ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ヘリコプターマネーの誘惑
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ヘリコプターマネーの誘惑

2016-07-16 03:17
  • 1
前回の続き。

為替の勢いがすごかったですね。



イギリスのEU離脱だのイタリアの銀行の信用不安だのと不安にさせる材料だけは多かったのですが、日本がヘリコプターマネーを導入するという噂が立った途端にこれですわ。見てわかるように移動平均線を軽々と突き抜けてしまった。

まあもちろんいつかは突き抜けるんですけど、それでもこの勢いは最近の値動きからすると想定外ですわ。ただし今は随分と値動きが収まってきましたかね。106円に達してから急降下という動きが何度か続いているので、ちょっと上値は重そうです。

アングル:安倍・バーナンキ両氏の持論組み合わせ、実質ヘリマネ効果の声も

http://jp.reuters.com/article/abe-bernanke-frb-idJPKCN0ZT0JX

でもこんなバカな政策ようやろうとするわ。
自分が説明したように、インフレは単に借金を増やすだけで経済を成長させる効果はないんだけど、学者という肩書がついた人間が言うだけで、まっとうな理論に見えてしまうというこの怖さね。

要はどれだけバカな学者たちが世の中闊歩してるかってことの現れでもあるんだけど。やっぱり権威や肩書ってのは怖いですね。人を盲目にする。

「ヘリコプターマネー」で日本経済は救えない

http://toyokeizai.net/articles/-/127462

ちなみにヘリコプターマネーを導入すると、どんな影響があるだろう。
ヘリコプターマネーは日銀に直接国債を引き受けさせるということだけど、異次元緩和と変わるところはないので、同じようなこ効果があると考えられる。つまり物価は上昇し、為替は円安に振れる。

この点財政ファイナンスかそうでなないか、資金の使い道を決める主体が違う点で異なるとか記事には書いてはあるけれど、それは別に大した問題ではない。何であれインフレになるのであれば効果は一緒だということだ。
広告
×
ちなみにチャートは楽天証券さんからお借りしました。
61ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。