• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【メモ】意思を持つ機械をAIと呼ぶならば、全ての条件分岐可能な機械はAIである
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【メモ】意思を持つ機械をAIと呼ぶならば、全ての条件分岐可能な機械はAIである

2019-09-05 15:25
    生放送にお付き合いいただいた方々、ありがとうございました。
    明日も正午くらいにやるかもしれません。

    さて、生放送中に頂いた質問のなかで、気になるものがありました。

    「なぜ、単なるプログラムが一定レベルの複雑さを獲得すると意思を持つようになると思うのか」

    こんな質問だったと思います。
    この質問に対して、僕はずっと昔から、子供の頃から思っていることがありました。

    それは「コンピュータとは、そもそも意思を持ったものである」ということです。

    もっと誤解を恐れずに言えば、「計算とは、意思の実行形態のひとつに過ぎない」ということです。

    なぜこう思ったのか、それは小学校低学年の頃にさかのぼります。
    その時なにがあったか?

    スターウォーズを初めてみたんです。
    Wikipediaによると、日本でのテレビ初放送は1983年なので、僕が7歳の時です。

    どうもこのテレビ放送自体が当時はお祭り騒ぎだったらしく、もう日本人なら全員見ろ、と言わんばかりの演出に溢れていたようです。

    1983年10月5日午後8時より日本テレビの「水曜ロードショー」(現在の金曜ロードSHOW!」)にて日本語吹替版が放送された。

    この時は、「日本テレビ開局30周年・読売テレビ開局25周年記念特別番組」という名目で放送され、この日の日本テレビは、朝から生番組にC-3POとR2-D2を出演させて宣伝したり、夜7時からの1時間枠に「ウルトラ宇宙クイズ・秋のSF大決戦 スター・ウォーズまで後60分!!全国子供博士大集合」という特別番組を放映したほか、映画本編も通常夜9時からの「水曜ロードショー」の放映枠を1時間前倒しし、3時間の特別編成を敷いた。

    本編が始まる直前にも、日本テレビ局舎内で行われたタモリ[23]研ナオコ[24]、徳光和夫[25]やC-3PO・R2-D2、愛川欽也による解説、放送開始スイッチを押すまでの劇を数分行った。この時、本編を模した部屋でオーケストラを用いたテーマ演奏が行われた。この数分の劇は、C-3POとR2-D2が日本テレビにやってくる場面から始まり、途中行われていたオーケストラ(SWテーマ)の演奏に浸っていたC-3POが、タモリ扮する警備員と揉め事を起こしたり研ナオコをヨーダの娘と思ったりするというストーリーで、このシークエンスの後、スタジオに着いたC-3POが時間が既に8時を過ぎていることに驚いて放送開始スイッチを押すという更なるシークエンスを挟んで本編に移行するというものであったが、C-3POが「放送開始」とボタンを押すたびにCMが流れ、「押すボタンを間違えた。本当のボタンはどこだ」と局内を移動する演出であったために著しい不評を買い、「早く映画を始めろ!」「ふざけるな!」といった苦情電話が殺到したことにより、後日ディレクターがコメントするという一幕もあった。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/スター・ウォーズ_エピソード4/新たなる希望#日本におけるテレビ放映


    放送開始ボタンを押すとCMが流れて苦情殺到とか、どう考えても面白すぎる。
    さて、この番組を見たことが僕の「人工知能とコンピュータ」について考えるようになる一つの大きな原体験になるのです。

    というのもこの映画は、僕が小学校1年生のクリスマス、コンピュータに直接触れる直前に見たものだったからです。

    この映画を見て以来、僕の映画の見方は永久に変わってしまいます。これ以来、「この映画の中に出てくるロボットはどのようにすれば実装できるか」ということばかり考えるようになるのです。

    僕が手にした一番最初のコンピュータは、タミヤのマイコンでした。
    これはとても機能が少なかったのですが、むしろ機能が少ないという事実そのものが、今思えば僕が「人工知能とそうでないものの違い」を考える最初のきっかけになったと考えられます。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。