• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

≪Diary≫3.11、記憶。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

≪Diary≫3.11、記憶。

2016-03-12 20:00
  • 4
こんばんは。
昨日。
昨日の5年前に起こった震災は、一瞬にして多くの人の人生を変えました。

私のあの日の話。
大きな地震が起こり、揺れる地面に足を取られながら遠く離れた実家の母に電話。
和歌山にその揺れは伝わっておらず、もちろんニュースでも報じられる前。

地震が起こっている事、そして自分は今の所無事だという事を、出来るだけ落ち着いた声で伝えました。

その電話の最中。
大きなビルがグニャグニャと曲がるのを目の当たりにしたのです。
逃げようと走っていた足は、それを見て止まりました。

「助からない」

そう思った私は、自分の居る場所、そして見える建物を何気なく伝えました。
万が一の時に、私が見つかるようにと。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
私はその時、勤め先の横浜で遭遇しました。
震度は4だったと思いますが、会社の入っているビル自体がかなり揺れ、新幹線も止まり、帰れないと不安になる中、携帯のテレビで東北の大津波を知りました。

最近は3.11付近でしか大々的に放送されませんが、決して忘れてはならない記憶です。
42ヶ月前
×
5年前のあの日、私は仕事が休みだったので電車で数駅の所にある大きな川で釣をしていた時に地震に遭いました。
あの時テトラポットがたてていた不気味な音は、多分一生忘れないと思います。
その後帰ろうとしても電車が動いていないので仕方なく徒歩で帰宅、その道すがら家族や親戚に電話をかけ続けるも全くつながらなくてものすごく心配だったことはっきりと覚えてます。

何の変哲もない日常が実はとても特別で、そしてものすごく脆いものだということを思い知らされた日でした。
42ヶ月前
×
地震があったとき、親父が死の前日で昏睡状態だったので、2重でショックでした。震災のニュースを見るたびに無関係だけど、親父を思い出します。
42ヶ月前
×
広島・長崎の原爆投下や終戦記念日、阪神淡路大震災など、平和や防災、命について、その時々に少し考えたり感じたりする事は大事なんだなと思いました。


42ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。