• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • enchantMOON 発売一周年 / shi3z

    2014-07-08 13:41  
     昨日でenchantMOONを正式に発売してから一周年となった。 長かったようでもあり、短かったようでもあり、とりあえず記念にバースデーケーキを買ってARCのみんなで食べた。 思いつきだったので秋葉原のコージーコーナーで買っただけだけど、甘くて美味しかった。 昨日の放送の中でもあったけど、開発期間中は開発メンバーは家庭崩壊の危機を迎えた者も少なくなかった。それが原因で離脱した社員も居た。 僕も個人的なジンクスとして、私生活がうまく行かなくなると仕事は前に進むという実感を持っているのだけど、結局いつも僕はそこで仕事を選択してきた。そういう生き方しかできない人間なんだと思う。  この一年で、enchantMOONを取り巻く環境はかなり変わった。 気がつくとARCの人員も倍増して、この「手書きとコンピュータ」という遠大なテーマについて深く考えて行くきっかけを掴むことが出来た。 僕たちが当初考え
  • 2045年はどうなっているのか!? 2006年の40年後予想を振り返る

    2014-06-24 21:23  
    西暦2045年、日本は道州制になり、人々はPSP(パブリック・サービス・プラットフォーム)端末を持ち歩き、家に引きこもり、一日ゲームをしているだけで何らかの社会問題を解決するギート(GEEK+NEET)と呼ばれる人々が死なない程度のベーシック・インカムを得る世界。 2004年にスタートした未来予想プロジェクト「ギートステイト」は、哲学者・東浩紀の発案により、小説家の桜坂洋(トム・クルーズ主演の「オール・ユー・ニード・イズ・キル」原作者)、科学者の鈴木健(後のスマートニュース創業者)の叡智を結集して行われた。 そんなプロジェクトにあって、鈴木健は「より具体的な未来像の予測」をすめため、同時期の未踏ソフトウェア創造事業の天才プログラマー/スーパークリエイター認定を持っている人間を中心に20人を集め、未来予想無敵会議を行った。 僕はそこに参加し、そこで初めて東さんと出会ったのだ。 哲学者と小説家