• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 8件
  • 月と鼈 〜僕の人類補完計画 #10 溜池山王の怪人

    2015-07-31 07:00  
    500pt
    お知らせ この連載が2015/7/25発売の「プログラミングバカ一代」として書籍化されました。 連載には出てこないエピソードが満載された完全版です。 現在予約受け付け中です

    ■24時間でヒットゲームをつくる
     その頃の僕は仕事をしているつもりは全くなかったのだが、今振り返れば研究開発と人材集めと社内情報システム開発をしているのは立派に働いていたのではないかと思う。
     その頃の僕は、「なんで普通の人は週に2日も休んで平気なんだろう?週2日人より多く働くだけで、一年間で100人日も僕達は得をするのになあ」と考えていた。
     それに土日はむしろ仕事に集中できるめぐまれた環境だった。
     仕事といっても、遊んでいるだけだ。
     でも僕は本気で遊んでいた。
     あるとき、森が「清水、会社の携帯を新しくするぞ」と言って僕に新しい携帯電話を支給してくれた。
     「どうもネットが使える携帯らしい、それで遊んでみろ
  • 月と鼈 〜僕の人類補完計画 #9 ドワンゴ

    2015-07-24 07:00  
    500pt
    お知らせ この連載が2015/7/25発売の「プログラミングバカ一代」として書籍化されました。 連載には出てこないエピソードが満載された完全版です。 現在予約受け付け中です

    ■知らない肩書
     「清水くんももう終わりだねえ」
     IBMからセガに出向していた加来徹也は僕の新しい名刺を見て笑った。
     「いや、僕、知らないんですけど、アーキテクトって。なんの仕事ですか?」
     すると加来はさらに大笑いして、面白そうに僕を見た。
     「終わり。ドンヅマリ。おしまい。いまいくつだっけ?」
     「22ですが、どん詰りってどういうことですか?」
     「22なのにもう出世できないねー清水くん。どん詰りってのは、エンジニアとしての最終段階だよ。俺もアーキテクトだもん。セガの。シニアになってから一年でアーキテクト。おれなんか何十年か掛かったよ。いいねえ、清水くん」
     なおも加来は楽しそうに笑う。
     僕はアーキテクトと
  • 月と鼈 〜僕の人類補完計画 #8 Microsoft

    2015-07-17 07:00  
    500pt
    お知らせ この連載が2015/7/25発売の「プログラミングバカ一代」として書籍化されました。 連載には出てこないエピソードが満載された完全版です。 現在予約受け付け中です
    ■アメリカに行きたい
     あるとき僕はWebで公開している日記にこう書いた。
    ―――アメリカに行きたい。
      マサチューセッツ工科大学のあるアメリカに
      マイクロソフトのあるアメリカに
      ただ行くだけでなく、できればそこで働く人を見たい
      できれば働きたい
     すると翌日森からメールが来た。
     「パスポートを取れ。アメリカに行こう。Microsoftがお前を必要としている」
     そうして僕はアメリカにいくことになった。 ただブログに行きたいと書いただけで。 運命とは数奇なものだ。
     アメリカでは本社のことをヘッドクォーターズ、または単にHQと呼ぶ。
     なぜヘッドクォーターズが本部を意味するのかというと、クォーターは1/
  • 月と鼈 〜僕の人類補完計画 #7 Meltdown Tokyo

    2015-07-10 07:00  
    500pt
    お知らせ この連載が2015/7/25発売の「プログラミングバカ一代」として書籍化されました。 連載には出てこないエピソードも満載です。 現在予約受け付け中です■Meltdown Tokyo

     DirectXのチームは、Microsoftの中でも異例中の異例、変人のなかの変人だけで構成されていた。
     なにしろ開発計画について誰にも許可をとらずに進め、ビル・ゲイツすら存在を知らなかったチームなのだ。ビル・ゲイツは当時WinGという、別のゲーム開発のための仕組みを推進していたが、DirectXはそんなまどろっこしいものじゃなくてゲーム開発者はWindowsをバイパスしてダイレクトにハードウェアにアクセスしたいんだからその方法を提供しろよ、という野蛮すぎる発想の賜物だった。

     ソフトウェア・プラットフォームのなかでも最も身近なものはOSである。
     近代のOSはセキュリティを第一に考えて進歩し
  • 月と鼈 〜僕の人類補完計画 #7 Meltdown Tokyo

