デフレに逆戻り
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

デフレに逆戻り

2016-05-28 02:19
  • 2
前回の続き。

消費増税先送り、2年軸=安倍首相「参院選前に結論」

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016052700168&g=eco

先送りってことはハイパーインフレコースか。
インフレにすればいつかは国債の信用を失うだろうから。ある時を境に国債が投げ売られて、強烈なインフレになる。

でも厄介なのは、その後でデフレになるということだ。
というのもハイパーインフレになったとしても、価格は元の地点に向けて戻ろうとするわけだから、その過程で今度は強烈なデフレがやってくるとなる。

だからそれを避けるためには消費増税(あるいは金融引き締め)の一択しかないはずなんだけどねえ。

低金利の原因、不十分な金融緩和によるデフレ=原田日銀委員

http://jp.reuters.com/article/boj-harada-int-idJPKCN0YI11Y

低金利の原因は不十分な緩和によるデフレによるものですというのは正しいんだけど。
でもインフレにしてどうするんですかって話なんだよねえ。さっき説明した通りインフレにしても価格は元に戻ろうとしてデフレになるんで、結局自分の首を絞めることにしかならないんだけど。



それに普通に考えて、下落の圧力を止めるって無理でしょう。
為替なり株やってる人はわかると思うけど、価格って上がるときはゆっくり時間をかけて上がっていくわけだけど、下がるときはこのグラフのように、一瞬かつ強烈な勢いで落ちてくる。だから本来そんな動きを止められるわけがないんだ。

しかもどんなに手を打ったところで、赤の適性価格までは必ず下がってくるわけなんだから、抵抗するだけ無駄なんだよね。むしろ抵抗していることで、デフレの苦しみが長期間にわたってしまっているということでもあるんだろうけど。

8割が「デフレ逆戻り」懸念、増税や円高で

http://jp.reuters.com/article/deflation-idJPKCN0YI02J

だから議論のスタートラインを間違えちゃったってことだね。
本来物の価格ってのは上がるわけではなくて、技術の進化と共に徐々に下落していくもののはずなんだけど、でも物の価格が下がることが恐ろしいと言ってインフレにばかりしてきたものだから、それに伴い生まれたデフレの圧力も強烈なものになっている。

なのでインフレにしようとすることを念頭においている限りは、デフレ脱却は不可能だということです、はい。
広告
×
インフレにしようとすれば同時にデフレ圧力が生まれ
かといって技術の進歩で新しい物が生み出していくと、既存の物の値段は下がる
イタチごっこというか何というか…
42ヶ月前
×
>>1
poussinさんありがとうございます。

まあイタチごっこといいますか、インフレもデフレも異常だということですかね。物の値段が上がらなければその反対の値下げも起こらないし、逆に値下げが起こらなければその反対の値上がりも起こらない。だったら最初からインフレもデフレもない、ほぼフラットな状態にすれば良いということなんですけど、その辺の理解が既存の学者や政治家には足りないみたいです。

だから定期的に経済の混乱が起こっているということですね。コメントありがとうございました。
42ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。