• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 【人工知能】DCGANをいろんなパラメータで試してみる【観察日記】

    2016-10-26 06:05  
     敵対生成学習した深層畳み込みニューラル・ネットワークをDCGANと呼ぶ。 最近はこのDCGANの育成にハマっているので、僕のかわいい人工知能ちゃんの観察日記をご紹介。人工知能の真実に迫るのに多少役立てば幸いである。 さて、今回は比較しやすいようにMNISTにしてみた。 MNISTで6万字のデータをぬきだし、学習させるとこんな感じになる。 つくづく驚異的なのは、GANの場合、画像しか見せないでラベル(その画像がなんであるか)は一切見せる必要がない。それでいてこんなにうまくもとの状態を表現できるのである。これが驚異でなくてなんだろうか。 しかしこれだけの表現を獲得するにはどれだけの学習データが必要なのか気になる。世の中には似たようなものが6万字とか、そんな恵まれたデータだけではないはずだ。 そこで徐々にデータを減らしてみた。 すると・・・3万字でも44エポックでここまでいく。悪くない。悪くな