    2015-07-10 07:00  
    500pt
    お知らせ この連載が2015/7/25発売の「プログラミングバカ一代」として書籍化されました。 連載には出てこないエピソードも満載です。 現在予約受け付け中です■Meltdown Tokyo

     DirectXのチームは、Microsoftの中でも異例中の異例、変人のなかの変人だけで構成されていた。
     なにしろ開発計画について誰にも許可をとらずに進め、ビル・ゲイツすら存在を知らなかったチームなのだ。ビル・ゲイツは当時WinGという、別のゲーム開発のための仕組みを推進していたが、DirectXはそんなまどろっこしいものじゃなくてゲーム開発者はWindowsをバイパスしてダイレクトにハードウェアにアクセスしたいんだからその方法を提供しろよ、という野蛮すぎる発想の賜物だった。

     ソフトウェア・プラットフォームのなかでも最も身近なものはOSである。
     近代のOSはセキュリティを第一に考えて進歩し
  • 【エヌ教授の事件簿】マルチGPUでディープラーニングを高速化!NVIDIA Digits2のヒミツ

    2015-07-09 09:13  
    ※この物語はフィクションです。実在する人物・OS・プログラミング言語・端末・企業・団体名等とは一切関係がありませんのでご注意下さい■登場人物紹介ケイス淀橋コンピュータウィルスに感染し、ネットのアチラ側からこちら側にでられなくなってしまった電脳空間カウボーイ。シン石丸電脳空間カウボーイズのリーダー。ケイスともケイスの兄とも昵懇の仲エヌ教授実際には何を研究しているのかよくわからないがコンピュータに詳しい教授■ニュース多すぎなディープラーニング業界NVIDIAがDigitsの新しいバージョンを発表したよーおお、何ができるようになったの?とりあえず今回の目玉はマルチGPU対応みたいだねちょっと待て、今までマルチGPUに対応していなかったのか?そうみたいだね。NVIDIA、4GPU搭載マシンとか売ってたのに!? 120万円もするああ。あれを買った人は全く意味ナシだったわけだな。その当時はNVIDIA
  • 【エヌ教授の事件簿】ディープラーニングでGoogleが人権侵害!?どうなる僕らの人工知能!?

    2015-07-02 18:49  
    100pt
    ※この物語はフィクションです。実在する人物・OS・プログラミング言語・端末・企業・団体名等とは一切関係がありませんのでご注意下さい■登場人物紹介ケイス淀橋コンピュータウィルスに感染し、ネットのアチラ側からこちら側にでられなくなってしまった電脳空間カウボーイ。シン石丸電脳空間カウボーイズのリーダー。ケイスともケイスの兄とも昵懇の仲エヌ教授実際には何を研究しているのかよくわからないがコンピュータに詳しい教授■Googleのピンチた、大変だ!Googleの人工知能が大問題を起こしてるぞ!!!!なんだよー。ここんとこ立て続けだなあ。人権侵害っていったって、どうせこれだろ?ちがうよ。ほんとに大変なんだよ。今回のは少しは休ませてくれないか。なあいやー、労働は尊いよね。ほんと。もっと働け、コラんで、どんな問題がおきたの?これを見てくれhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2
  • 【エヌ教授の事件簿】君にもベイビーが作れる!? ベイビーSDK、爆誕!

    2015-07-02 08:48  
    ※この物語はフィクションです。実在する人物・OS・プログラミング言語・端末・企業・団体名等とは一切関係がありませんのでご注意下さい■登場人物紹介ケイス淀橋コンピュータウィルスに感染し、ネットのアチラ側からこちら側にでられなくなってしまった電脳空間カウボーイ。シン石丸電脳空間カウボーイズのリーダー。ケイスともケイスの兄とも昵懇の仲エヌ教授実際には何を研究しているのかよくわからないがコンピュータに詳しい教授■もう時代はまっててくれないはあ、最近立て続けにニュースが入ってくるなあ。水道橋重工のクラタスがアメリカのロボットから挑戦状たたきつけられたりねディープラーニングを簡単にするLabelioとかChainerとかが発表されたり・・・日進月歩どころか日進週歩ってくらい加速してるよね正直言って、こんなにネタが入ってくると追いかけ切れないよねだよな~た、大変です!べ、ベイビーが・・・!!!https