価格に価値が吸い寄せられる
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

価格に価値が吸い寄せられる

2016-10-14 23:53

    前回の続き。



    経済の基本ってのは物々交換なわけでしょう。
    つまり相手の持っているものの中からほしい物を、自分が持っている物と交換する。そして相手が同意すれば取引が成立する。

    この場合、自分も相手も「自分だけが損はしたくない」という感情を持っているでしょう。勿論自分だけが得をしたいと思うのはやまやまだけど、相手方も生活がかかっているわけだから、おいそれと一方に有利な取引を成立させるわけにはいかない。

    だから長期的に見ると交換価値というものは一定の値に収束していく。例えばリンゴ1個はバナナ1本と同じ価値みたいに、周りの人たちが共通の交換価値を認識して取引するようになるわけだ。


    だからバナナを100円玉に置き換えても同じように成り立つ。つまりバナナが100円で取引されるのは、バナナと100円が同じ価値を持っているからだし、人間が1万円で働くのも、1万円と自分の労働力とが、同じ価値を持っているからだ。よって価格と価値は一致するとなる。

    知事給与半減条例、成立へ=待機児童対策の補正も-都議会

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101100543&g=pol

    価格と価値が一致するということは、価格が価値に、あるいは価値が価格に吸い寄せられるということだ。例えば1万円を示して「この価値のものをください」と言えば、1万円の価値ある物や人が勝手に集まってくるし、1万円の価値ある物や人には1万円がやってくる。

    勿論実際にそう上手くいくかはわからないけれども、それでも理論的にはそういう話になる。
    だからこんな給与半減の話の場合も実は美談でも何でもなくて、単に半額分の価値のある人しか知事にならなくて良いですと言っているか、小池が「私は給与半額分の価値しかないバカです」と言っているのと同じだということになる。

    Jリーグに2100億円も払って元は取れる? ネット配信ビジネスの熾烈な舞台裏

    http://wpb.shueisha.co.jp/2016/08/05/69283/

    日本代表は弱いとかハリルを解任しろと言われるけれども、結局のところはカネの問題なのかもしれない。つまり説明したようにカネのあるところに価値のある物や人が集まってくるのだから、強い選手が欲しいのであれば、単純にカネを撒いておけば良い。例えばこうやって巨額の放映権料の契約を結んで、Jリーグの各クラブにカネが行き渡るようにする。

    するとカネ目当てに沢山サッカー選手希望者が現れるようになるので、時間が経てば選手層の底上げがなされる。ただしこの放映権料が、本当は支払われるかという問題はあるんだけど。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。