• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • IT

    2014-06-22 09:13  
    102pt
     「清水さんとこに連絡ないんですか?」 あるわけないよ。 あいつはそういう奴なんだよ。 「そんなこと言って、今まさに二人で酒でも飲んでるんじゃないの?」 アホか。 こっちはこっちで、いろいろ忙しいんだよ。 理由はどうあれ、途中で投げ出した奴のことなんか知るか。 テレビをつけた。 沢村一樹がニヤニヤしながら何かほざいてる。 かれの言葉は、まるで空疎で、まったく心に響かない。 なにかときどき大事なことを言っているようだが、それがどういう意味なのか自ら説明はしない 周囲で黒木メイサや国仲涼子が想像し、想像が外れ、振り回される。 このドラマは実にリアルだ。 それでなにかストンと腑に落ちるものがあった。 社長と呼ばれる仕事の主な任務は、隠し事だ。 もうなんでも隠す。 社員の給料から、自分の給料から、人事のことや、社員の家族のこと、自分の病気のこと、エトセトラ、エトセトラ。 何も考えてないときでも、考えてるふりくらいはしなければならない。 その結果、周囲からするとまるで考えの読めない怪物のような人物が出来上がる。それが社長だ。