• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 10件
  • 月と鼈 〜僕の人類補完計画 #17 1500人の行列で四日間、アプリを開発する

    2015-10-27 06:34  
    500pt
    お知らせ この連載が2015/7/25発売の「プログラミングバカ一代」として書籍化されました。 連載には出てこないエピソードが満載された完全版です。 現在予約受け付け中です

    ■1500人の行列で四日間、アプリを開発する
     僕は携帯コンテンツ開発の経験から、ウケるアプリは、単純で面白いものだろうと思っていた。携帯コンテンツでも最初にウケたのは、待ち受け画面とか、着メロとかだった。
     しかし僕はウケることにあまり興味がなかった。ウケるアプリは、まあ冗談のように一日か二日で作ればいい。
     けれども僕がiPhone向けアプリを開発する理由は、もっと別のところにあった。すなわち、未来のコンピュータを探るための研究プラットフォームとして、僕はiPhoneを捉えていた。
     そのため僕にとって最も重要なプロジェクトは、Zeptopadというソフトの開発だった。これは、「次世代の紙」を作ろうとした僕の意欲
  • 【ポエム】うなぎ食いながら井口について考える / ケイス

    2015-10-20 07:30  
    100pt
    オレだ。ウナギだ。おっと、ケイスだ。ひつまぶしってなぁ、熱田蓬莱軒の登録商標なんだってな。だから、他のところでひつまぶし食おうとすると、「ウナギお茶漬けご飯」みたいな名は体を表しすぎだろっていう感じのメニューになってる。まあいんだよ細けぇことはそういうわけで、櫃まぶしを食う!俺はッ!誰にもッ!邪魔されないッ!!櫃まぶしは通常3回に分けて食うとされているが、ケイス家では違うッ!飯を四分割にして、一膳目はそのまま!二膳目は薬味をかけて!3膳目はお茶漬け、そして4膳目はその日の気分で好きな感じで食うッ!!あーうまいわ。ウナギ。しかしウナギを食っていると井口のことが心配になってきてしまった。ウナギに罪はない。罪があるとすれば井口だ。ギルティ。ギルティだよ井口。俺のなかで井口の手口がなんとなく類型化されてきた。つまり、ひつまぶしに例えると、井口の一膳目はセカイカメラ、二膳目はテレパシーワン、三膳目は
  • 月と鼈 〜僕の人類補完計画 #16 未来を創造する

    2015-10-20 06:33  
    500pt
    お知らせ この連載が2015/7/25発売の「プログラミングバカ一代」として書籍化されました。 連載には出てこないエピソードが満載された完全版です。 現在予約受け付け中です

    ■マルチタッチとiPhone
     僕が初めてジェフ・ハンのデモを見たのは、2006年のことだった。これはあまりに鮮やかで、衝撃的だった。
     プロジェクターで投影されたコンピュータ画面を、ニューヨーク大学のジェフ・ハンが手で触れて操作する。マルチタッチという技術だった。
     これぞ未来だ、と思った。
     僕は未踏でZEKEというOSを研究する中で、次に新しいOSを作るチャンスがあるとしたらコンピュータのデバイスそのものが大きく進化するときしかないと考えていた。ジェフ・ハンのデモが持つ可能性は無限大にも思える。これは本当に凄い。
     そこですぐに頭を働かせていろいろ考えることにした。マルチタッチ、それが実現したら本当に凄いことが
  • 清水亮のプログラミングバカ一代まつり、緊急生中継が決定!

    2015-10-17 09:32  
     来る10月21日、なにかと物議を醸している話題のイベント、「清水亮のプログラミングバカ一代まつり」をチャンネル会員様向けにニコニコ生放送することが決定いたしました。 チケットが既に売り切れてしまっているのと、地方の方の参加が難しいということで、会員様限定の生放送です。 正直、何を話すのか、どこまで話してしまうのかドキドキなのであんまり記録に残るようなことはしたくないんですが、海外のユーザーさんからの熱いラブコールもあり、中継に踏み切ることにしました。あー恥ずかし。 ご予約はお早めに↓http://live.nicovideo.jp/gate/lv238797272
  • 【酒場放浪】ゴトーと吉野家の新業態、吉飲みに(いまさら)行くッ!

