貨幣錯覚は起きているのか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

貨幣錯覚は起きているのか?

2016-06-28 08:29
    私事ですが、最近twitterはじめましてね。

    https://twitter.com/akitweeting

    ブロマガも書いてるし、別に名前を売りたいとか目立ちたいとかはないので、別に興味はなかったんですけど、まあそれでもふとやってみようかと思いましてね。初めてみることにしました。

    まあ特別目新しいことは書いてないですけど、良かったら見に来てください。さて、実は最近リフレ派の主張で気になることがあったんで、今日はこれを書いていこうと思うんだけど、その前のこの記事を見ていただきたい。

    円安に頼る経済政策を終わりにする時が来た

    http://toyokeizai.net/articles/-/124320

    「円高で実質賃金と個人消費は増加に転じる」とあるけれど、これは本当だろうか。つまりリフレ派の説明によればインフレになると貨幣錯覚が起こるので、労働者は本来もらうべき給料よりも少ない給料で我慢することになる。

    例を挙げると以前書いたように、インフレで物の価格が50%上がると本来は企業は労働者の給料も50%上げないといけないんだけど、労働者は20%ぐらいで沢山もらえた気になって満足するので、企業はその浮いたカネで新たに労働者を雇うなり設備投資なりをすることができますよと。その結果いつかは経済が浮上しますよということなんだけど、その説明によればインフレによる実質賃金の下落は説明がつく。

    では個人消費はどうだろう。「本来もらうべき給料よりも少ない給料で我慢している」ということは、「家計に損失が発生している」ということだろう。だから損失を埋め合わせるために消費を抑えている。よってインフレ時には個人消費が減る。

    よってこれらから、円高デフレになると実質賃金が上がり個人消費が増えるとなるんだけど、リフレ派の説明によると、インフレを続けると実質賃金が上がり個人消費が増えるのだという。

    浜田宏一・内閣官房参与 核心インタビュー 「アベノミクスがもたらす金融政策の大転換 インフレ目標と日銀法改正で日本経済を取り戻す」

    http://diamond.jp/articles/-/30804?page=6

    でも人間の賃金は能力の向上によってもたらされるものであるから、インフレを続けても物価上昇以上の賃金が獲得できるとは思えないし、それに「貨幣錯覚によって通常より安い賃金で働かせることができている」というのならば、それはブラック企業等で言うところの給料未払いであり、企業にはその支払い義務が発生するはずだ。よって将来的には損失になる。

    それにそもそもの問題として、彼らが言うところの、インフレ初期の貨幣錯覚自体起きているのかという問題がある。



    もし貨幣錯覚が起きるということは、需給の均衡作用が働いていないことになる。でも普通に考えて人間が、その需給不均衡の状態を放置するとは思えないんだよね。つまりインフレになっているということは需要は増えるわけで、企業間で人材の争奪戦が起きているわけでしょう。だったら給料も吊り上がっていくはずで、「本来もらうべき給料よりも少ない給料で我慢している」なんて状態も起こるはずがない。

    実質賃金「4年連続マイナス」の深刻 庶民は悲鳴「物価だけ上がった感じ。枯れる」

    https://news.careerconnection.jp/?p=20811

    では何故実質賃金の下落が起こるのだろう。この点自分の説明によれば、インフレという「借金をする行為」によって、金利がかかっているからということになる。つまり1億円借りても金利の返済を考えると9000万円しか使えないということがあるように、国の場合もインフレの進展によって増えた需要全てを、国民のために使えなくなっている。

    一方インフレにするということは労働力需要が増えることでもあるから、労働者が増えていく。しかし前述のように全額は使えないので、その分1人当たりの労働者の取り分が減っている。そのため実質賃金が減っているとなる。

    具体的に説明すると人件費5000万円で500万円の労働者を10人雇っている会社が、銀行からもう5000万円借りて労働者を10人雇おうとするとする。すると普通ならは500万円出して10人雇えるのだが、でも金利を返済しないといけないから、実質的には4000万円しか使えない。

    なので10人雇うためには500万円の労働者たちに、給料の減額を受け入れてもらわないといけなくなる。つまりこの時500万円の労働者20人の1人あたりの給料は

    {5000万円(当初の人件費)+4000万円(銀行から借りた分)}÷20(従業員数)

                =450万円

    ということになる。よってインフレが起こると実質賃金が下落するということになると思うんだけど。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。