• 声優さんのお仕事の話

    2019-09-15 13:00
    どうも、こんにちは。

    突然ですが、みなさんは声優を職業としている人が
    アニメの仕事が無い場合、声優としてどうなの?と思いますか?

    私はハッキリ言ってNO!です。
    広い定義だとは思いますが「声」を使う事ならば
    声優としての範疇からは離れていると思わないからです。

    ラジオ、ドラマCD、朗読劇、舞台、ゲーム収録、ナレーション、歌手活動etc.
    アニメ以外にも沢山の「声」を使った仕事を声優さんが担っている
    このご時世にアニメの仕事が無いからと言って
    声優としての価値に違いがあるとはひとつも思えないのです。

    少数の国民的アニメと呼ばれる作品に新しく選ばれるなんて事もなければ
    一般人向けのアニメ映画は宣伝目的でタレントばかり使う。
    しかもこの先はアニメの本数が減っていくだろうと
    言われているこの様な状態で1000人以上もいる声優という職業を
    続けていくのはアニメだけでは無理です。飽和状態もいい所ですよ。

    で、あるならば「声」以外を使った仕事もしなければ
    生き残っていけない人も多数いるのは分かることですよね。

    その辺のオタクが”俺の基準”として声優さん達を評価しランク付けするのは
    勝手なんでいいですが、それは狭い視野と小さいものさしで測った
    偏見に満ちたただの自己満足以外の何物でもないことは明白ですし

    そんな奴の意見に対していちいち反論したりする気力も
    湧きません。たとえ反論しても馬の耳に念仏で他人の意見を
    受け止められる器量を持っていない人には意味がないのです。

    詐欺まがいの金集めをしない限り
    どんな仕事でも声優という肩書にしがみついている人達を
    オタクの身分で見下して、ハイお前は売れてないなどと
    レッテル貼りをする馬鹿を相手にしたくないです。

    結論は「声」を使ったお仕事がある人は一定の収入があり
    アニメなんて無くても全く問題ないので
    つまらない指標は意味がない!という事と
    「声」以外を使ったお仕事でも目標のために
    頑張っている人を見下すなよ。

    という2点でお願いします。
  • 広告
  • 今年(2018年)の推し事を振り返ってみる①

    2018-12-27 02:08

    今年行ったイベントを簡単に振り返ってみようかと思いまして
    久しぶりにブロマガなんぞを書いてみました。

    それでは簡単にではありますが(記憶力の都合です)
    はじめていきます。

    2月

    えー、いきなり2月からはじまりましたが
    基本的に1月ぐらいゆっくりしていたい気持ちがあるのです
    と、言いつつ来年は1月の予定あります。

    というわけで今年の最初のイベントは

    伊藤かな恵 LIVE TOUR 2018 "デアエタケシキ"

    遠征ではなくモロ地元です。
    かな恵ちゃんが長野でライブをしてくれるようになってからは
    毎回行ってますし(なお、まだ2回)これからも行こうと
    思っています。

    かな恵ちゃんのライブはとにかく平和の一言に尽きます。
    他のオルスタならば押してるとは言わない状態でも
    「大丈夫?みんな半歩下がろう」とかな恵ちゃんが気遣ってくれて
    平穏に終わります。

    最後に誰彼構わず隣の人と手をつなぐ事になるので
    個人的には左右どちらかの壁際で見ています。

    オタクが騒がしくてライブに苦手意識がある人は
    一回行ってみるといいかもしれません。

    それでは次ー

    豊崎愛生 360°SPECIAL LIVE at 舞浜アンフィシアター

    360°ライブは4人共に開催されていましたが
    とにかく今年の目標の一つがスフィアが充電だから
    遠征する数を抑えると決めていたので、愛生ちゃんのみ参加しました。

    アンフィには結構行ってる気がしてましたが
    これが人生2度目だったのです。

    360°ということでステージの後ろ側にも特設された
    客席が配置されていてそこがいいなとか思ってました、が
    Dブロックでの観覧となりました。

    とはいえ、アンフィシアター自体見やすい会場なので
    そこまで後方でもない席だと大した不満もなく視界良好でした。

    この時に愛生ちゃんが愛犬ニコさんをイメージした曲
    nico de dance♪を聞けたのは貴重だと思います。

    これ以降は歌っていませんしパッケージ化や音源の発売も
    ないのでレア曲になっています。(2018年現在)

    もはや定番化している愛生ちゃんによる
    グッズの宣伝コーナーも微笑ましく堪能できましたよ♪

    愛生ちゃん曰く、コアな曲も歌うよと言っていましたが
    全部分かっているのでどの辺がコアだったのか分かりませんでした。

    思ったよりも長くなってしまったので今回はこの辺りで
    次回があるなら つづく!


  • 哀悼

    2013-06-14 16:00
    先日、内海賢二さんがお亡くなりになりました。

    自分なんかが生まれる以前からご活躍されていた
    誰もが1度は耳にした事のあるお声の方です。

    今さら内海さんの足跡を語らずともご存知の事と思いますが
    数々のアニメ作品、吹き替え、ナレーション、CMに
    最後まで出演されていたのはやはり唯一無二の声であり
    欠かせない声であったのだと思います。

    「鋼の錬金術師」のアームストロングの
    ようなコミカルなキャラクターもラオウのようなボスキャラも
    印象に残る愛すべきキャラクターを数多く担当されてこられた
    内海さんの遺作は夏から始まる同じく荒川弘先生の作品
    「銀の匙」の轟先生だそうです。
    じっくり噛みしめるようにアニメを見たいと思っています。

    個人的には「はじめの一歩」が新しくアニメ化されても
    もうあの鴨川会長の声が聞けないと思うと淋しく
    とても残念でなりません。

    内海さんの事、そしてそのお声は生涯忘れることは無いでしょう
    本当に今までありがとうございました。そして
    お疲れ様でした。


    ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
                            合掌