    2015-10-14 06:54  
    100pt
     寂しい・・・ 最近、夜になると寂しさが心を貫く どうちてこんなに寂しいの・・・ 秋だから、かなあ・・・ そんなとき、ついついあの人に連絡しちゃう 「ゴトー、飯でも食わんか」 「え、イイっすよー」 イージー。 イージーゴトー。 早めの時間だったので、かねてから興味のあった吉野家の新業態「吉飲み」に挑戦することにした。 しかも神田。 神田の吉野家といえば、吉飲みの実験店舗。つまり、一号店。 どうせいくなら一号店、なのである。 
  • 月と鼈 〜僕の人類補完計画 #15 第参回天下一カウボーイ大会

    2015-10-13 06:31  
    500pt
    お知らせ この連載が2015/7/25発売の「プログラミングバカ一代」として書籍化されました。 連載には出てこないエピソードが満載された完全版です。 現在予約受け付け中です

    ■第参回天下一カウボーイ大会
     その頃、僕は「天下一カウボーイ大会」というイベントを定期的に開催していた。
     CEDECの運営から離れて、久しいが、ひさしぶりに本物のハッカー達とアツい議論を交わしたかったのだ。
     第一回の天下一カウボーイ大会は、基調講演に西田友是先生を招いた。第二回はゲームクリエイターで、ミュージシャンの元気ロケッツのプロデューサーでもある水口哲也、第三回目は二日間に拡大し、なんと基調講演には、マイクロソフトの古川享元会長と、平成ガメラシリーズや『トップをねらえ』で知られ、そもそも『新世紀エヴァンゲリオン』も手がけている樋口真嗣監督を招いた。僕からしてみたら、子どもの頃のヒーロー達であって、この二人
  • shi3z、テレビに出る

    2015-10-09 06:40  
     電脳空間カウボーイズ読者にはお馴染みの、アスキー総研の遠藤愉主任研究員に「なんか面白いものないの?」と言われたので「Doubleとかどうですか」と提案すると、すぐに遠藤さんが取材にやってきてテレビに出ることになった。 取材そのものは2〜3時間ほどで終わったんだけど、実際の放映は4分。でもテレビのニュース(ワイドショー?)としては4分のビデオっていうのは結構長いらしい。 とはいえDoubleは他社製品だし、極めてフツーの話しかしなかったため、遠藤さんに「shi3z節が足りん!!!」と怒られてしまったんだけど、朝っぱらからキャラ立ちすぎてもマズいでしょ、というわけで僕がキャラを抑えめに受け答えしたのは良い判断だったと思う(自画自賛)。 だけど、この人キャラ立ちすぎでしょ!コピペ案件だよ。もう。 精一杯、常識人として振る舞おうとしていたのに突然社員に後ろから斬られるという事態。 実際にはDou
  • 【ポエム】マイコン中年大興奮! アキバにオープンしたレトロショップBEEPに潜入する!

