• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • カプセルネットの可視化に挑戦(とりあえず中間状態を見てみる)【カプセルネット】

    2018-03-09 19:08  
    高熱でうなされながら 「うーん、カプセルネットの中間層は一体どういう状態なんじゃよー」 と朦朧とした意識の中でかんがえた。 38度も熱があると、かんがえている途中でニューロンの働きが途切れるのか、どうしても「ある領域より上」へ思考が進まず、それがまたストレスになって頭が暑くなる。もうかんがえたくない。そうだ。食い物のことを考えよう。 「うーん、おひつのなかには新之助が・・・しかし身体が動かぬ・・・うーん。錠剤を飲むか。錠剤よりもカプセルがいいかな・・・うーん、カプセルネットの内部構造・・・うーーん」 却って暗くなってしまった。 この、高熱が出ているときに限ってろくでもない悪夢を見るがように、うなされては起き、起きては気絶を繰り返して、頭が熱い。あつすぎるぞと思ったらオイルヒーターを枕元でつけていた。オフにするとすごく快眠。なんだよ。知恵熱を人工的に再現していたのかよ。 この体験でわかったの