• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 映画「スティーブ・ジョブズ」を見てジョブズがAppleを追放されてからやっていた仕事について知りたくなった人にオススメのビデオ

    2016-02-17 08:41  
    スティーブ・ジョブズはMacintoshの販売不振の責任をとるかたちでAppleから追放された。今から考えると想像もつかないことだ。しかし残念ながら当時のAppleはAppleIIという8ビットマシンが主力製品であり、32ビットCPUを搭載した高性能だが高価でモノクロしか使えないMacintoshは、スティーブ・ジョブズの掲げた「90日で100万台、以降月産2万台」の目標に遠くおよばない3万5千台の出荷に留まった。3万5千台ってすごいよね。(最初から利益をだすつもりがなかった)enchantMOONの6倍くらいしか売れなかったということだよ。これは追放不可避その後作ったのがNeXTという会社。ロゴに10万ドル(当時の価値で3600万円)かけたり、立方体に拘ったりしたハードを作ったが、なによりスゴいのは中身だった。NeXTSTEPと名付けられたOS、これがものすごくよく出来ていて、まあヒトも