に画像を分類するためのサンプルのネットワークを入手する。 ディープラーニングというからには、何かを学習する必要があるわけだが、何かを学習するのは非常に骨がおれる。具体的にはものすげーコンピュータパワーを必要とする。 そこで、Caffeを開発したカリフォルニア大学バークレー校のBVLC(Barkeley Vision and Learning Center)が予め学習し終わったニューラルネットワークを配布している。非商用だが、これを使うと改めて学習する手間(そしてお金)ナシでとりあえずお手軽に画像認識を試せるというわけだ。 そこでまず何を試そうかなと思ったんだけど、まあ普通の動物とかつまんないので、とりあえずenchantMOONの画像を見せてみた。 すると・・・ これ凄くない? こんなへんてこなものをみても「ハンドヘルドコンピュータ」って解るんだよ(でも47.7%だからけっこう自信なさげ) そして二位が「ギロチン(21.6%)」 ギロチン・・・まあ見えなくもない さらにバインダーが3.9% わからなくもないという結果になった。 もうこの結果だけで僕は大興奮。大興奮ですよ。 では人はどうだ?と思ってMOONつながりでMOON女子yunyaの写真を入れてみた。 さあ来い! 
  • 「スマートフォン&モバイルEXPO」でVRiderを体験する! コイツはヤバすぎる!あと美女はPVを集めるのに効果的

    2015-05-15 11:52  
    100pt
     今日まで東京ビッグサイトで開催されている「スマートフォン&モバイルEXPO」 まあ弊社も第一回からずっと連続で出展してる唯一のイベントですからね。 出してきましたよ さて今回の目玉企画は新製品のVRider。 4K超の動画を使用した圧倒的な臨場感のVRコンテンツ制作ソリューションである。 まあ似たようなものはいくつかあるのよ。 ただ画質が悪いのね。圧倒的に しかしVRiderは画質が圧倒的に良い! 何故か?  ジャーン これだ。 これを使うのだ。GO PROね。 キノコ型レンズとかだと画質が上げられないのよ。物理的に撮像素子の数を増やすしかない。 それぞれのGO PROが4Kだから、これを繋ぎあわせて動画のテクスチャを作るわけだけど、これを被ってみたときの臨場感はほんとに異常。 まるで幽体離脱してるみたい。 これは凄いわ。 前に藤井先生のところでSRやったときと同じようなことがもっと安くできるようになってる。 Oculusの解像度があがるともっといいだろうね。とにかく。 なんかひさしぶりに「これでコンテンツ作ってみたい!!!」と思ったよ。ほんと。 画質に関してはCTO水野拓宏の意地でもうギリギリのチューニングをしてる。 だからぜひ体験してみてほしいなあ。 あと面白かったのは、NTTデータの傘下に入った数理システムのデモ。 Visual R Studioというソフトで、統計解析言語のRをビジュアル言語化したもの。 いずれビジュアル言語をプロが使うようになる!という信念でMOONBlockを作ってるわけだけど、実際にプロが使うツールとしてビジュアル言語を商品化している会社がいくつかあって勇気づけられた。 MicrosoftのAzure Data warehouseも、Rと独自のビジュアル言語を使って機械学習できるらしい。 やっぱこれからはビジュアル言語だな。 特にRはデータフローで記述するからこういうビジュアル言語が向いてるのかもね 
  • MOON女子yunyaのハイパー絵本づくり体験記

    2015-05-13 18:46  
    みなさん初めまして。yunyaです。enchantMOON、みなさん活用してますか?ホコリをかぶっちゃったりしてませんか?・・・と言っても、私もenchantMOONって、よく知りませんでした。あるとき会社に行くと清水さんから「これでハイパー絵本作ってみて」と黒い端末を渡されて・・・「ハイパー絵本って何???ハイパーってwwwwww」と頭が混乱するやらおかしいやら。それでどうも周りの人に聞いてみると、ハイパー絵本っていうのはenchantMOONで作る絵本のことらしいのです。ところがここで大問題。実は私は絵がこの世で1、2を争うくらい苦手なんです。私の絵は、絵というよりも象形文字というか、ダイニングメッセージ的な、コナン君が推理を始めてしまいそうなものなので、「絵本なんか絶対ムリです」と清水さんにいうと、「ならば粘土を使ってみたら?」とアドバイスされました。「粘土?」どういうことなのかわか
  • 月と鼈 〜僕の人類補完計画 #3 Bio_100%

    2015-05-08 12:45  
    500pt
    ■Bio_100%
     高校生ともなると、回りの友達も次第にパソコンを買う奴が増えてきた。そうするとソフトの交換などを通して、交流することも増えて来る。
     「なあ、清水、Bio_100%って知ってるか?」あるとき同級生の一人が聞いてきた。
     「バイオ百パーセント?なにそれ?」
     僕は全く知らなかったので、そう聞き返した。
     「なんかさ、イトコが東京の専門学校に通ってて、そこでいろんなソフト集めてもってきてくれたんだけど、Bio_100%って人のゲームがメチャクチャ面白いんだよね。人なのかグループの名前なのかわからないんだけど」
     「え、マジ?見せてよ」
     それでそのまま彼の家に押し掛けた。
     「本当に凄いよ、俺の一番のお気に入りはね、この戦艦のゲーム」
     彼はそのままMS-DOSのコンソールからゲームを立ち上げた。
     「やってみ。面白いから」
     僕は席を交替し、そのゲーム画面を見つめた。
     
  • オシャレは本当に数値化できるのか!? ゴトー博士が実験する!?

    2015-05-07 18:04  
    どうもオシャレは数値化できるらしいという噂がある。 こちらのブログを参照のこと 本当に数値化できるのだろうか? そこでなんでも試してみなくては気が済まないゴトー博士が実際にオシャレを数値化してみたぞ! まず、普段のゴトー博士。 博士感ゼロ。 カジュアルを4K、キレイ目を7Kとし、アイテムの平均で割り、6に近いほうがオシャレらしい。 するとゴトー博士の場合、Tシャツ(4K)+ジーンズ(4K)+スニーカー(4K)+社員証(4K)=16を4で割ると平均4Kで、これはまぎれもなくダサい。 そこでジャケットを羽織ってみると・・・  なんか七五三みたいになってしまった。  社員証を省いたのでTシャツ(4K)+ジーンズ(4K)+スニーカー(4K)+ジャケット(7K)=19の平均は4.75K。まあちょっとマシになったかな。 ふーむ。なかなか手ごわいぞ。オシャレの道は ここでさらなるオシャレアイテム、機械式
  • ベールに包まれたMicrosoft HoloLensの弱点を大胆予想

    2015-05-06 08:54  
    500pt
    Microsoftの新しいHET(Human Enhancement Technology)であるHoloLensだが、デモが絶賛される一方で、異常なほどの秘密主義に閉口している。これは過去に例のないほどに厳重な警戒態勢であり、Microsoft社員でさえHoloLensを体験できた人間はごくわずかだ。たとえば、今回唯一、抽選がいらず並ぶだけではいれるHoloLensのセッションは長蛇の列ができていた。そして、これだけの人が詰めかけているにも関わらず、肝心のセッションには一台もHoloLensが用意されていないのだ。これはいったいどういうことだろう。基調講演で、Holo Lensのディレクター、アレックス・キップマンは「数百台のHoloLensを用意した」と語っていた。しかし、それならば、5000人しか参加していないBuild2015なら、一人30分としてもかなりの人が体験できるはずだ。当