• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • NeurIPSとRISC-V Summitに行って来た。企業人と学会 その付き合い方について

    2018-12-17 07:00  
    1pt
    世界最大の機械学習学会であるNeurIPS(旧NIPS)に行って来た。論文投稿数4854に対して、採択数1010。これは、かなり多い気がする。さらにその採択数1010のうち、ポスターが800超オーラルはわずか30だったのに対してポスター800は多すぎる。来場者は全体で8000人超で、これはSIGGRAPHの約半分。それにしても、である。ポスターについて、知らない人のために説明すると、論文を書いても素晴らしいと認められなかったが仕方がない人たちはポスターを貼ってその前で説明することが認められる。いわばある種の残念賞なのであるが、このポスターがまさしく玉石混交。というかほとんど石。800もあるので、午前と午後で入れ替わり、二日間で合計4回は入れ替わる。そんな中には大企業が出しているものもちらほらなんというか、物悲しさを感じた。もちろん研究だから、トップセッションに出るのは難しい。しかし要はこれ