    2015-10-07 05:43  
    100pt
     オレだ。 今日はトロチチ南治と、アキバにオープンしたばかりのレトロPCショップBEEPに行ってきた。 どうもただのレトロショップとはワケが違うと開店と同時に話題沸騰なんだぜ オヤジ心をくすぐる看板。 いくぜ(ザッザッザッ・・・・) 店内はなんと客がうつりこんでなければ撮影OK。 X68000やPC-9801などレトロPCがずらり。 この品揃えとデモ、そして店内に流れるFM音源の美しい響きにオレとトロチチは大興奮。トロチチは興奮しすぎてトロみたいになってた。 店内に並ぶのは、まるで生きる歴史とも呼べるような名作・傑作の数々。 対応機種もFM-77やPC-8801など幅広い。 ザナドゥやドラスレといった、まー正直オレも小学生だったような大昔のゲームがずらりと並んでる。 これ見て感動しない奴はオヤジじゃねえ!(偏見)PC-8801版のゼビウス(ENIXが発売元)そして当時高校生だった中村光一の出世作「ドアドア」さらに一番左は、なんと開発者サイン入りのX68000版スターウォーズ(M.N.Mソフトウェア製)だ!!!!この時代は、後にグランツーリスモを作ることになる丹明彦や、現在一線で活躍する技術系ライターとなる西川善司が学生としてOh!X誌上で活躍していた時代だ。あの時代の興奮が、パッケージを眺めているだけで浮かび上がってくる。 ああそしてウィザードリィ ちょっと前に「ウィザードリィやりてえ!!」と思ったんだよな。そういえば。 でもPC-9801とか今更家に置きたくないしなあ これなんかスゲえお宝! Macintosh Plusの箱だ。中身が入っているかは不明(値札は見当たらず)。 しかしもっと凄いお宝を発見!! バーン!!超激レア。 日本語に対応してなかった頃のMacintoshを無理矢理日本語対応に魔改造して販売されたDynaMacだ!!! 日米貿易摩擦の原因にもなったという(嘘)ああ懐かしい。PC-9801UV。中学の頃、数学準備室にこいつが置いてあって、おれは学校にいくとホームルームにも出ずまっすぐ数学準備室(数学科の教師の部屋)に入り浸ったもんだなあ。しかしシステムとデータってラベルが貼ってあるのがなかなか味わい深い。Aドライブはシステムに決まってるんだが、たぶん学校とか職場とかで、間違えないように誰かが貼ったんだろうなあ、というドラマさえ感じさせる。 富士通のFM-TOWNSII。 このMacintoshインスパイア筐体というか、いかにMacが衝撃的だったかわかる。 富士通、頑張っていたけど、人真似以上のコンセプトを打ち出せなかったことが最大の敗因か。 ヨルタモリで好演してた宮沢りえがCMしてたなあ。あの頃は可愛かった。今も綺麗だが そして伝説の名機X68000XVI(エクシヴィ)。しかもこいつはそれを68030に魔改造したXellent30ダッ!!! もうスキモノとしか言いようが無い。 ああ、やっぱ独創的なデザインのマンハッタンシェイプには痺れるなあ。 元ネタだったニューヨークの世界貿易センタービルのツインタワーは2001年9月11日になくなってしまったけど。 この頃のシャープは輝いていた。マジで。 懐かしの業務用基盤もある。 イメージファイトとか懐かしいね。さあそしてこれもお宝。ラブマッチテニス!!!!今もゲーム業界の頂点に君臨する、堀井"ドラクエ"雄二大先生のデビュー作もともと、エニックス創業時のエピソードを福島さんから聞いたことがあるんだけど、そもそも最初は建築科出身の福島さんは住宅情報誌を手がけていた。その後、マイコンがこれから凄そうってことで、ガソリンスタンドなんかに納入するプログラムを作ろうとしてたんだけど、マイコンのことなんかわからない。そこで「わかんないから募集すればいいじゃない」ということでゲームのコンテストを開催した。それが世にも名高い「第一回エニックスゲームコンテスト」で、このコンテストの第一回応募者が、森田和郎(あの森田将棋の!)、堀井雄二、中村光一(ドラクエの初代メインプログラマー)というそうそうたるメンツで、彼らを敢えて直接雇用せずに外部のプロダクションを設立させる形でエニックスはリスクを最小限にして初期のソフトウェア市場で成功を納める。その記念すべき作品がこのラブマッチテニスというわけだ。 そして、いやー、あるんじゃないかと思ったら、やっぱりあった。 堀井雄二先生のムフフゲーム、「TOKYOナンパストリート」 いわゆるひとつのエロゲーである。 
  • アキバ系!電脳空間カウボーイズ新テーマ曲「無限ループ」はココで聴けます。あと久々にiTunesStoreにも登録してみました

    2015-10-06 12:17  
    どもども、石丸です。
    私が最近作ってみた曲、「無限ルーブ」なんですがYouTube、ニコニコ動画にあげておきました。よろしければ、聴いてくださいー。http://www.nicovideo.jp/watch/sm27263493[YouTube]https://youtu.be/QAzARYifbdEあと久々にiTunesStoreに登録してみました。2015年10月07日(水)より配信開始させていただきます。よろしければダウンロードお願いしまする。無限ループ - アキバ系!電脳空間カウボーイズ [iTunesStore]

    記事を読む»

  • 男女の考え方の差をニューラルネット的に考えてみる

    2015-10-05 06:15  
     今の深層ニューラルネットに何が足りないか、ときどき考える。
     機械学習を真面目にやってきた人たちからすると、「深層ニューラルネットワークは手法の一つにすぎないし、タスクによっては別手法の方が効果的」と言うんだけど、他の機械学習の手法に僕が魅力をあまり感じなくて、深層ニューラルネットワークにだけ興味を惹かれるのは、それが人間や生物の神経ネットワークの忠実な模倣に見えるからかもしれない。
     今の深層ニューラルネットワークが得意なのは、既知の情報の分類である。
     つまり学習した情報にもとづいて、新しい情報を分類すること、だけが得意なのだ。
     それ以外のこと、たとえば何か新しいものを考えだしたり、創りだしたりといったことは基本的にできない。
     それでも文書の自動生成とか、画像の生成とか、時々驚くべきことができるのが面白いところだ。
     しかし今のニューラルネットワークに足りないことはまだまだある。