• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • ケイス淀橋の酒場放浪記

    2015-06-15 15:00  
    100pt
    よう、俺だ。 ネットの世界から外に出れなくなって一年が経った・・・ やはりコンピュータ・ウィルスは恐ろしい 俺たちのよくわからない、人智の及ばぬ力があるようだ。 そういや、電脳空間カウボーイズのビッグダディの一人である週刊アスキーのF岡名誉編集チョも、結核で隔離されてたってなあ。 ネットの海は広大だから、暇つぶしには持って来いだ。 けど、たまに酒が飲みたくなるんだよな。 そんでふらっとシャバに居た頃にかよっていた、昔懐かしい酒場のことでも思い出してみることにする この店は、あれだ。 歌舞伎町の、ホルモンはなけんだ。  歌舞伎町の中では値段もリーズナブルで美味い。 ホルモンと書いてあるが普通の焼肉もある。バリエーションがちょっとおおい焼肉屋だと思えばいい。 ホルモンが出せる店は、実は少ない。 なんでかって言うと、面倒だからだ。 ホルモンのフランチャイズ・チェーンなんか見たことないだろ。 まず、新鮮なホルモンは仕入れるのが難しい。 だから牛一頭買いをしてるとか、昔から取引があるとかでないと手に入らない。 次に、ホルモンを美味しく食べれるようにするには、かなり丁寧に扱わなければならない。 内蔵だからな。下手すりゃすぐに癌や食中毒になっちまう。 つまりホルモンを出すのは面倒なのだ。 しかも部位によって湯がいたり、扱い方が違う。イボみたいな明らかに病気の部位をひとつひとつ探して丁寧にとっていかないと食べれない。一つ間違えば食中毒ですぐ営業停止だから緊張感が違う。こんなのバイトにやらせられないだろ。 だからホルモンが美味い店というのは、正肉(普通の赤身の焼き肉)も美味いのだ。 そのうえ、叙々苑みたいにバカ高いわけじゃない。 ここは有楽町の産直だな。 アニキが好きな場所だ。 いろんな小さい居酒屋が集まって横丁みたいになってる。 楽しいのは、他の店からも出前してもらえること。 牛料理の店に入って、隣の魚料理の店から出前してもらえる。 酒もそう高くない。 でも場所が有楽町だから、そんなに安くもない。 気取らずに飲めて楽しい店だ。  この店はオレのとっておき。 歌舞伎町の「吟(ぎん)」だ。 吟の看板メニューは「レタスしゃぶしゃぶ」だ。 もとはスマートニュースの鈴木健に教えてもらった。 「レタスがメインのしゃぶしゃぶ?美味いわけ無いだろ」と思うだろう。 これが美味いのだ。 歌舞伎町にあって、ヨドバシミシュラン的には星3つを付けたい。 すなわちここに来ることが旅の目的になり得るということだ。 それくらい衝撃的である。 この店は・・・アレだ。 電脳空間カウボーイズの収録の打ち上げで良く行ったもんだ。